ペイメントレース関連調査でXRP(リップル)が高い支持率:カードよりも仮想通貨を選んだ参加者が勝利する

日常支払いには仮想通貨、特にXRPを使いたい
ペイメント・レース主催者がツイッターアンケートで、どの支払い手段を選んだ参加者が勝利するか尋ねたところ、スマホ、クレカ、現金、仮想通貨の選択肢の中から65%以上が仮想通貨を選択。日常支払いに使用する仮想通貨では、XRPが高い支持を集めた。

ペイメント・レースとは

グローバルでオープンな決済エコシステムの提供を目指すドイツの金融サービス企業AEVIが、今年2018年の「ペイメント・レース」に勝利するのは誰かとツイッターでフォロワーに尋ねている。

投票者のプロファイルや偏りを考慮しなければならないはもちろんだが、投票締め切りまで残り1日の現時点で、以下の4つの選択肢の中で、

  • 機器(スマートフォン/QRコード等)
  • カード
  • 現金
  • 仮想通貨
65%以上が「仮想通貨」を選ぶという興味深い結果が出ている。

ペイメント・レースとは

「ペイメント・レース」は、フィンテックや金融サービス/決済を提供する事業者向けのグローバル・イベントMoney20/20が、「著名経営層」と協業してオンライン・コンテンツを提供するFintech Financeの協力を得て開催しているもので、初回の2012年から今年で7回目を数える。

Money20/20によるとこのレースは、「日常的な支払いに伴う現実の様々な課題」に関する気付きを促すことを目的とし、どの「金融システム」が最もよく機能するかをテストするために、レースの参加者は、期間内に旅行やその他の様々な支払いに対して自分で決めた1つの支払い手段しか用いることが出来ないルールを採用する。

AEVIの投票結果によると

AEVIの投票結果では、日常の支払いにスマートフォンでのQRコードのスキャンといった機器の使用よりも、クレジットカードやデビットカードのほうが好まれている点も注目される。

17%の人がカードを使うことを選んだのに対し、機器を選んだ人は10%に留まった。

また、全ての支払いに現金を用いると答えたのはわずか7%だった。

他の調査でも日常支払いにはXRPが好まれる傾向

これとは別に、手数料無料で180万人の利用者に仮想通貨の売買および資産保有サービスを提供する「Wirex」が10月14日、先日ツイッターでフォロワーを対象に、「支払い手段に仮想通貨選んだペイメント・レースの参加者(@maxmeilleur)が、”ニューヨーク-ラスベガス”間で使う仮想通貨には何がベストか」と尋ねた。

結果、81%がXRP、10%がBTC、6%がLTC、3%がETHを選び、日常的な支払いにおけるXRPに対する期待が顕著に示された。

Tech Crunch創業者が仮想通貨XRP(リップル)を絶賛
TechCrunchの創設者兼ヘッジファンドArrington XRP Capitalの投資パートナーであるMichael Arrington氏はある対談でXRPおよびリップル社の製品を絶賛し、否定派を一蹴した。

また別の投票ではあるが、同様の傾向は、消費者および企業を対象としたリサーチと分析を提供するWeiss Ratingsが5,000人以上から回答を集めたツイッター投票にも表れた。

「現在の下落傾向の市場で仮想通貨をどれか1つを購入するとしたら」という質問に対し、本記事執筆時点で74%がXRPを、13%がADAを、10%がBTCを、3%がEOSを選んでいる。

理想を言えば、利用者は、コストのかからない、早くて使いやすい支払い手段を選ぶものだ。

その意味では、著名投資家でTechCrunchの創設者Michael Arrington氏が先日5,000万ドル(約56.3億円)相当のXRPを送金、処理にわずか2秒しかかからなかった結果は、注目されていいだろう。

CoinPostの関連記事

Tech Crunch創業者が仮想通貨XRP(リップル)を絶賛
TechCrunchの創設者兼ヘッジファンドArrington XRP Capitalの投資パートナーであるMichael Arrington氏はある対談でXRPおよびリップル社の製品を絶賛し、否定派を一蹴した。
仮想通貨投資に再度集まる需要と関心|米株式投資家への調査アンケートが公開
仮想通貨投資への関心は、もはや一般投資家だけでなく、機関投資家まで広がっている。今回行われた調査アンケートでも、株式投資家が仮想通貨に求めている内容と、その関心の高さが明らかになった。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加