ロジャー・バー:ビットコインキャッシュ基軸の「仮想通貨取引所」開設を示唆

『ビットコイン・ジーザス』が取引所開設か

ビットコインキャッシュ(BCH)の支持者であり、Bitcoin.comのCEOであるロジャー・バー氏は、BCH基軸の仮想通貨取引所をオープンすることを検討している。

ブルームバーグ誌とのインタビューに応じ、取引所を設立の可能性があると示唆した。

自分で(開設)すれば、安く上がるし、確実に求めるようにできる。しかし、長い間ハッキングされていない取引所のセキュリティのノウハウは持っていない。

と述べ、仮想通貨取引所を開設するには一から自ら立ち上げるか、フィスコ社がZaifを買収したと同様、既存の仮想通貨取引所を買うかのどちらかであるとしました。

仮想通貨取引所計画はまだ初期段階であり、バー氏は内部から設立して行くか、すでに稼動しているプラ​​ットフォームを獲得していくかは現時点では決まっていないと述べている。

いずれにしても、取引所がBitcoin.comでホストされるだろうが、BTCとBCHでサポートするマイニングプールと仮想通貨ウォレットがすでに運営している。

昨年11月、同社はBitcoin.comのウォレットのデフォルト通貨をビットコインからビットコインキャッシュに通告なしで更新した結果、グーグルでビットコインを検索し、そのサイトに入ってしまったユーザーにとって混乱を招いたことで批判を浴びていた。

バー氏は、Bitcoin.comで取引所をホストするとなれば、同ウェブサイトで支持を集める「即時流動性」を提供できると主張。

また、ビットコインキャッシュを基軸通貨としてどの程度使用したいかは不明だが、実現すればこの取り組みは他の取引所の中でも珍しいものとなっている。

CoinMarketCapによると、CoinEXはビットコインキャッシュの流動性マーケットと称している唯一の主要取引所であるが、取引手数料マイニングモデルで運営されているため、トレーダーにとって、特定市場や特定の取引ペアの出来高は頼れるサインではない。

ビットコインキャッシュは11月に「ハードフォーク」も控えている為、ビットコインキャッシュの動向には注意が必要となりそうだ。

CoinPostの関連記事

11月に迫るビットコインキャッシュハードフォーク|対応方針を海外取引所CoinexとBitasiaexが発表
2018年11月15日に予定されているBCH(ビットコインキャッシュ)のハードフォークに関して海外2大取引所のCoinexとBitasiaexが相次いで対応方針を発表した。背景には開発チームの主導権争いもあると見える。利用者への影響が見えるのはまだ先になりそう。引き続き注視が必要だ。
仮想通貨取引所Zaif、流出したビットコインキャッシュとモナコインの被害額を公表
昨日未明にハッキング被害が報告された取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、ハッキングにあった通貨ビットコインキャッシュとモナコインの正確な流出額を公開した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加