CoinPostで今最も読まれています

ビットコインオーディナルNFT展開の「Taproot Wizards」が11億円の資金調達完了、エコシステム構築へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新たなカルチャー構築目指す

ビットコイン版NFT「オーディナル(Ordinals)」プロジェクトの一つ、Taproot Wizardsは16日、750万ドル(11.3億円)の資金調達を完了したことを発表した。このプロジェクトは、ビットコイン上での独自のエコシステム開発を促進し、新たな価値をもたらすことを目的としている。

同プロジェクトは、これまで同名のデジタルアーティファクツ・コレクション「Taproot Wizards」をリリースしており、熱心で高品質な急成長コミュニティが形成されている。このコレクションは、RedditのビットコインコミュニティOG r/Bitcoinのミーム「Magic Internet Money Wizard」に由来したものだ。

今回調達した資金は、独自のエコシステム「Wizard Village(魔法使いの村)」の構築に利用される予定だ。Taproot Wizardsの共同設立者であるUdi Wertheimer氏とEric Wall氏は、ビットコイン上での文化創造を目指すとTechCrunchに語っており、「新しいビットコインコミュニティを形成し、ビットコインの新たな未来を創造したい」との考えを示している。

資金調達ラウンドは、Standard Cryptoが主導し、StarkWare、Bitcoin Frontier Fund、Masterkey、Geometry、UTXO Management、Masterkey、Newman Capital、Collider Ventures、などが参加している。

関連:投資家関心継続のビットコインオーディナルとその競合、BTCエコシステムの近況は?

ビットコイン上でユースケースを確立

Wertheimer氏とWall氏は、自らのビットコインへの長年の関与を強調している。ただし、Wertheimer氏はビットコインの初期開発者ではなく、主にビットコインに関する記事やポッドキャストを提供してきた。

一方で、Wall氏はビットコインのアナリスト、研究者、投資家であり、ビットコインのライトニングネットワーク開発やStarkNet Foundationのボードメンバーとして活動している。

Taproot WizardsのリードインベスターであるStandard Cryptoは、彼らのマーケティング能力、そして過去数か月の技術的な取り組みに深い敬意を表して「WertheimerとWallは、この運動を主導するに相応しい」と述べている。

また、Taproot Wizardsが新しいビットコインインフラストラクチャの配信チャネルとしてブランドを活用し、ウォレット、NFTマーケットプレイス、レイヤー2(スケーリングソリューション)、Ordinalsの新たな仕様、そしてビットコインコア開発などに影響を与える可能性があると加えた。

関連:BRC-20とは?ビットコインのトークン規格がもたらす可能性と課題

オーディナルに対する賛否

オーディナル(Ordinals)はビットコインブロックチェーン上に永続的なデジタルアセットを作成するプロトコル。ビットコインの最小単位であるサトシに一意の番号を割り当て、特定の情報(例えば画像や動画、テキストなど)を関連付けて追跡するシステムである。

このプロトコルは、2021年11月のTaprootアップグレードで導入された技術的進歩により、意図しない形で実現可能になった。オーディナルはビットコインに新たなユースケースを生み出す可能性があると評価されているが、一部のビットコイン最大主義者は基本原理を汚すとしてこのシステムに批判的だ。

オーディナルの活動量増加はBTCユーザーに影響する部分がある。23年5月には、ビットコインネットワーク上の1日あたりの取引数は534,000件に跳ね上がり、2018年と2021年の強気相場を上回った。このうち65%がOrdinalsに関連していた。

この結果、ビットコインブロックチェーン上でのブロックスペースの競争が激化し、トランザクション手数料が高騰。手数料の高騰はマイナー(採掘業者)に利益をもたらし、セキュリティの堅牢性に貢献する一方で、ビットコインを利用する企業や個人にとっては負担になる。

関連:ミームコインの取引過熱、ビットコインのトークン規格「BRC-20」市場が急拡大

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
12:15
ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。
11:59
仏ソシエテ銀、イーサリアム上でデジタル証券を発行 ESG戦略の透明性を強化
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムブロックチェーンでセキュリティトークンを発行。ESGへの取り組みと透明性の向上を目指し、カーボンフットプリント情報を含むデジタルグリーンボンドを活用する。
10:45
「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO
米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、ビットコインなど仮想通貨が、インフレを背景に米ドルの代替手段として注目される可能性があると発言した。
10:20
Bybit、仮想通貨投資に関するレポート公開
Bybitは、投資に関するレポートを公開。このレポートでは、各種類の投資家が仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどに、どのように資金を配分しているかを調べている。
08:30
仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
07:30
「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
07:02
エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
06:30
コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
06:00
国際版バイナンス、銘柄新規上場
仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
05:30
米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
12/04 月曜日
15:11
グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア