イーサリアム上で動作するリップルを模倣する仮想通貨「XRPクラシック」が取引を開始

偽物通貨か、XRPクラシックとは
仮想通貨XRPを模倣したトークン「XRPクラシック」が公開された。ホームページとホワイトペーパーの内容の不一致や、不透明なパートナー企業などから詐欺の疑惑が高まっている。

XRPの偽物が登場か?色違いのロゴで掲載されるXRPクラシックとは

地合いが悪い中でもコミュニティが活発なことで有名なXRPに多くの点で類似点を持つ仮想通貨が、取引を開始したことがわかった。

XRPクラシックは、XRPの旧ロゴと同じ形のロゴで、色が青ではなくオレンジに変えただけのものを使用している。

出典:xrpclassic.io

ホームページでは、「自動化した取引システムを提供するための利用しやすい非中央集権的ブロックチェーンと仮想通貨のインフラ」とXRPクラシックのコンセプトが掲げられているが、ホワイトペーパーでは「フリーランサーのための市場を提供する」と書かれており、自社内でも異なる情報を提示していることわかった。このような観点からも、正当な仮想通貨プロジェクトではない可能性が高いと見られている。

なお、ホームページの「パートナー企業」欄には、写真のみ掲載されており、具体的な人物や企業名は挙げられていない。

問題はここからだ

単純に有名通貨を模倣した通貨であるだけなら、投資家への影響はないと言えるが、すでにXRPクラシックが、海外仮想通貨取引所に当たるMercatoxとEtherFlyerで取引が開始されている。ティッカーシンボルとして使われているのは、XRPCで、イーサリアムブロックチェーン上で動作するERC20のトークンとして上場していることが判明した。

またホームページ上では、ユーザー数も多いHitBTCなども今後上場する予定の取引所として掲載されており、投資家の警戒感が今後も高まることや詐欺への警鐘を鳴らすメッセージが相次ぐ事が予想される。

出典:mercatox.com

出典:etherflyer.com

またXRPCトークンは、業界基準となる仮想通貨データサイトcoinmarketcapにもリスティングされており、同プラットフォームに掲載されているチャート上では、話題に上がった本日価格が急騰していることもわかっている。

出典:Coinmarketcap

なお、すでにXRP(リップル)のコミュニティでは、1月14日からユーザーによって話題になり始めており、「スキャム」との指摘が相次いでいる。

これまで、様々な仮想通貨スキャムや詐欺コインとも呼ばれる投資家を騙すための架空プロジェクトが存在しているが、XRPクラシックのようなトークンにも気をつけたい所だ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨マイニングの詐欺事例の全容が明らかに 集団訴訟も準備へ|米CCNが報道
仮想通貨のマイニング投資でも、他の投資スキームと同様の詐欺事例が報告されている。今回は、The Crypto Crime Fighters (仮想通貨犯罪ファイターズ)と呼ばれるグループが、海外メディアCCN に情報を提供、被害者の証言などから投資詐欺の全容が明らかになった。
米国証券取引委員会、『仮想通貨』を2019年の監視活動優先事項に
「仮想通貨の有価証券化」に重点を置く、SECのコンプライアンス検査局が、2019年の監視活動6大優先事項に”仮想通貨を含むデジタル資産”を加えた。米国内では直近、仮想通貨にポジティブな法案も活発化しつつある。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら