CoinPostで今最も読まれています

日本仮想通貨交換業協会 記者会見内容まとめ|『仮想通貨の本質はマネーゲームではない』奥山泰全会長

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本仮想通貨交換業協会が自主規制団体として認定、記者会見内容まとめ
金融庁は本日、日本仮想通貨交換業協会を資金決済法第87条に基づく仮想通貨交換業に係る認定資金決済事業者協会、および自主規制団体として認定することを発表した。この発表を受け、JVCEAは記者会見を開催した。

JVCEAが自主規制団体として認定

金融庁は24日、日本仮想通貨交換業協会を資金決済法第87条に基づく仮想通貨交換業に係る認定資金決済事業者協会、および自主規制団体として認定することを発表した。

これを受け日本仮想通貨交換業協会は本日から自主規制業務を含む全業務を正式に開始、また記者会見を開き、認定取得を報告した。

認定に関する報告は金融庁のホームページ上で既に公開されている為、本記事では記者会見の質疑応答部分から最新情報や重要部分を抜粋し掲載する。

日本仮想通貨交換業協会の認定取得記者会見の要点まとめ

日本仮想通貨交換業協会(略称:JVCEA)の会長で、株式会社マネーパートナーズ代表取締役社長の奥山泰全氏が正式に同団体の自主規制団体としての認定発表し、以下のように意気込みを語った。

日本は世界の中でも先進的な法整備をしていると認識している。

また安心への意識も高まっている。様々な状況も想像できるが、利用者保護を第一に業界全体で努めていく。

自主規制団体の意義とは

日本は世界各国に先駆けて、仮想通貨に関する規制の法整備を敷いたが、そのような規制でも至らない部分はあると奥山氏は言及した。

自主規制団体の必要性について、奥山は以下のように述べた。

(仮想通貨業界は)目まぐるしく変わる為、法令でカバーできる範囲は追いつかない。

細部にわたる課題や規制の方向性は業界の団体として進めるのが肝要だ。

前提には資金決済法があるが、倫理観を持って進めることが大事。

認定の重要性とは

また今回の認定が及ぼす影響については以下のように言及した。

本日認定されたことにより、牽制能力機能を存分に発揮できるようになり、必要であれば立ち入り検査、罰金を科す機能や内部報告を求めることも可能だ。

一般団体より実行ができると位置付けられた為、権限を有する団体となった。

仮想通貨流出したZaifの親会社テックビューロについて

Zaif仮想通貨流出事件についてはこちらを参照。

仮想通貨取引所「Zaif」フィスコへの事業譲渡が正式決定:テックビューロは仮想通貨交換業の登録廃止へ
Zaifの仮想通貨流出事件に関して、顧客資産に関する支援要請の件で株式会社フィスコによる金融支援が確定。延期していたことで市場に懸念が燻っていたがこれを払拭した。
金融庁が「Zaif仮想通貨流出事件」の記者ブリーフィングを開催、最新の見解が明らかに
金融庁は25日、取引所Zaifがビットコインなどを流出させた、仮想通貨流出事件に関する記者ブリーフィングを開催。3度目の業務改善命令を発令したほか、記者からの質問に応じた。

テックビューロ社長朝山氏の対応について

仮想通貨取引所Zaifの計70億円以上の被害額が生じた先月発覚した仮想通貨流出事件後、同取引所の親会社であるテックビューロ社の朝山社長は公の場に出ておらず、プレスリリースや書面での発表などを除く、記者会見などはしかねている。

そんな中、このまま朝山氏が公の場に出ず、事業継承が行われる可能性について奥山氏はこう述べた。

事件でございますので盗まれたものとして捜査が進んでおり、判断がデリケートなところ。

早い段階でどういうことなのか説明責任をはたしてもらいたいが、コインチェック様も流出事件後、(記者会見などでの)説明には1ヶ月強かかったため、情報の整理、把握、当局の連絡で時間がかかっているのは致し方ない。

と述べた上で、「説明責任を果たすことは大事」である点を強調している。

なお、テックビューロ社はホームページに現在掲載されている内容以上の説明はできないとのことだ。

ホットウォレットの保有割合について

日本仮想通貨交換業協会はホットウォレットに原則的に必要以上に残高を置くべきではないと述べた。

同団体では、定めた保有する資産の上限である20%という割合は取り急ぎの対応で、技術的なセキュリティ、安全管理を自主規制していく方が長期的には重要であると説明した。

日本仮想通貨交換業協会のテックビューロへの対応

またJVCEAがテックビューロにどのような対応をしていくのかという問いに関し、仮想通貨取引所Zaifの流出事件は先月9月に発覚し、日本仮想通貨交換業協会は10月24日に自主規制団体として認定された為、認定前に起きた事件に関して業者の事件に関する情報を求めたり、立ち入りはできない状況であると奥山氏は説明した。

一般仮想通貨ユーザーへの一言

また会見の最後から一般仮想通貨ユーザーへのコメントを求められた奥山氏は仮想通貨の現状を踏まえた上で、次のような肯定的なコメントをした。

仮想通貨の本質はマネーゲームではない。

…過剰投機は問題だが、投機が前面的に悪いわけではなく、一概に立て板できるわけではない。

健全な仮想通貨の市場発展を願いながら、…業界の信頼回復を図っていきたい。

会長の奥山氏は最後に再び「利用者保護を最優先」としていることを強調した上で、会見を終えた。

CoinPostの関連記事

金融庁が「自主規制団体」認可へ、日本の仮想通貨業界のターニングポイントに|ロイター報道
金融庁が「自主規制団体」の認可へ 金融庁が「自主規制団体」の認可を行うとロイターが報じた...
金融庁、仮想通貨取引所の認可登録に関する「審査長期化要因」を全公開
金融庁が仮想通貨取引所のにおける「審査長期化の要因」を公開 仮想通貨交換業者の登録審査に係る...
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧