リップルネット加入のイスラム銀行、手数料無料の国際送金サービスを開始

中東クウェートのイスラム銀行、クウェート・フィナンシャル・ハウスがリップル社のブロックチェーン技術を利用した送金サービス「Instant International Transfer」の開始を発表した。

KFHはリップル社のブロックチェーン技術を駆使した国際送金サービスを開始した。手数料無料の「Instant International Transfer」サービスはサウジアラビア・リヤルで大手銀行のAl Rajhi Bankに送金が可能となっている。

このサービスは今後、世界の異なる地域の様々な通貨にも範囲を拡大していく予定だ。

Al Rajhi Bankは2015年時点で世界最大のイスラム銀行で、サウジアラビア最大規模の銀行である。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

クウェート国立銀行、同国初のリップルネット加入機関に
クウェートの国立銀行(NBK)が新たにリップルネットに参加し、新たな送金ソリューション「NBK Direct Remit」を発表。新発表のソリューションはまずヨルダンへの国際送金で試用されている。
藤巻議員が「XRP(リップル)」を事例に仮想通貨技術を賞賛、日本政府の対応遅れを危惧
参議院議員(日本維新の会)の藤巻健史議員は、自身の公式ツイッターアカウントでRipple社のネイティブトークン「XRP」を事例として取り挙げ、仮想通貨技術を賞賛した。未だ拡大の余地があるとした上で、日本政府の対応遅れを危惧した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加