仮想通貨エイダコイン(ADA)が新アップデート|18日目安にCardano1.4版に更新

カルダノの新アップデート、早くて明日18日に公開
時価総額11位の仮想通貨カルダノ(ADA)が早くて今週18日(火)にもCardano 1.4バージョンにアップデートされることが明らかになった。主なアップデート内容には、ブロックストレージの最適化、テストネット開始などが含まれる。
望まれるカルダノ財団の活性化
ここ数ヶ月コミュニティや創設者のホスキンソン氏からカルダノ財団に対する不満が募っていたが、同財団のCEOだったMichael Parson氏が11月に辞任し組織も再編成されたことでカルダノ・エコシステムの活性化が期待されている。

カルダノの最新アップデート

仮想通貨カルダノ(ADA、エイダコイン)が早くて12月18日に、新たなバージョン1.4にアップデートすることが明らかになった。

カルダノというプロジェクトに携わる組織は主にカルダノ財団、EMURGO、そしてIOHKの3つがあり、その一つであるIOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏が自身の公式アカウントで今回のアップデートを発表した。

7つのリリース候補版(Release Candidates)と膨大な品質保証作業の末、Cardano1.4を早ければ12月18日頃にリリースできることを発表します。

Daedalus(エイダ用のウォレット)ユーザーも来週にはアップデート通知が来るだろう。みなさん、ご理解、ご協力をいただき、ありがとうございます。

仮想通貨カルダノ(ADA)には、BYRON、SHELLEY、GOGUEN、BASHO、VOLTAIREと呼ばれる5つのフェーズが想定されており、今回のアップデートもコードの完全化、オリジナルウォレットDaedalusのデザイン向上、APIの充実などの基礎部分に焦点を当てた最初のフェーズBYRONの取り組みの一環である。

Cardano1.4では、具体的に、以下の4つの点が修正、追加される。

  1. ブロックストレージの最適化
  2. カルダノ・テストネット
  3. Linuxへのウォレットサポート
  4. プログラミング言語Rustへの対応

1.ブロックストレージの最適化

Cardano1.4へのアップデートの際に最も特筆すべき修正が合理化されたストレージだ。

今まで、カルダノ・ブロックチェーンのホストになるためには、ブロックが生成される毎にファイルを保存し、年間150万以上のファイルを格納する必要があったが、今回のアップデートによって、ブロックの生成毎ではなく、一定期間毎にファイルを保存するだけでよくなった。結果的に、年間格納しなければならないファイル数を150万から200程度まで一気に削減することが可能になる予定だ。

効率的なストレージは、ウォレットの復元や、ブロックチェーン同期など、ローカルに格納されているブロックチェーンデータを扱う際のパフォーマンスを劇的に向上させることができる。そして、格納容量自体が削減されたことによって、ブロックチェーンデータを格納していたハードドライブ上の容量も効率的に運用できるようになる。

2.カルダノ・テストネット

現段階のカルダノ・ブロックチェーンよりも、一歩先を行くテストネットが公開されることによって、仮想通貨取引所、開発者、コミュニティを始めとするユーザーは、仮想通貨カルダノ(ADA)を使用することなく、メインチェーン外で新しい機能を試すことができるようになる。

このテストネット公開によって、ユーザーが恩恵を受けるだけでなく、カルダノ開発者側も貴重なフィードバックを受け取ることがメリットとして挙げらている。

3.Linuxへのウォレットサポート

Linuxは、携帯やサーバー、スーパーコンピューターを始めとする世界で最も広く普及しているコンピュータ・オペレーティングシステムの一つであり、Linuxユーザーからカルダノへのアクセスを実現させて欲しいという要望が挙がっていた。

実際、エイダコイン専用のオリジナルウォレットであるDaedalusは、Cardano1.1バージョンにて、Linux対応のベータ版が公開されたが、今回のCardano1.4バージョンにて正式版がリリースされる。

4.プログラミング言語Rustへの対応

Rustは、オープンソースのシステムプログラミング言語であり、C言語、C++にも代替される場合もあるほど幅広く使用されている。

カルダノ Rustプロジェクトもオープンソースであり、CLI ウォレットやソフトウェア開発キットなどの提供をすることによって、開発者は、モバイル端末上も含む自身の商品で試用することができる。公式サイトでは、このオープンソースライブラリの発達に伴い、第三者機関の参入が期待され、エコシステムのさらなる分散化に繋がることが期待されている。

カルダノ財団の活性化

また技術的な部分だけではなく、カルダノ・プロジェクトのロードマップを進める団体の一つであるカルダノ財団にも変化は及んでいる。

先月11月13日には、カルダノ財団のCEOを務めていたMichael Parsons氏が辞任し、Pascal Schmid氏がその後任として就任しており、Parson氏の辞任には辞任の裏には、カルダノ・エコシステムを支える3つの団体、カルダノ財団、EMURGO、そしてIOHKの摩擦が存在していた。

EMURGOおよび、IOHKが公式に発表した「オープンレター」では、カルダノ財団に対して

2年以上もの間、カルダノ・コミュニティとエコシステムには大きな失望感がありました。

と記述されている。

また財団の人事異動は結果的にCEOの辞任だけにとどまらず、12月14日には、カルダノ財団の評議会として、以下の3人が新たに選任された。

  • IOHKの法律顧問を務めるNathan Kaiser氏
  • Emurgoの最高投資責任者(CIO) Manmeet Singh氏
  • Du Lac Capital Ltdの運営パートナー Domino Burki氏

このように、カルダノ自体の1.4バージョンへのアップデートだけでなく、カルダノ財団の組織にメスが入れられ、カルダノのエコシステム中でも大きな影響力を持つIOHKやEMURGO等の責任者達が評議会に選任されたことは、カルダノの発展にとってプラスに作用すると考えられている。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

メタップス子会社、世界初の「仮想通貨ADAカード」を韓国で発行:大手コンビニなど3万以上の加盟店で使用可能
メタップスプラスとEMURGOは、プラットフォームへの仮想通貨ADA統合を完了し、世界初の「仮想通貨ADAカード」を韓国でローンチする。100ADAからチャージ可能で、韓国大手コンビニなど3万以上の加盟店で使用できる。
今後見ておくべき過小評価されている3種類の仮想通貨(ADA・KMD・SUB)|investinblockchainが報道
停滞している仮想通貨業界の中で、今後見ておくべき過小評価されている3つのプロジェクトをinvestinblockchainが報じた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら