CoinPostで今最も読まれています

米VanEck、「イーサリアム先物ETF」利益の10%を開発者に10年間寄付へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

貢献者に利益を還元

米資産管理大手VanEckは9月29日、近日提供予定のイーサリアムの先物ETF(上場投資信託)からの全利益の10%を、プロトコル開発者らに寄付すると発表した。

私たちはEFUT ETFの利益の10%を少なくとも10年間、ProtocolGuildに寄付するつもりだ。
イーサリアムの貢献者の方々が、10年近くにわたり絶え間なくインフラを構築し、継続的に管理してくださったことに感謝ししている。

ETFとは

「Exchange Traded Fund」の略。金融商品取引所に上場している投資信託を指し、仮想通貨に限らず幅広い金融商品が取引されている。

▶️仮想通貨用語集

寄付先のProtocolGuildは、イーサリアムのコア・プロトコルの維持に貢献する152名の開発者で構成され、それぞれの活動をサポートするために、草の根的な資金調達の仕組みを提供している。

これまでProtocolGuildには、 LidoFinance、Uniswap、Arbitrum、Optimism、ENS Domains、MolochDAO、Nouns DAOなど、イーサリアムコミュニティ及び暗号資産(仮想通貨)業界からは支援が寄せられてきたが、VanEckによる寄付は、伝統的な金融企業としては初めての事例となる。

TradFiがイーサリアムの中心的な貢献者の努力から利益を得る立場にあるならば、我々が彼らの仕事に報いることは当然だ。

VanEckはProtocolGuildに利益を還元する背景をこのように語り、他の資産運用会社やETF発行企業にも寄付を呼びかけていくと述べた。

VanEckによると、ProtocolGuildのメンバーらはこれまで、イーサリアムの大型アップグレード「The Merge」や「Shanghai」の実現に貢献。現在は、ネットワーク手数料の削減に寄与する提案「EIP-4844」に取り組んでいるという。EIP-4844は、スケーラビリティ問題を解決するための機能である「Proto-Danksharding」を実装するもので、昨年11月にコミュニティが合意に達した。

関連:イーサリアム、L2手数料を最大100倍削減する「EIP-4844」を実装へ

イーサリアム先物ETF

VanEckは9月28日、イーサリアムの先物ETFの提供を準備をしていると発表。商品の名称は「VanEck Ethereum Strategy ETF(EFUT)」で、上場する取引所はCboe Global Marketsとなる。

このファンドはイーサリアムや他のデジタル資産に直接投資するものではなく、イーサリアムの先物に投資して運用する。EFUTが投資を予定しているのはシカゴ・マーカンタイル取引所に上場しているイーサリアム先物だという。

同社は、ProtocolGuildへの寄付発表にあたり、EFUTはすでに有効だが、まだ取引は可能ではないため、近日中に詳細をX(旧ツイッター)で提供すると説明した。

関連:米SECがイーサリアム先物ETF初承認、米政府閉鎖前に連続で認可するとの見方も

9月28日の米Fox Businessの報道によると、米証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨運用企業Valkyrie Investmentsが提供するイーサリアム先物ETFを承認。VanEckをはじめ、Ark Investやグレースケールがイーサリアム先物ETFの申請を済ませており、近日中にSECの承認が相次ぐのではとの見方が強い。

VabEckのイーサリアム開発者への支援表明は、競合するイーサリアム先物ETF商品の中での差別化を図るマーケティング戦略と見る向きもある。

なお、VanEckとARK Investは、現物型イーサリアムのETF申請もSECに提出済みだ。

ビットコインETF

ビットコイン先物ETFは、2021年10月、ProShares提供の商品が米国初のSECの承認を得て、ニューヨーク証券取引所のArcaに上場。取引が開始された。その後、Valkyrie及びVanEckのビットコイン先物ETFが相次いで承認され、それぞれナスダックとCboeに上場した。

関連:VanEckのビットコイン先物ETFが取引開始、米3例目

一方、現物ビットコインETFについては、米資産運用最大手のブラックロックやフィデリティなどの大手企業もSECへの申請を行っているが、SECは承認の可否判断を先送りしている状況だ。

SECは9月27日、Ark Investと21 Sharesが申請中の現物ビットコインETF「アーク21シェアーズ」について、審査判断を来年1月10日まで再延期した。そのため、現在審査中の他社の現物ビットコインETFについても、可否判断が延期される可能性が高いとみられている。

関連:SECがビットコインETFの審査判断を来年1月まで延期、BTC取引量は6年ぶり低水準

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
10:40
ソラナDeFi「Kamino Finance」、将来エアドロップ向けのポイントシステムを開始予定
仮想通貨PYTHやJTOなどソラナプロジェクトの無料配布が注目を浴びる中、ソラナDeFi「Kamino Finance」は将来のエアドロップに向けてポイント制システムを導入すると発表した。
10:15
バイナンス、UAEアブダビでの投資ファンドライセンス申請取り下げ
大手仮想通貨取引所バイナンスは、UAEアブダビにおける投資ファンドのライセンス申請を取り下げた。グローバル戦略見直しの一環とみられる。
08:25
米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む
米国株は来年の米利下げへの行き過ぎた期待との指摘が散見される中、AI関連株ではグーグルのGemini発表や、AMDの新たなAIチップ発表などがAI相場上昇への追い風となった。
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。
14:30
仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムでユーロ連動ステーブルコインEURCVを発行。暗号資産(仮想通貨)取引所Bitstampに上場。入出金時にはKYC(顧客確認)およびAML(資金洗浄防止)コンプライアンス手続きが適用される。
14:20
IEO後に高騰したアイドルトークン「NIDT」の裏側|関係者インタビューvol.1
関係者インタビュー NIDT(Nippon Idol Token)は、web3時代の女性アイドルを創造する「IDOL3.0 PROJECT」の独自暗号資産(仮想通貨)です。 I…
13:55
コインチェックがアバランチの取扱いを開始 
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックがアバランチ取り扱い開始。AVAXの取扱いを皮切りに、クリプト技術を活用し社会や経済に実際の利益をもたらすプロジェクトを支援していく方針を示す。
13:30
サザビーズ、ビットコイン版NFT「Ordinals」のオークション初開催
サザビーズはビットコイン版NFTプロジェクト「オーディナル」作品で初めてのオークションを開催。「BitcoinShrooms」の入札を行う。
12:27
ビットコイン、時価総額で世界9位の資産に 
暗号資産(仮想通貨)ビットコインが時価総額8,500億ドルを超え世界第9位に。ウォーレン・バフェット率いるバークシャーを上回り、エヌビディアを追う勢い。首位の金(ゴールド)市場の1/16ほどの規模となった。
12:00
カシオからNFT「VIRTUAL G-SHOCK」限定販売
カシオ計算機が「VIRTUAL G-SHOCK NFT」のセールを行う。耐衝撃性を誇るG-SHOCKの未来モデルをバーチャルに再現。限定2000個のユニークなデザインが0.1ETHで登場。ユーザー参加型のオンラインコミュニティが生んだ、先進的なデジタルコレクション。
10:30
米地裁、バイナンスCZ前CEOの有罪答弁を受理
米国地方裁判所の判事は、仮想通貨取引所バイナンスの前CEOであるCZ氏の有罪答弁を受領した。今後、量刑が行われることになる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧