仮想通貨 Ubiq(ユービック)とは?〜ICOで資金調達を行わずに拡大したプロジェクト〜

ICOを行なっていない仮想通貨
Ubiqのプロジェクトは金儲けとしてのICOで資金調達をせず、しっかりと評価をされて投資された資金を元に拡大しています。
Ubiq(ユービック)の素晴らしいビジョン
Ubiq(ユービック)のビジョンに共感した開発者達がSlackのコミュニティに3000人以上集まっています。
目次
  1. 概要
  2. ニュース一覧
  3. おすすめ取扱取引所
  4. おすすめウォレット
  5. まとめ

概要

通貨コード UBQ
公開日 2016/6/16
コンセンサスメカニズム Proof of Stake(PoS)
発行上限 500,000,000 UBQ
公式サイト Ubiq公式サイト
ブロックチェーンURL Ubiq Blockchain Explorer(取引詳細)
White paper 無し

Ubiq(ユービック)はイーサリアムのコードをベースに作られたプラットフォームです。

スマートコントラクト分散型アプリケーションプラットフォームといったイーサリアムの特徴を継承しています。

開発チームは、ブロックチェーンと金融サービスの両方で多種多様な専門分野と豊富な経験を備えており、アプリケーションの開発に利用できる最も安定した、柔軟でバグのないプラットフォームを提供することに専念しています。

Ubiq(ユービック)の誕生

2014年に公開されたJumbucks(JBS)というUbiq(UBQ)の元となったコインがありました。

しかし、2016年7月の『Jumbucks Ethereum Edition Testnet』というプロジェクトでJumbucks(JBS)はイーサリアムベースへ移行する考えが発表されました。

そして2017年1月にUbiqネットワークという独自のブロックチェーンを立ち上げ、Jumbucks(JBS)はUbiq(UBQ)として生まれ変わりました。

ICOで資金調達をしていない

最近ICOでの資金調達が規制されたりと話題になっていますが、UbiqはICOでの資金調達を一切行なっていません。

ICOには資金調達以外にも支援者コミュニティの形成という役割があります。

これをしていないということは、Ubiqのコミュニティはすでに確立されていて、開発者は今の現状で絶対にプロジェクトを成功させる自信があるということではないでしょうか。

そのプロジェクトやビジョンがしっかり評価されて投資された資金を元に拡大してきました。

ICOへの不信感が強い中、こういった健全で真摯に開発に取り組んでいるプロジェクトは非常に好感が持てますね。

Ubiq(ユービック)開発者コミュニティ

Slack』というエンジニアが好んでよく使うチャットツールがあります。

UbiqにはSlackのコミュニティがあり、メンバーは現在3000人以上の人が参加しています。

ようするにそれだけ多くのエンジニアがUbiqを支持しているということですね。

これはUbiqの将来において非常に重要なことを示します。

Ubiqに関わるエンジニアが多いほど、Ubiqのプラットフォームを利用したサービスが増える可能性が高いのです。

現在、Ubiqのプラットフォームを利用した『QWARK』『APX』といった2つの仮想通貨が生まれています。

ニュース一覧

日付 ニュース内容
2017/9 Ubiqのblock explorerがアップグレード
2017/6 Ubiqのウォレット『Pyrus』リリース
2017/5 仮想通貨トークン『APX』のICO
2017/2 仮想通貨トークン『QWARK』開始
Ubiqのウォレット『Fusion Wallet』リリース
2017/1 Ubiqのブロックチェーンが確立し、Jumbucksが廃止され、Ubiqネットワークが開始
2017/1 Ubiqネットワークを立ち上げることをBitcointalkで発表
2016/7 Jumbucks Ethereum Edition Testnetの紹介と新しいチェーンに切り替える計画を発表
2014/1 Jumbucksが公開され、Bitcointalkでプレリリース

おすすめ取扱取引所

取引所 解説
BITTREX

BITTREX

取扱いアルトコインはPoloniexを超える190種類以上。ICOを迎え上場した新しいアルトコインや、無名のアルトコインなどを積極的に取扱う。

他にも海外取引所cryptopiaで取引する事ができます。

おすすめウォレット

Ubiqのウォレットは2種類あります。

Pyrus WalletとFusion Walletです。

・Pyrus Wallet
MyEtherWalletを改良したブラウザベースのウォレットです。Ubiqはもちろん、関連通貨であるQWARK、APXも保管できます。
・Fusion Wallet
PCにインストールして使うもので、すべてのアカウント、アセット、アプリケーションを1つに統合しUbiqブロックチェーンと同期するQTウォレットです。独自スマートコントラクトと独自トークンが生成できる機能も備わっています。

これらのウォレットはUbiq公式サイトからダウンロードできます。

TOPに掲載されていますが、下画像の赤枠の『wallet』をクリックするとすぐアクセスできます。

Ubiqのウォレットダウンロード案内

まとめ

ICOを行わずここまで大きくなったUbiq(ユービック)。

日本ではあまり知られていない仮想通貨ですが、海外ではプロジェクトの共感者や開発者はたくさんいます。

プロジェクトやビジョンがしっかり評価されて拡大してきた仮想通貨なので、今後のプロジェクトに期待が集まります。

※Ubiqの情報は公式Twitter公式ブログで随時配信されています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加