DAppsに力を入れるTRONがniTROn SUMMITを開催|新たなDappエコシステム発展の方針を発表予定

TRON主催のサミットでDAppエコシステム発展の新しい方針が発表される予定
2019年1月17・18日に米国サンフランシスコでの開催されるTRON主催のブロックチェーン業界サミットにて、DAppエコシステム発展の新しい方針が発表される。TRONはDAppの発展を阻害している障壁を打ち破る施策を打ち出している。

概要

ブロックチェーン業界は、AIやビッグデータに続き、世界的なブームにもなっている業界の一つです。数多くのテックインターネット会社が次々とこの分野に参入し、事業を展開してきました。しかし、どのようにすれば、ブロックチェーン技術を実用化することができるか、については未だに明確化されていません。

業界の障壁を打ち砕き、ブロックチェーン技術の実用化を加速させるため、TRONは2019年1月中旬、San Franciscoにて「niTROn SUMMIT 2019」を開催します。同サミットでは、NBAで5回連続でチャンピオンを取ったコービー・ブライアント氏などのスペシャルゲストとして招き、ブロックチェーン業界における多くのエリートが自分の経験及び技術、また創業及び投資経験をシェアすることを予定しています。

私たちは、そのような中でブロックチェーン技術を実用化させるには、DApp(分散型アプリケーション)の発展が不可欠だと考えています。DAppはブロックチェーン技術を実用化していく上で特に重要な方法の一つとして捉えられており、TRONはDAppエコシステムの発展において、常に先陣を切って取り組んでいる企業として認知されています。

TRONにおけるDAppエコシステムの迅速な発展

TRONは中国でブロックチェーン技術の初期研究に尽力する会社として、分散型インターネットにおけるインフラストラクチャの構築に取り組んでいます。2018年8月末に、TRONはメインネットのアップグレードを完了させ、TRONバーチャルマシン(仮想マシン)を正式にリリース、DAppエコシステムの構築を開始しました。

TRONのアプリストア「DApp House」には、ゲームや戦略、ツール、取引所などを含むDappが現時点で約40種類登録されています。その中ではTRONベースのゲーム関連のジャンルが最も目新しく、他にはない斬新な取り組みもおこなっています。例えば、多人数インターアクションの3Dゲーム「Snatch-TRON」では、後から参加したユーザーでも「スナッチシステム」によって形勢を逆転して報酬を得ることが可能です。また、有名なDAppである「細胞進化」のデベロッパーの呉啸氏によって新しく開発された「Last Trip」では、ユーザーが本の右上や右下をクリックするシンプルな操作だけで、自分の運命を選択し、”人生の旅”をすることができるようになっています。

数という点から見ると、TRONによるDAppは、EthereumまたはEOSよりも少ないですが、TRONベースのDAppでは、製品の完成度は高く、クオリティが優れているものが多くある点が評価されています。

TRONの「DApp House」のデータによると、2018年11月中旬までにTRON関連のDAppsの登録した総アカウント数は既に64万に達し、EOSのトータルアカウント数を上回りました。活発なDAppのムードにも影響され、TRON全体ネットワークにおけるトランザクションは最大136万回/日 に達し、Ethereumの過去最大取引量の記録を上回りました。

TRONはDAppそれ自体の発展に力を尽くすだけでなく、DAppエコシステムを万全の状態にすべく動いています。提携も積極的に進めており、現在では海外最大のDAppナビゲーションウェブサイトであるDappRadarに登録した他、中国DappReview、DapDap、DAppWorldなどのエコシステム・プラットフォームとも提携しています。将来的には、デベロッパー・コミュニティ、オンライン/オフラインのミートアップを中心に、全面的にDApp内容を最適化し、そしてTRONエコシステムを多様化させることで、より充実した内容にしたいと考えております。

DApp発展の障壁を打ち砕く

DAppの発展は仮想マシンの性能や互換性と深く関わっています。DAppデベロッパーは現在、いくつかの主流なパブリックチェーンにおける仮想マシンでDAppを開発していますが、開発コストは非常に高く、Ethereumの高い手数料やEOSの複雑かつ高コストなローンシステムなどは、デベロッパーにとっての目下の課題となっております。

デベロッパーに効率よく開発させ、最適なパブリックチェーンを選択させられるように、TRONのTVM仮想マシンとEthereumの仮想マシンとは互換性を持ち、Ethereumによるスマートコントラクトを直接TRONのネットワーク上で実行できるようにしました。更にそれだけではなく、EOSの仮想マシンとも互換性も持つようになる予定です。

業界のリソースを統合し、開発者により便利な開発環境を作ることにより、DAppエコシステム全体を発展させることは、業界にとって画期的なことと言えるでしょう。TRONは、DAppエコシステム全体の開発を促進させることによって、TRONはDApp開発に伴う障壁を打ち破っています。

これはniTROn SUMMITを開催する大きな目的の一つであり、DAppの可能性をより多くの人に認識して貰えると思います。サミットの際、TRONのエンジニアがTRONでどのようにスマートコントラクトを構築できるのか、講演者が新世代DAppをどのように開発するのかも皆さまに共有させて頂きます。

また、TRONの公式最新情報によると、グローバルデジタル・コンテンツのパブリックチェーンであるContentos及びBinanceも、今回のniTROn SUMMITを強くサポートすると表明しています。これらの表明によって、niTROn SUMMITの影響力の大きさはご理解頂けるのではないでしょうか。Binanceは世界トップ3の取引所であり、Contentosは世界で最も広い範囲でデジタル・コンテンツのパブリックチェーンの構築に全力を尽くしています。それにより、世界中のデベロッパーは創造したものの価値を共有することができます。

「人間は”未知”への恐れから変化を拒む生き物だ。しかし歴史の中で唯一変わらないのは”すべてが変わる”ということだけだ。」これは「ホモ・デウス:テクノロジーとサピエンスの未来」の中に出てくる一節です。niTROn SUMMITを適切に表した言葉とも言えるでしょう。なぜなら、niTROn SUMMITで皆さまは未知なるものにきっと直面するでしょう。しかし、niTROn SUMMITは、そこから良い変化が遂げられるよう、皆さまを導いていくサミットとなることをお約束いたします。

「niTROn SUMMIT 2019」の詳細情報やチケットの購入は以下の公式ホームページからどうぞ

>「niTROn SUMMIT 2019」の公式ホームページはこちら

CoinPostの関連記事

仮想通貨トロン(Tron)と中国大手企業バイドゥ、現段階では協力の可能性が高い
先週、トロン創業者から『1兆円以上の巨大企業と提携する』との公表があり、市場を騒がせていた。しかし本日、トロン財団の公式ツイッターから発表があり、提携ではなく協力であることが判明した。
開発が活発に行われている仮想通貨プロジェクトTOP10:エイダコイン(ADA)トロン(TRX)他
仮想通貨市場が停滞気味の中、プロジェクトが長期的に生き延びるか判断する指標の一つとして挙げられるのがGithub上のプロジェクト貢献度。ランキング形式でGithubでの貢献度がTOP10のプロジェクト・仮想通貨を見ていく。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら