CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨投資ファンド「モルガン・クリーク・デジタル」CEOが検証:仮想通貨事業と銀行業の摩擦

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨投資ファンドCEOが検証:仮想通貨ビジネスと銀行の摩擦
銀行不信者として知られる仮想通貨ヘッジファンドのCEOは、仮想通貨ビジネスに関する銀行利用時に遭遇した”最悪な体験談”を募集。口座の強制解約問題など、溝があることを明らかにした。

投資ファンドのPomp氏がSNSで検証、銀行の欠陥

仮想通貨ヘッジファンド「モルガン・クリーク・デジタル」のCEO、Anthony Pompliano氏(以下Pomp氏)はSNS上で、仮想通貨のビジネスを行う上で、銀行利用時に起きた”最悪な体験”を募集した。

本記事では、業界人物からのいくつかのリプライを取り上げ、仮想通貨業界と銀行の間に置かれる実態を見ていく。

仮想通貨取引所クラーケンのCEO:「マネロン」のやり方を学んだ

米仮想通貨取引所クラーケンのCEOを務めるJesse Powell氏は、複数の銀行・金融機関での決済難航の経験を明かした。

仮想通貨ビジネスに関連し、PayPalが私のお金を6ヶ月ほど凍結していたため、仕事も家も失いかけた。

バンカメ(BoA)にクラーケンの給与口座を30日間の猶予で解約され、JPモルガン・チェースには5日間の猶予、しかも手紙通知だったため、届いた時にはすでに口座が閉じられたため、それ以降は、複数のレンタルのPayPalの口座を使い、資金をリサイクルし、さらに複数の銀行口座や金庫へ入金するようにした。

このようなやり方は、法令遵守している利用者にとって悪夢のような経験だが、マネーロンダリングに使われるようなマルチステップを踏まえなければ、生き残れないと思う。

ウォレットサービスMyCrypto:チェース銀が先月口座を解約

米LA本拠地の仮想通貨ウォレットサービス「MyCrypto」の創設者であるTaylor Monahan氏は、JPモルガン・チェース銀が会社の口座を閉じようとしており、本人のクレジットカードは、すでに昨年のクリスマス直前に解約されたとの体験談を明かした。

チェース銀から突然、「30日後に口座を解約する、クレジットカードはもう解約した」と通告され、年末の買い物はすべてポイントのつかないデビットカードで済ませた。

この手紙では、「我々(チェース側)は、あなた方とのビジネス関係を終えます」とあったんだ。

初期ビットコイン提唱者Shrem氏

現在廃業となったビットコイン取引所Bitinstantの創設者であったCharlie Shrem氏は、上記Monahan氏の経験に共感し、以下のように経験談を語った。

Monahanが示したような口座解約に関する解約通知は、私の場合は数百通に上った。2011年〜2013年の間、Bitinstantは複数の口座を強制解約され、主要銀行は全滅で、小規模の銀行は複数解約されたんだ。

2011年から、最も長く所持していた口座でも8ヶ月に過ぎない。

銀行に見られる問題も多発

Pomp氏やアナリストのJoseph Young氏は以前から、銀行に対して懐疑的な意見を持っているが、欧米の主要銀行では、以下のように様々なスキャンダルが起きている。

  • 米3番目の大手銀行ウェルズ・ファーゴは、仮想通貨を「高リスクの投機」とし、自社のクレジットカードによる仮想通貨購入を禁止するなど、アンチ仮想通貨の方針を取って来たが、昨年12月、過去15年にわたる不正営業の行いを認め、約620億円の和解金を米50州および首都D.C.に支払うことに合意した
  • 昨年12月、モルガン・スタンレー銀は米金融取引業規制機構FINRAにより、マネーロンダリング違反の理由にて、11億円の罰金を課した
  • デンマーク最大規模のDanske銀行は昨年11月、司法省の検察側にエストニアにある支部がマネーロンダリング対策を違反した疑いで、裁判の予審手続きを行われた。
  • 昨年11月、世界有数の大手ドイツ銀は、バンカー2人は銀行のクライアントにマネーロンダリングを協力したことで、同国の警察により本部での強制捜査をされた。
  • 同月、米連邦検察側は、三菱UFJ銀行が米国の経済制裁対象国である『イラン』の関連ビジネスでのアンチ・マネーロンダリング法律違反に対し、捜査を行なった。

銀行などの伝統金融業界と仮想通貨業界は、決済手段などでも相容れない部分もあり、溝が広がりつつあるのではないかと懸念されている。今後、銀行業界と仮想通貨・ブロックチェーン業界とどのように共存・共栄していくか注目すべきだと言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

2018年、仮想通貨に対する米国証券取引委員会(SEC)の動向の総括
SECの動向は仮想通貨市場において非常に大きな影響力を持つ。2018年は、その中でも、特に証券問題やビットコインETFの承認の是非といったテーマが注目された。本記事では、それら2018年のSECの動きを総括していく。
米大手銀ウェルズ・ファーゴ、不正営業で約6億ドルの和解金|仮想通貨有識者「クリプト時代」の到来予見
WF銀は仮想通貨を「高リスク投資」と見なし、自社のクレジットカードによる仮想通貨購入を禁止するなど、一貫してアンチ仮想通貨なスタンスを維持してきた。しかし次々と発覚する大手銀行によるスキャンダルに対し、仮想通貨有識者は批判的な見解を示すと同時に、「腐敗した伝統的な銀行システム」の崩壊を予見している。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。
11:45
ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新
仮想通貨ビットコインは21日、日本円建ての過去最高値を更新し1,100万円を超えた。アルゼンチンやフィリピンでも最高値を更新している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア