米CFTC委員長が期待感を示す:『仮想通貨市場の成熟には機関投資家の参入が鍵』

米CFTCジャンカルノ委員長:「仮想通貨市場の成熟には機関投資家の参入が鍵」
米国先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルノ委員長が大手テレビ局フォックスの取材に対し、機関投資家の参入が仮想通貨市場の成熟につながると期待を述べた。また、昨年末に見られた同市場のバブル的様相は確かに一段落したものの、ビットコイン先物に関して言えばCFTCの「害のないアプローチ」により持続可能性は高まっているとの見解も示した。

米国先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルノ委員長が大手テレビ局フォックスの取材に対し、

「道のりはまだ長い。一部の現物取引所には問題もある。例えば透明性仕組み安全性といったものの欠如、および利益背反だ。しかし、成熟に時間がかかるのは他の物事と同じだ。機関投資家の参入が増えることで仮想通貨市場は成熟に向かうはずだと考えている」

と語り、機関投資家の参入が仮想通貨市場の成熟につながるとする期待を示した。

両手のアプローチ(1)規制

ジャンカルノ委員長はまた、仮想通貨デリバティブ市場を規制するCFTCによる取り組みを「両手のアプローチ」という言い方で紹介した。

そのうちの一方の手が規制である。

同議長は「仮想通貨市場には多くの詐欺師がいる。CFTCは彼らを見つけ次第、網をかけ、つまみ出す。CFTCの行う取り締まりは最近、2つの連邦地方裁判所から認められた」と述べた。

この発言は、数ヶ月前に連邦地方裁からMy Big CoinとCabbageTechの事件に関して出された判決、すなわち、

  • 仮想通貨を用いた詐欺的行為に対し、その主体が個人か法人かを問わず、証券取引法(CEA)を根拠とする管轄権がCFTCに認められたこと、そして同法の主旨に照らし、CFTCがMy Big Coinとその創設者らを相手取って起こした訴訟の提起が認められたこと
  • および、その数週間前、顧客から暗号通貨取引の相談料を受け取りながら実際には助言を行わなかったとしてCFTCがCabbageTechを訴えた裁判で、CFTCが勝訴したこと
  • を念頭に置いたものである。

    米連邦地方裁判所が米国証券先物取引委員会(CFTC)に仮想通貨の管轄権を認める判決
    My Big Coinを巡る詐欺的投資勧誘事件を米国証券先物取引委員会(CFTC)が訴えていた裁判で、連邦地方裁が提訴を受理、CFTCに仮想通貨の管轄権を認めた。未だ書面答弁段階で最終判決ではないが、今後の推移が注目される。一方、専門家からは今回の判決には論理的飛躍があるとして疑問視する見方も出ている。
    悪質なビットコインオペレーターに対し仮想通貨取引を永久禁止に|米CFTCが勝訴
    McDonnell氏が虚偽と不当支出による詐欺を行なったと結論づけ、裁判所は290,429ドルの賠償請求と871,287ドルの罰金の支払いを命じ、米商品先物取引委員会が勝訴した。

    両手のアプローチ(2)害のないアプローチ

    ジャンカルノ委員長はもう一方の手、すなわちCFTCが採用している「害のないアプローチ」にも言及、これにより米国内で仮想通貨に関するイノベーションやブロックチェーン関連商品が増えることに期待するとし、

    「2つのビットコイン先物商品が生まれたのは、まさにそのようにしてCFTCが市場を見守る中での出来事だ。サンフランシスコ連邦地裁によれば2017年末に生じたビットコイン・バブルを崩壊させたのはビットコイン先物ということになるらしいが、我々CFTCの見方は少し違う。昨年のバブル期と比べてビットコイン先物の持続力はかなり高まっている。この点には同意してくれる人もいるのではないかと思う」

    と述べ、実際の効果と、今後もCFTCとして「害のないアプローチ」を継続する考えを示した。

    CoinPostの関連記事

    米CFTC、2018年の徴収額が過去5年間最高額を更新|仮想通貨市場の「相場操縦」が要因
    米国規制当局のCFTCは、見せ玉関連の摘発数増加などで、2018年に9000万ドル以上の罰則金を徴収している事が判明。対照的にSECの徴収額は低下しており、ICO取り締まりを強化する意向を示している。
    投資家資産の保護と業界の自己規制|米CFTCの小委員会で議論
    10月5日に米商品先物取引委員会(CFTC)の小委員会TACが開催され、「投資家資産の保護」「規制当局による保護支援のあり方」および「それらの実現に向けた業界の自己規制」について意見が交わされた。

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

    「LINE@」厳選情報を配信!

    日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

    友だち追加