ブラジル政府が仮想通貨業界へ間接投資か:仮想通貨を組み込んだポートフォリオを持つ海外ファンドで株式購入可能に

ブラジルの証券委員会Comissãode ValoresMobiliários(CVM)は、デリバティブと外資獲得を通じて、間接的に仮想通貨業界に投資することを認めたと伝えられている。

地元ニュース出版社ポータル Portal do bitcoinでは、 ブラジルの財務省が発行した回状は、規制下で取引している限り、他の管轄内で取引される「その他の資産」に投資することが可能。

つまり、投資ファンドは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインのような仮想通貨を中心に組み込んだポートフォリオを持つ海外ファンドで株式を購入できることを意味する。

ブラジル政府が仮想通貨の規制緩和を見せていると考えられる要因に、ブラジル最大の独立系証券会社Grupo XPが、今年中にビットコインとイーサリアムの取引プラットフォームを立ち上げる計画を発表した時、ブラジル政府は仮想通貨関連のビジネスをサポートしている。

今後、ブラジル政府主導で仮想通貨関連事業などが生まれる可能性がある。

参考記事:Brazil Gives Investment Funds Green Light to [Indirectly] Buy Bitcoin

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ブラジル最大の独立仲介業者:「仮想通貨取引所の開設はせざるを得ない」
米国大手ニュースメディアのブルームバーグ紙によると、ブラジルにおける投資仲介業者最大手XP Investimentos SAの親会社Grupo XPは仮想通貨取引所の開設を進めている模様。 これは、『今年最大のニュース』、8月に発表されたニューヨーク証券取引所の親会社ICEが仮想通貨取引所Bakktの開設を彷彿させる。
ブラジルの仮想通貨投資サイトAtlas、ハッキングを受け26万4000人の個人情報流出
ブラジルで人気の仮想通貨投資サイトAtlasがハッキングを受け、26万4000人の個人情報が流出していることが明らかになった。 同社は、ユーザーの資産は安全と主張しており、現状での資金流出の被害はない模様だ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加