「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」YOKOHAMA Round 2019 で出展企業・団体を募集

Japan Blockchain Conference YOKOHAMA Round 2019 で出展企業・団体を募集。
「Japan Blockchain Conference」が2019年1月30日~31日パシフィコ横浜にて開催される。「動員人数:25000名(予定)」のアジア最大級のブロックチェーンカンファレンスとなる予定で、出展企業・団体を募集中。

今回のカンファレンスの見どころは、以下の通り。

交流/啓発

Blockchain技術の未来を担う国内外の有力企業・団体が、相互に情報交換、切磋琢磨しながら、Blockchainの普及啓発を行い、Blockchainの適用領域の拡大を目指す。

情報発信

ブロックチェーン各企業・各団体と連携し情報を国内外で配信するだけでなく、本カンファレンスで培われた技術と経験と得られた情報を世界へと向けて発信するための「場」の提供をする。

出展する企業・団体にとってのメリットとは?

業界の“旬”が一堂に会するカンファレンスとなっているが、出展する企業・団体にとっても、メリットは非常に多くあります。JBC側から今回の出展企業・団体のメリットについて語っていただきました。

メリット1:ブロックチェーン業界アジア最大のカンファレンス

物理的に見えにくいブロックチェーンだからこそ、業界の熱気をリアルに体感・実感できます。必要なのは「存在の証明」です。 規模はエンドユーザー最大となり、出展が仮想通貨関係のみに絞ったイベントなので、業界に興味がある方々へ効率的・直接的アプローチが可能となります。

前回の会場でもある東京国際フォーラムでは、30の国と地域から100社の参加企業、そして1万名超えの来場者実績がありました。インターネットなどによる広告とは違い、物理的にひとつの大きな会場で行うことで、湧いた疑問をその場で解決することができるためファン層を獲得しやすく、また他コインのファン層とも交流を深めることが可能になる環境です。

今回のカンファレンスでは、仮想通貨による決済端末サービス、スマートコントラクトのセキュリティ監査プロトコルの開発、コンサルティング、情報配信(メディア関係)、マイニング、取引所、ブロックチェーン関係、ICO等を扱う沢山の企業様の出展が可能です。

メリット2:JBC TOKYO Round 2018 経済産業省・外務省後援実績あり

しっかりとした審査が設けられるカンファレンスのため、出展実績を作ることにより、後のビジネス展開が円滑に進められます。

メリット3:SNSメンバー3,000名増加 ※後日報告より/Telegram

オフィシャルでSNS関係の強化に繋がる催しを企画・開催。前回JBCで行われたオフィシャルスタンプラリーではSNSのメンバーが3,000名増加したブースも。

メリット4:幅広いクロスメディア掲載

各メディアやネットワークと連携し、開催前後もクロスメディアによって発信やPRをすることが可能となります。オフィシャルメディアパートナーにつきましては順次ホームページにて掲載しております。

メリット5:現地の熱気をWEBにて生放送

会場内の様子を国内外にリアルタイム配信。専用特設ブースを設置します。

有料会員214万人を誇るニコニコ動画内の「ニコニコ生放送」と、総ダウンロード数5億回を突破した中国大手ニュースサイト「ワン・イーニュース」そして、新仮想通貨総合サイト「COIN MESSAGE」で配信予定。

前回の様子では、様々な関係者が飛び入りで参加し、自らの推しなどを語っていただきました。放送時の視聴者数は、ニコニコ生放送で20,000名超え、ワン・イーニュースでは20万回を突破など反響も大きく、ライト層でも気軽に視聴できるというターゲット層の広さから、ぜひご参加いただきたい企画となっております。

メリット6:大事な商談をサポート。プライベートスペース完備

大切なお話を他に聞かれることなくゆったりとした個室ですることができます。(商談スペースは数に限りがございますので、ご希望の場合にはJBC事務局までご連絡ください。)

メリット7:3つの会場で行われる衆目のスピーチ

誰もが注目する業界著名人などの登壇がございます。前回の国際フォーラムでも大変な賑わいをみせ、混雑時は入場規制が敷かれるほど多くの来場者様にご観覧いただきました。

メリット8:各国出展者同士のコミュニケーション

前回はイスラエル、中国、ニュージーランドなど世界中から一堂に出展者が集結し、様々なプロジェクトのCEOなどが親睦を深めました。普段はお目にかかれない各国のCEOなど、新たに繋がりを拡張することが期待できます。

メリット9:次回開催時優遇

次回出展時に優先的にブースを確保させていただきます。

チケット販売・入場数上位企業へは特典サポート

さらに本カンファレンスでは、JBCから様々な特典サポートを受けられる取り組みもある。

(対象は、JBCが発行するアフィリエイトコードにて入場チケットの販売協力をした企業・団体で、チケットを買取りする必要は無く、企業・団体で保有しているメールアドレスやSNSアカウントでコミュニティに拡散する形。一般参加者向けのプロモーションを想定している。)

アフィリエイト経由でのチケット販売・入場数上位企業へJBC側からの特典サポート

1位「3,000万円相当のメディア展開パッケージ」

2位「1,000万円相当のメディア展開パッケージ」

3位「500万円相当のメディア展開パッケージ」


※メディア展開パッケージ

月刊仮想通貨・日刊ゲンダイ・BS11・ニコニコ生放送・月刊ICOマガジン・STOマガジンなどでの広告掲載

CoinPost・Coinmessageなどでのデジタルメディア掲載

さらに1~3位に入賞した企業・団体は、2019年夏季に開催予定 第3回JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCEの「特別出展ブース」へ無料にてご出展することができます。

またVIPチケット特別賞として、VIPチケットの来場者を一番多く獲得された企業へは、次回開催のジャパンブロックチェーンカンファレンスで使用することのできる「プレミアムブース出展権」(600万円相当)が贈呈されます。


第2回Japan Blockchain Conference YOKOHAMA Round 2019 イベント出展に関しては、

二木駿太 futatsuki@vc-group.jp

ジャパンブロックチェーンカンファレンス運営委員会までお問い合わせください。

■実施概要

名称:「Japan Blockchain Conference(JBC)」- YOKOHAMA Round 2019 –

会期:2019年 1月30日(水) – 31日(木) 9時~18時

会場:パシフィコ横浜 ホールB

主催:一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会

■参加費用

・VIPパス 100,000円

※2日間のラウンジの利用、及び30日「After Party」31日「Celebration Party」への参加が可能

・エキスポパス

事前登録 1日券:3,000円 2日券:5,000円

当日券  1日券:4,000円

■参加方法:下記サイトでの事前申し込み。もしくは、当日券での入場も可。

イベントページ:「Japan Blockchain Conference(JBC)」- YOKOHAMA Round 2019 –

■内容

① 展示ゾーン 国内外参入企業150社

② 講演会/セミナー ブロックチェーン著名ゲスト

③ その他コーナー

チケット購入はこちら
イベント主宰者
代表理事 増山 壽一(旭川大学客員教授、元経済産業省)
理事 城島 光力(元衆議院議員、元財務大臣)
理事 池田 健三郎(経済評論家、元日本銀行)
理事 柏木 孝夫(東京工業大特命教授・名誉教授)
理事 中林 美恵子(早稲田大学教授)
理事 佐々木 信夫(中央大学教授)
理事 夏野 剛(慶應義塾大学大学院特別招聘教授)
所在地 〒102-0092 東京都千代田区隼町3−19 清水ビル6階
代表者 増山 壽一
設立 2018年5月
URL https://globalblockchain.or.jp/
事業内容 ブロックチェーン技術(関連、派生技術を含む)及び、当該技術を活用したビジネス(仮想通貨を含む)が急速に進展する中、当該技術の開発・活用及び関連ビジネスの展開に関係するプレイヤーの国際的連携を推進することによって、有機的な連関のもと、健全なビジネス環境の整備・発展及び適正な利用者保護を図ることに資する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加