CoinPostで今最も読まれています

ポイント・プログラムが仮想通貨資金調達と利用促進に有効=アーサー・ヘイズ氏

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ICOとイールドファーミングの利点が融合

暗号資産(仮想通貨)取引所BitMEXの創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は9日、仮想通貨プロジェクトの資金調達とユーザー・エンゲージメントに効果的な新しい手段として、ポイント・プログラムを推奨するブログを投稿した。

「ポイント・ガード」は、新しい擬似ICO仮想通貨資金調達とエンゲージメント手法に関するエッセイだ。ポイントとは何か、そして、なぜポイントが使われるようになり、悪用されるのか、分からないなら、ぜひ読んでみてくれ。

ヘイズ氏は「ポイント・ガード」と題したブログで、ポイント・プログラム(以下、ポイントと表記)は、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とイールドファーミングの最良の側面を組み合わせたものだと主張している。

関連イーサリアムからスイ、ソラナへ 流動性シフトとDeFiの最新トレンド

ICOとイールドファーミングの欠点とは

ICOは、従来の新規株式公開 (IPO) に相当するもので、 これまで個人投資家には閉ざされていた新興プロジェクトや企業への初期段階における資本参加を、少額で可能にするものだった。

投資の民主化の事例として注目され、熱狂的なICOブームが到来するも、プロジェクトの内容や質には大きなばらつきがあり、詐欺まがいのプロジェクトも多く存在した。

また、規制当局がICOを「有価証券の販売」とみなすことも多く、仮想通貨プロトコルが当局による監視・執行に直面する可能性もある。

一方、イールドファーミングは、プロトコルを利用することで、ユーザーに報酬としてトークンを付与するが、トークン供給の急速な膨張により、ユーザーのインセンティブの喪失につながる可能性が危惧されている。

イールドファーミング

イールドファーミングとは、DeFi(分散型金融)上で、仮想通貨を預けて流動性を提供することにより、利益を得るシステムのこと。レンディングやDEXなどのDeFiサービスに資産を貸し出したり、提供することで、金利や手数料収入を得る運用モデル。

▶️仮想通貨用語集

ヘイズ氏は、「ユーザー獲得ツールとしてのイールドファーミングは、2021年の仮想通貨強気市場とともに消滅した」と指摘。しかし、それをきっかけにポイントという手段が生まれ、「現在の強気サイクルにおいて、プロジェクトにとっては、擬似ICOの資金調達とユーザー獲得ツールの主力となった」と述べている。

プロトコルの発展にポイントを活用

ポイント・プログラムは基本的に、ユーザーがプロトコルに参加することで報酬を得る仕組み。トークンそのものがユーザーに配布されるのではなく、参加することで獲得したポイントがトークンに変換され、ユーザーのウォレットに無料でエアドロップされる。

ヘイズ氏は、仮想通貨プロトコルにとって、ポイントを活用するメリットには以下のようなものがあると説明した。

  • ポイント付与を通して、ユーザーに、プロトコルの長期的な価値を高めるための特定のアクションを促すことが可能
  • ポイントからトークン変換比率の設定やエアドロップのタイミングに関する裁量権を有する=急速なトークン発行スケジュールに縛られない
  • トークン販売前にVCや富裕層投資家との契約締結に依存する必要性が減少
  • ICOと異なり、トークンとお金が直接交換されず、具体的な報酬が約束されないことから、規制上の懸念が軽減される

また、個人投資家・ユーザーにとっても、ポイント・プログラムはメリットがあるとヘイズ氏。ICOの減少により、個人投資家が早期に仮想通貨プロジェクトでトークンを獲得することは容易ではなかったが、ポイントを使用することで、それが可能になるという。

ただし、ポイントプログラムは、「ユーザーとプロトコル創設者の間に、高度な信頼がある場合にのみ、有効だ」とヘイズ氏は指摘。今後、ポイントプログラムが急速に増加するにつれ、このような信頼関係が悪用される可能性もあると注意を促した。

関連:アーサー・ヘイズ氏、ビットコイン価格で超強気予想を展開 米銀の救済措置を予測

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア