米仮想通貨投資会社グレースケール:弱気市場にも関わらず、創業5年で年間最高額を調達

グレースケール過去最高額を調達
2018年の仮想通貨価格が低迷を続ける中、グレースケール・インベストメンツの資金調達額が前年同期比13倍の370億円を記録した。調査書では機関投資家の動きなどから、強気市場へ転じるサインとしている。

グレースケール:弱気市場の中370億円を調達

今年のビットコイン価格は低迷を続ける中、世界最大手の仮想通貨投資企業グレースケールの資金調達額が最高を記録した。

米国ニューヨークに拠点を置くデジタル・カレンシー・グループ社の子会社グレースケールは、第3四半期にトータルでおよそ91億円の資金を調達したと報告書にて明らかにした。

ここ3ヶ月でグレースケールのプロダクトの投資額が33%上昇したことにより、今年調達した金額は約370億円(3.3億ドル)となる。これは昨年の資金調達額の13倍となり、創業5年間で、年度頭から今日までのトータルが過去最高額となっている。

去年同時期、同社の調達額はトータルで約28.6億円(2540万ドル)だった。

現在同社は顧客資産1690億円を保有している。

グレースケール・インベストメントの業務執行取締役Michael Sonnenshein氏は、

この1年間ビットコイン価格は下がり続けているが、現在の顧客からの投資流入に影響はない。

資産の流入は好調だ。

と述べている。

流入している資産のうち、70%はヘッジファンドやペンションファンド(年金ファンド)、エンダウメント(米国の名門大学の財団)など機関投資家のものとなっている。

グレースケールが扱う9つの仮想通貨プロダクトは適格投資家にのみ提供し、個人投資家は今回調達した資金には一切影響を与えていない。

グレースケールの抱えるその他の顧客は、主に富裕層やファミリーオフィスとなっている。

出典:グレースケール調査書

強気市場へ転じるサイン

グレースケールは、メジャーアルトとして知られるイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)は多少の値上がりを見せているものの、同社は時価総額1位を誇るビットコイン(BTC)が、投資家たちにとって最も重要であるとしている。

第3四半期に流入した資金の73%が、ビットコイン投資信託に流れているとし、GBTCで店頭取引で行われている。

JPモルガンに以前勤めていたSonnenshein氏は

投資家は、この暴落をエクスポージャーの比率を上げるチャンスであると捉えている。

価格の影響で投資のペースはスローダウンしていない。むしろ投資家との関係が強固なものになった。

と発言している。

また同氏によれば、機関投資家からの関心が高まっているのみだけでなく、理解も深まっているという。

グレースケールは、集会においてビットコインは何かというような話はしていない。

最近では会話のトピックはスケーリングやトランザクション量など多岐に及んでいる。

2017年では、機関投資家は仮想通貨やICOの参入から遠ざかっていた。

その原因として仮想通貨取引所のハッキング事件や詐欺のニュース、規制面の問題などが挙げられる。

ただグレースケールの調査書によれば、徐々に投資家の仮想通貨市場に参入する動きが出てきているとのこと。

例えばイェール大学エンダウメントのチーフのDavid Swensenは、少なくとも仮想通貨やブロックチェーンを取り扱う2つのベンチャーキャピタルに投資を行ってる。

それら投資先がビットコインなのかは不透明だが、グレースケールの調査書によれば、それが強気市場へ転じるサインだと考察している。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ICOの失敗時に投資額が返却される『リバーシブルICO』をERC20開発者が提案
イーサリアムのカンファレンス「Devcon4」で、仮想通貨ICOの画期的なスキャム対策を提案した。投資家がスマートコントラクトアドレスにトークンを送り返すことで、投資金を回収することができる。
モルガン・スタンレー、ビットコイン・仮想通貨を「新たな機関投資家向け資産クラス」と位置付け|調査報告書を公開
金融企業の最大手の一つであるモルガン・スタンレーが仮想通貨に関する調査報告書を公開し、文書内でビットコインを新たな機関投資家向け資産クラスと位置付けした。注目の内容を抜粋した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加