スイスの金融市場監督局がフィンテックライセンスを発表|仮想通貨企業も対象範囲に

スイスの金融市場監督局が仮想通貨関連企業も対象となるフィンテックライセンスを発表
スイスの金融市場監督局FINMAが、技術革新を推進するため、新たに「フィンテック・ライセンス」に関するガイドラインを発表、仮想通貨・ブロックチェーン関連企業も対象範囲に指定された。これにより公金預金ルールが緩和、他重要点をまとめた。

スイスの金融市場監督局がフィンテックライセンスを発表

スイスの金融市場監督局(FINMA)が、技術革新を推進するため、新たに「フィンテック・ライセンス」に関するガイドラインを発表、仮想通貨・ブロックチェーン関連企業もフィンテック企業として、2019年より申請することができるようになった。

FINMAのフィンテックライセンスが仮想通貨界隈企業にとってどの様なメリットがあるか以下の様に重要点をハイライトする。

  • 仮想通貨・ブロックチェーン企業が、緩和された銀行規制において、最大1億ドル(≒112.9億円)の公金預金を受けられる。
  • 受けた公金預金による投資、利子の支払いが禁止される。
  • ライセンスを獲得するために、アンチマネーロンダリングなどのビジネス計画を提出しなければいけない点。

公金預金とは、ICOや銀行からの借金と違い、企業や個人からの預金を受け、企業のビジネスに用いる一種のクラウドレンディングである。今回のフィンテックライセンスの申請可能に加え、先日同局から初の仮想通貨投資ファンド向けの「仮想通貨ライセンス」を発行し、さらに以前よりICO規制ガイドラインを提供していることなど、フィンテック・ブロックチェーン等の革新的技術の成長を促進しようとしているスイスの今後の動向も注目していきたいところだ。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者6,000名突破。

CoinPostの関連記事

米ナスダック責任者「ビットコイン先物」上場計画を公式発表|2019年仮想通貨市場に特大材料
これまで関係筋の証言ベースであった米ナスダックのビットコイン先物上場計画に関して、ナスダック コミュニケーション部門VPが、実際に進められている計画であると正式に声明を発表した。低迷相場にある仮想通貨市場だが、Bakktやフィデリティに加え、ナスダックが正式に加わった事で、期待感が高まっている。
ビットコイン安値水準脱せず 年末相場「4つの懸念材料」|仮想通貨市況
年末まで1ヶ月を切る中で、ビットコイン価格は依然安値水準である。本記事では、現在の状況を踏まえた上で、年末に向け相場の懸念材料として挙がる「4点」を掲載した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック