仮想通貨から「暗号資産」へ呼称変更する金融庁方針に業界団体から反対の声

「暗号資産」へ名称変更する金融庁の方針に業界が反発
金融庁は、仮想通貨を暗号資産に呼称変更する方針を示しているが、ここまで浸透している名称を変えるのは容易ではない。すでに「仮想通貨」で事業者登録している企業も多く、混乱を招くなど問題が生じる可能性も否めない。

「暗号資産」へ名称変更する金融庁の方針に業界が反発

金融庁は、G20など国際会議で主流だという理由で、「仮想通貨」を「暗号資産」に呼称変更する方針を示し、法改正を含めて検討を進めている。

しかし、ここまで一般に定着・浸透している名称を変えるのは容易ではない。すでに「仮想通貨」で事業者登録している企業も多くあることなどから、さまざまな問題が生じる可能性も否めない。

この件について、27日にJCBA(日本仮想通貨ビジネス協会)とBCCC(ブロックチェーン推進協会)の共同記者会見でも言及された。

JCBAの奥山泰全会長は、

「仮想通貨という言葉に一度ケチがついてしまったので、名前を変えて売り出すということは本懐ではない。」

BCCCの平野洋一郎代表理事は、

通貨というところに意味合いを感じている。国や銀行に頼らず「価値の移転」ができたり、取引できるのが次の時代だということもあるので、”資産”という単語には反対だ。」と述べている。

そのほか、仮想通貨業界にも精通している、弁護士の増島雅和 (@hakusansai)氏は、「電子マネーのことを誰も前払式支払手段と呼んでおらず、証券会社のことを第1種金融商品取引業者なんて呼んでいない」などと指摘。以下のように呼びかけている。

呼称変更論が台頭した背景

仮想通貨の呼称を暗号通貨に変更する件については、今年夏以降、G20など国際的な議論の場において、“crypto-asset”(暗号資産)との表現が用いられつつあるとし、金融庁が、「国際的な動向等を踏まえれば、将来的に”暗号通貨”と呼称を統一する可能性についても十分あり得る」と言及したことがある。

ただし、上記にもある通り、「仮想通貨」という呼称がすでに一般的に認知されていることから、急に変更する場合の弊害も考えられる。取引所などの仮想通貨関連サービスや投資家の混乱をきたすことになるため、変更するとしても一定の猶予期間を設けるものと思われる。

すでに暗号資産と定義している国も

西インド諸島にあるバハマ中央銀行(CBOB)は11月7日、仮想通貨などのトークンを国際規制当局に習う形で「暗号資産」と定義し、それに関する規制枠組みに関する討議論文を公表した。

定義には、中央銀行が発行する通貨と、民間のプロダクト(ビットコインやリップル)を明確に分ける意図があるという。

バハマの副大統領は今年6月、銀行サービスへのアクセスが制限されている大多数の「島民間の金融包括の改善」を目的とした、国家による仮想通貨の導入が政策プランにあることを明かしている。

CoinPostの関連記事

金融庁が仮想通貨を含む一年の活動記録を公開、研究会発足の背景も|活動報告書『金融庁の一年』
金融庁は17日、1年間の活動報告書を公開、当記事では仮想通貨業界に関係のある箇所を抜粋した。「未来投資戦略」に関しては、ブロックチェーン技術の実用化等イノベーションの推進を金融庁関連の主な施策を記載している。
G20会議:仮想通貨の基礎となるものを含む技術革新は、金融システムや経済に『重要な便益』をもたらし得る
23日、G20会議が閉幕。FATFに対し、10月までに仮想通貨のアンチマネーロンダリング(AML)に関する国際規制の明確化を求めたほか、財務省サイトにて、「仮想通貨の基礎となる(ブロックチェーン)技術などが、金融システム及び、より広く経済に重要な便益をもたらし得る」との文面が確認された。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者5,000名を突破しました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら