【速報】LINEの独自仮想通貨「LINKトークン」10月16日 BITBOXで売買可能に

本日、LINEの運営する仮想通貨交換所「BITBOX」へ独自の仮想通貨「LINK」が10月16日に上場することが発表された。

なお、BITBOXは、15カ国の言語に対応とされているものの、法規制の観点から日本とアメリカを除く世界の投資家向けに提供されるため、日本国居住者は10月16日でのLINKトークン上場には参加できないと考えられる。

今年発表されたLINEの運営する仮想通貨取引所「BITBOX」は、日本では仮想通貨交換業の認可が下りていないため、日本ではLINKトークンの代わりにLINKポイントが発行される。

LINKトークン、Linkポイントは合計で10億枚発行される予定であり、そのうち20%は発行会社が保管、管理するとのことで、日本ではLINKポイントは既に利用されているLINEポイントに還元可能とのこと。

参考記事:独自の仮想通貨「LINK(海外向け)」は、日米を除くグローバルにおいて取引可能な仮想通貨交換所「BITBOX」にて10月16日より取扱開始予定

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」を展開|日本とアメリカは除外
シンガポールで7月から参入する計画で、対応通貨としては、BTCやETHを含む30種類以上の通貨が挙げられており、また法定通貨の取引は行わず、取引手数料は0.1%と非常に安くなっています。しかし今回のサービスは、日本とアメリカを覗く15カ国に向け提供されます。
LINE独自の巨大経済圏『LINEトークンエコノミー』を始動|5つのdAppsサービスを発表
月間アクティブユーザー数7,600万人以上とされるLINEが、独自の経済圏を始動する。未来予想やQ&A、商品やグルメレビューなど5つのdAppsサービスを開始。貢献レベルに応じたインセンティブとして、独自コイン「LINK Point」を獲得できる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加