CoinPostで今最も読まれています

「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨投資へのお墨付き

米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会(SEC)によるビットコイン現物ETF(上場投資信託)の承認は、暗号資産(仮想通貨)投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があるとの考えを明らかにした。

関連JPモルガンのダイモンCEO「私が米政府にいれば仮想通貨を禁止する」

ウッド氏は、ビットコイン現物ETFは、仮想通貨取引所を利用して現物を所有するよりも、「ビットコインにアクセスする、はるかに簡単な方法となる」と指摘。また、ビットコインETFは規制を受けるため、個人及び機関投資家が保護されるという点を強調し、以下のように述べた。

数々の議論を経て、SECが(ファンドを)承認すれば、以前にはなかったお墨付きが得られるという事実に、投資家は大きな安心感を抱くようになると考えている。

ウッド氏は、今後5年から10年の間、機関投資家がビットコイン価格を上昇させる最大の貢献者となると見ており、ビットコイン価格は、基本的なケースで約65万ドル(9,550万円相当)に達すると予想している。

関連2024年ビットコイン125,000ドル到達予測、半減期を踏まえたMatrixport分析

強気のケースにおけるビットコイン価格は、100万ドルから150万ドル(1億4,700万円から2億2,000万円)の範囲を想定していると同氏は語った。

関連:2004年上場「金ETF」の歴史が示唆する、ビットコインETF承認後の相場への影響

承認の機運高まる

ARK Investは、スイスを拠点とする大手資産運用企業「21Shares」と提携し、4月にビットコイン現物ETFを再申請した。過去に申請したARKのビットコイン現物ETFは、SECから非承認となった経緯があるが、今回はSECの懸念を低減するために監視共有協定などのコンプライアンス仕組みを盛り込んでいる。

ARKをはじめ、米資産運用大手ブラックロックやインベスコ、グレースケール、ビットワイズなど、多くの投資企業がビットコイン現物ETFの上場申請中だが、SECは承認の可否判断期日を延期している。

21Sharesのオフィーリア・スナイダー社長は、多くの企業がビットコイン現物ETFの承認を目指す中、ここ数ヶ月間に「パターンの変化」が起きていると指摘。「以前の審査プロセスと、今回では非常に大きな違いが見られることは、異なる結果につながる非常に有望な兆しだ」と述べた。

この「パターンの変化」には、現物ETFを申請中の企業が、その申請書を幾度も修正し提出していることが含まれている。SECとの面談で継続的に調整を重ねていると見られることから、最終的に承認が有望視される根拠となっている。

ARKは11月に、審査中のビットコイン現物ETFの申請内容を再度修正し提出。直近ではブラックロックとビットワイズが4日に、SECに現物ETFの申請書(S-1フォーム)の修正版を提出したことが判明した。

ブラックロックは先月28日にSECと面談を行なっており、グレースケールやインベスコもSECと面談を行なったことが報じられている。

関連:ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出、SEC一斉承認の期待高まる

ビットコインETFが一斉承認される可能性

ARKによる申請は現在の全ての現物型ビットコインETF申請のなかで最終審査期限が最も近く、2024年1月10日前後に予定されている。

ウッド氏は、ARKは「承認の先頭に立っているが、多くの企業が同時に承認されるだろうと考えている」と述べ、最初の段階で6件以上のETFが承認される可能性を示唆。多くの申請が基本的に同じ内容であるという点を、その理由として挙げた。

ブルームバーグ・インテリジェンスのジェームス・セイファート氏によると、SECに提出された申請書の更新内容が類似しているという。そのため、SECは複数の発行者に同じ、もしくは非常に似た指示を出しているのではないかと同氏は見ており、同時承認に向けた議論が前向きに進行している可能性があると指摘した。

さらに直近では、ブラックロックが申請中の「iSHARES® BITCOIN TRUST」で、10万ドルのシード資金受領をSECへ報告したことが、同社のSECへの提出書類から明らかになった。

シード資金調達はETF発行の準備を意味するため、承認の兆しではないかとの憶測を生んでいる。

出典:ビットコインETFスケジュール

関連:ブラックロック、ビットコインETF申請で10万ドルのシード資金調達

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア