大手仮想通貨取引所バイナンスのCEO「リップル(XRP)は有価証券だとは思わない」

CZ氏がリップルは有価証券ではないと言及
仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏がツイッター上でリップルは有価証券ではないと言及し、話題を集めている。

バイナンスのCZ氏:「有価証券には見えない」

世界有数の大手仮想通貨取引所であるバイナンスのCEO、 Changpeng Zhao氏(通称CZ)が時価総額2位の座を保っている仮想通貨リップル(XRP)の有価証券性について言及した。

仮想通貨界隈のジャーナリストであるJoseph Young氏は大手仮想通貨取引所Coinbaseが未だに時価総額2位の仮想通貨リップル(XRP)を上場させないのか不満を表した。

コインベースはXRP以外の仮想通貨を全て上場させている。株式市場以上の一定レベルにある資産は上場させているが、XRPは未上場。ひどい話だ。

真面目な話、継続するリップル社側の訴訟が影響しているかもしれない。

その上で世界中の仮想通貨取引所でもトップの出来高を誇るバイナンスのCEOであるCZ氏が返答し、自身の意見を明かした。

訴訟は何年もかかる可能性がある。しかしXRPが仮に有価証券と判決が下った場合、米国の利用者だけではなく世界中のユーザーに影響が及ぶ可能性がある。

個人的には有価証券に見えないと思うが、それは私の意見だ。

米国に拠点を置く大手仮想通貨取引所のコインベースは今月8日、公式ブログにて、現在時価総額2位のXRP(リップル)や時価総額4位のステラ(XLM)等、計27通貨の上場に関する調査と検討を行なっていることを明らかにしていた。

コインベースや大手の仮想通貨取引所に仮想通貨が上場すると流動性が高まることから価格の上昇が頻繁に見られる。10月には時価総額上位の仮想通貨ゼロエックス(0x)がコインベースに上場して、一時的に30%近い高騰を記録した他、バイナンスで昨年上場したPower Ledgerは200%、時価総額42位のICONに至っては+300%以上の価格上昇が見られた。

このような事例から、リップル(XRP)のコインベースへの上場は以前から期待視されているが未だ実現しておらず、上述のYoung氏はその背景には現在、米規制当局が判断を決めかねている仮想通貨リップルの有価証券性や現在リップル社が展開している裁判があると考えている。

現在コインベースが検討している仮想通貨は以下の画像に掲載されている。

出典:Coinbase

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

リップル社CEOが示す2019年仮想通貨業界の課題|取引所上場ビジネスの裏側も指摘
リップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏が2019年に仮想通貨業界で語られる課題は情報の開示であると指摘した。取引所の不明確とも捉えられる上場プロセスにおいてさらなる透明性向上を求めた。
バイナンスCZ氏、財産の99.99%が仮想通貨|ビットコイン下落相場に左右されずに普及を重要視
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスの代表CZ氏は、ツイッターでのユーザーコメントに応じる形で、「自身の保有財産の内、99.99%が仮想通貨」になっていることを明かした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら