ヴィタリック・ブテリン氏「次の仮想通貨普及の波は投機熱によるものではない」|今後の仮想通貨の展望について語る

今後の仮想通貨の展望に関するヴィタリック・ブテリン氏の見解
イーサリアムの共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏は、スイスのブロックチェーンスタートアップ「Smart Valor」とのインタビューにおいて、仮想通貨の普及についての自身の見解を示したそれの普及のためには、投機熱ではなく、実践的な社会への適用が不可欠であるとしている

ヴィタリック・ブテリン氏が今後の仮想通貨の展望について言及

イーサリアムの共同設立者である、Vitalik Buterin氏(以下、Buterin氏)が、仮想通貨の今後の展望について、スイスのブロックチェーンスタートアップ「Smart Valor」とのインタビューで語った。

Buterin氏は、インタビューにおいて、2019年に来たるとする仮想通貨の次の大きな波についても言及した

Buterin氏は、仮想通貨分野の進歩についてはじめに語った。

Buterin氏曰く、その分野は、「明らかな成長を遂げている」とし、まだ、数少ない企業と人々によって構成され、イーサリアムチームがほとんどを占めていた状況の2014年と現在を比較した。

それに加えて、以下のように述べている。

「私がここに来るたび、仮想通貨分野は大きく成長し続けていることを実感する。そして、現在、それはまさに巨大なものとなっている。全ての異なる大学がそのテクノロジーに注目をしている。また、非常に多くの企業も目を向けている。」

Buterin氏は、その分野は非常に大きな進歩を目の当たりにしているとも加えた

また、現在の仮想通貨に対する規制環境については、寛容であるようにはみえると述べている。

そして、仮想通貨全体の価格についてもインタビュー中で言及。

現在、仮想通貨全体の価格はピーク時と比較すると暴落しており、イーサリアムについては時価総額2位の位置をリップルに置き換えられた。

また、時価総額トップの通貨のほとんどが、今年の初めと比較し、価格は半分以下となるに至っている。

Buterin氏は、その状況下の仮想通貨領域には、さらなるそこに伴うテクノロジーの「実践的な適用」が必要であると強調。

それにより、その領域における前進が可能になり、また、Buterin氏のチームは長年「実践的な適用」の実現に努めていると説明した。

そして、その点については以下のような見解を示している。

「次の仮想通貨普及の大きな波は、投機熱の中に築かれるものではない。投機熱はすでに来ているからだ。それは利便性のある適用、人々に価値を届けるものによって実現される」

CoinPostの関連記事

ヴィタリック氏:次期大型アップデートでネットワークキャパシティは1000倍に、イーサリアム価格上昇も示唆
プラハで開催されたカンファレンスDevcon4にてヴィタリック・ブテリン氏は次期アップグレード「セレニティ」に強い期待をみせ、イーサリアムのスケーラビリティは1000倍にまで達するだろうと発言した。
ヴィタリック・ブテリン氏言及:実用普及はETFより重要
イーサリアム財団のリーダーであるブテリン氏は、自身のツイッターで、最近仮想通貨コミュニティ内でビットコインETFの許可に過剰に注目を浴びせていることについて物議。ブテリン氏によれば、ETFは仮想通貨の相場にとってポジティブだが、仮想通貨自体がより簡単に使えるようにフォーカスすることこそが仮想通貨の原点だと訴えている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら