仮想通貨XRP(リップル)が急騰|足固め後の価格上昇で期待感

仮想通貨XRP(リップル)が急騰
ここ数週間狭いレンジ内での価格推移を続けていたXRPが、前日比10%高となる58円目前まで価格を急伸させた。その背景には有価証券問題のルール化や企業提携も。

XRPがレンジ抜け

仮想通貨XRPは、ここ数週間狭いレンジ内での価格推移を続けていたが、5日未明に単独での上昇が確認されると、6日早朝よりさらに価格を急伸、XRP取引が盛んに行われている日本のbitbankでは、前日比10%高となる58円の高値をつけた(10時時点)。

出典:Bitbank

特にSWELLに向けて大きく高騰した10月の月初以降、ビットコイン価格推移に左右されにくい傾向を見せていたXRPは、ここ数週間日足でのレジスタンスラインの攻防が注目されていたため、明確にレンジ抜けしたことで、上昇への勢いが加速したと思われる。

出典:Bitbank

また、SWELLあたりで乱高下を繰り返していた相場から一転、ここ数週間レンジ相場で48.6円の底値を固めたことも、今後の相場を見る上で重要な点だ。

出典:Bitbank

また、今後の一つの注目点として、bitbankのXRP/JPY週足パラボリックの転換も、そのチャートから近いことが予想されているが、上昇方向へ転換した場合は年初来初の転換となる。

米有価証券問題に動き

また、最新情報として、米SEC企業金融部長を務めるWilliam Hinman氏は、トークン販売に必要となるガイダンスを『理解しやすい言葉』で作成し、公開する計画があることを明らかにした。

具体的な公開日程こそ明らかにされていないが、発行仮想通貨が「有価証券」に該当するか否かを判断する際に重要な手引きになる。

リップル社は、XRPとリップル社の関係性から、有価証券販売に関する訴訟ケースなどが報告されるなど、この有価証券問題に悩まされていた企業の一つである。

有価証券該当による取扱ルールの厳格化(SEC管理下の取引所に限定や登録の必要性など)が行われる点も懸念点として挙げられるが、規制下での運営を目指すリップル社にとって、行動制限になっていた有価証券問題のルール化が行われることは重要であり、相場にもこのニュースが好感されている可能性はあるだろう。

背景にプロジェクトの盛んな動きも

また、特にプロジェクトや企業の動きが盛んなリップル関連のニュースは、停滞相場の中で相対的に減退した市場関連ニュースの中で一際その数で圧倒していたといえる。

特にリップル社が提供する銀行の送金ソリューション「Ripple Net」を採用する企業数が極めて高いスピードで増えている点は、注目を集めた。

これは、リップル社のインフラ革新責任者Dilip Rao氏が、既にリップルネット上では、約200社近くの銀行や金融機関と契約を結んでいることを発表したことで明らかになったが、今年9月初めにRipple社共同設立者でもあるクリス ラーセン氏が100社を超えたことを発表したばかりである点を踏まえると、リップルネットの金融業界への波及スピードの速さがわかる。

ファンダメンタルズ視点:XRPQ3レポート

RippleNet提携の高まりを背景に、10月下旬に発表された第3四半期レポートではそれを裏付ける一つのデータとして、リップル社の子会社であるXRP II,LLCによる機関向けの売上高が、前四半期比594%増になったことが明らかになった。

これは今までの四半期レポートでは見られなかった大きな変化であり、より機関投資家や企業関連への需要の高まりを示すデータとして重要なファンダメンタルズ要因となる。

独立仮想通貨研究グループPicoloが出した新たな報告文においても、このQ3レポートを理由に、XRPは著しく過小評価されていると言及されている。

リップル関連の見直しの動きも

またこれらのニュースが発表された当時、ビットコインを含む市場全体の地合い悪化に伴い、大きな反応こそ見られなかったものの、プロジェクトやパブリックブロックチェーンの格付けを行う機関のリップルに対する格付け評価が上向いている傾向が見受けられている。

Weiss Ratings

1971年創業で、株式や金融機関、仮想通貨などの格付けを行う世界有数の米格付け企業Weiss Ratingsの格付け評価は、運営がXRPに関する発言を行うなど、プロジェクトとして評価していることは有名だが、今回の格付けにて、XRPがワンランク格上げされ全通貨中唯一の「B」を獲得し、単独一位に評価されている。

中国行政機関CCID

また中国行政機関CCIDが仮想通貨に関する第6回パブリックチェーン技術評価でも、今回の格付けからリップル(XRP)が15位→7位まで順位をあげている。

Finder

格付け機関だけでなく、イギリスの比較サイトFinderが、フィンテック専門家による時価総額上位10位まで主要仮想通貨の価格予想でも変化が見られている。

Finderが提供している10月レポートの価格予想では、XRPの18年末の価格予想が唯一のマイナス、19年末の予想でも45%に留まるなど、厳しい評価が下されていた。

出典:Finder

しかし、11月の最新レポートでは状況が一変、18年末、19年末の価格予想共に大きく上方修正されている。

出典:Finder

このように、格付けや予想機関の評価がここ数ヶ月で大きく変化している状況も、投資家心理にプラスの影響を与えているかもしれない。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米SECが「仮想通貨ICOガイダンス」公開予定であると明言|有価証券の判断基準を明確化
SECのHinman氏が、今後ICOトークンの発行に当たる「有価証券」の判断を明確にするガイダンスを公開する予定であると発言した。今後ICOトークンの正当性にとって極めて重要なターニングポイントとなる事が予想される。
英Finderが仮想通貨価格予想11月版を公表|XRP(リップル)は2019年末までに327%上昇と大幅上方修正
英比較サイトがフィンテック専門家10名による、主要仮想通貨の最新価格予想を発表した。2019年末までのXRP価格予想では、約82円→約215円に大幅上方修正された。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加