韓国最大の仮想通貨取引所Bithumbの買収、投資家が楽観的な理由

12日金曜日、シンガポール拠点のBK Medical Groupの親会社であるBK Global Consortiumが、韓国最大の仮想通貨取引所であるBithumbの株式を50%取得した。

この報道に対し、投資家は非常に楽観的であるようだ。

その理由として、韓国の大手取引所はいずれもカカオやネクソンといった大企業が親会社についているケースが多く、今回のBithumbの買収もそれにならう形だったからだ。

そして、このような取引所ではセキュリティに特に重点を置くことが多く、事実、韓国のこうした数十億ドル規模の企業の傘下にある仮想通貨取引所ではハッキングなどの被害を出した例がない。

投資家たちはこのような韓国の状況から、これまでセキュリティを犠牲にしていると言われてきたBithumbにも同様の期待を寄せているようだ。

また、BK Global Consortiumとの提携で今後Bithumbがシンガポールでもサービスを拡大していくのではないかとも期待されている。

参考記事:Why Investors are Highly Optimistic in Acquisition of Korea’s Largest Crypto Exchange

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

韓国大手仮想通貨取引所Bithumbが396億円で買収される|アルトコインへの影響も考察
シンガポールに拠点を置くブロックチェーン投資ファンドのBK Global社が韓国最大級の仮想通貨取引所Bithumbを約396億円で買収したと報じられた。現在Bithumbが仮想通貨マーケットの中での重要性とアルトコインへの影響の期待感を考察した。
【速報】韓国公式発表:仮想通貨「ICO」が合法かどうかの可否判断を11月中に
韓国政府のトップレベルの責任者は、10月末に提出される調査結果に基づき、11月に再び国内でICOを認可するかどうかの決定を下すと公式に述べた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加