CoinPostで今最も読まれています

香港、投資商品トークン化のガイドラインをまもなく発表へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

トークン化商品の発行市場が念頭

香港証券先物委員会(SFC)のクリスティーナ・チョイ投資商品担当ディレクターは26日、投資商品のトークン化に関するガイドラインを近い時期に発表する予定だと述べた。

チョイ氏は、香港で開催されたテクノロジー・イノベーション関連のフォーラムに出席し、SFCが認可した個人投資商品をトークン化できるようにしてほしいとの要望が、様々な投資商品プロバイダーから上がっていると話した。

チョイ氏は、これに関してガイドラインを作成するとして次のように続けている。

香港証券先物委員会(SFC)は現在、SFCが認可した投資商品のトークン化に関する詳細なガイダンスの作成に取り組んでおり、近いうちに発行する予定だ。

香港において仮想資産取引プラットフォーム(VATP)をとりまく制度はまだ初期段階にあることを考慮すると、原則として現段階ではトークン化されたSFC認定商品の一次(発行)取引を最初に許可することが適切だろうと考えている。

SFC認可商品のトークン化

チョイ氏は、トークン化された商品とは、投資商品の所有権を表すようなブロックチェーンベースのトークンであり、香港証券先物委員会(SFC)のライセンスを受けた仲介業者によって配布されたり、仮想通貨取引所などで取引したりすることができるものだと述べた。

また、トークン化する商品としては、ミューチュアルファンド、仕組み商品、投資連動型保険スキームその他、様々なものが考えられるが、SFCによる認可要件をすべて満たさなければならないとの趣旨で説明した。

要件としては、商品プロバイダーの適格性や、構造、投資、開示、継続的なコンプライアンスなどに関わる要件が含まれるとしている。

「流通市場については慎重に」

その上で、流通市場での二次取引については、より慎重な検討が必要となるとして、チョイ氏は次のように話した。

仮に二次取引を可能とした場合は、トークン化された商品は、事実上「取引所で取引される商品」になる。

この場合、仮想資産取引プラットフォーム(VATP)は、有価証券やその他の商品の二次取引を仲介する証券取引所のように機能することになる。ただ、そこで商品が株式ではなくトークンとして表される点だけはこれまでと大きく違う。

二次取引に関しては、流動性の問題やより広い金融市場への影響など、検討しなければならない事項が多数存在するため、取引の可否を判断する上では慎重になるべきだとする格好だ。

投資商品プロバイダーや、仮想通貨取引所などのVATPは、こうした疑問に対して適切な措置を講じる必要があるとも指摘した。チョイ氏は、二次取引の問題に関しては、これから市場参加者と積極的に協議していくとしている。

現実資産(RWA)トークン化の動き

投資商品のトークン化は、現実資産(RWA)のトークン化という呼び方により、香港以外でも注目されているところだ。これらは不動産や証券、銀行預金、その他の資産をデジタルトークンとしてブロックチェーン上に表現する技術であり、資産管理の効率化や取引の容易化が期待されている。

例えば、金融大手のCiti(シティ)は18日、現実資産(RWA)をトークン化する新サービス「Citi Token Services」を開発・実験していることを発表している。

関連金融大手シティ、RWAのトークン化ソリューションを開発 ブロックチェーン技術を活用

一方で米連邦準備制度理事会(FRB)は20日に発表した論文で、資産トークン化のリスクを指摘した。トークン化は、デジタル資産のエコシステムと伝統的な金融システムとの相互接続を促進するものであり、将来的に伝統的な金融システムに新たなリスクをもたらす可能性があると論じている。

関連米FRB「資産のトークン化」に警鐘、伝統金融とDeFiの接続性に潜むリスク

現実資産(RWA)とは

英語で「Real world Asset」の略である。一般的に、株式、債権、美術品、貴金属、不動産など様々な伝統的資産を指している。

▶️仮想通貨用語集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア