大手仮想通貨取引所CEOのCZ氏「今の仮想通貨市場は過小評価されている」|開発者による将来性を重要視

CZ氏:仮想通貨市場は過小評価
仮想通貨取引所Binance初のカンファレンス【Binance Blockchain Week】上で、CZ氏は、現在の市場に関して、ブロックチェーン業界は今までの無い活気を見せつつも、低迷を続ける相場は過小評価されていると指摘。

CZ氏:仮想通貨市場は過小評価

複数のメディアの報道によると、現在シンガポールで行われている、仮想通貨取引所Binanceの初めての仮想通貨・ブロックチェーンカンファレンス【Binance Blockchain Week 】上で、同取引所のCEOを務めるCZ氏は、現在の業界について、自分自身の様々な見解を述べた。

まず、CZ氏は今現在の仮想通貨市場の相場は低迷しており、進んでいる開発や増える関心度に伴わないため、過小評価されていると示している。

今、より多くの人がこの業界に参入し、プロジェクトを進めている。そして、以前よりもより多くの投資家や開発者がカンファレンスに出席しているし、カンファレンスの数も増えてきている。

ビルダーたち(開発者)は開発を続けており、業界は今までのない活気を見せているので、相場は右肩下がりに偏りすぎると思う。

もちろん、私の個人見解だが、ブロックチェーン技術は大衆技術なのだ。

つまり、大衆に向けた技術は、より多くの利用者・開発者によって、支えられることが市場の土台となっている。

また、CZ氏は、2018年から続く相場の低迷期とは真逆で、2017年の急騰は「過剰反応」だったとの見解も示した。

2017年末の相場は、行き過ぎたと思っている。

当時は多くの人が中身のあまり無いホワイトペーパーとプロジェクトを持って業界へ押し込んできたので、価格は急騰したが、当然このような「ラッシュ」が静まれば、相場は崩れていく。

なお、先日、バイナンスのBNB通貨を6度目のバーンに際し、CZ氏はこのように2019年の仮想通貨市場について、意見を述べた。

私は最近の市場の動向に関してあまり心配はしていない。なぜなら、市場は常に過剰反応をするからだ。2018年の同じ頃、相場は上昇に過度に反応しすぎたが、今年は誰にもわからないと言えるだろう。しかし言えることもある。それは長期的に見れば、ビルダー(開発者)が必ず勝ち残ること。

このように、CZ氏は、単なる相場の数字よりも、実際プロジェクトを支えているビルダーたちに希望と将来性を見出している。

Binance Blockchain Weekに関して

バイナンスは1月19日〜22日にかけて、4日間のイベントを開催している。

セキュリティ性の高いバイナンス取引所は、次世代の開発者を支援するために、最初の二日間は、【Binance SAFU】のハッカソンが行われ、ブロックチェーン上で図れる詐欺やハッキングに対抗する技術の競争で、3つの優秀なチームがファイナルに進出し、各賞金を獲得。

そして、昨日よりカンファレンスが始まり、仮想通貨業界のトレンドや、ブロックチェーンのエコシステムをFire Chat(炉辺談話)で語られ、例えば、こちらでは、 CZ氏や、オンライン投資仲介大手のeToroの常務を務めるJasper Lee氏らは「中央集権取引所と非中央集権取引所」に関して、独自の見解を互いに示した。

記事内容はコインポストより逐一公開する予定です。

Binanceの経営陣と業界有名人50名がスピーカーとして登壇することが予定されているこのカンファレンスは本日が最終日となり、業界の今後に関する様々な重要見解が期待されている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る
低迷期が続いている仮想通貨だが、2019年の仮想通貨業界において様々な予想が飛び交っており、強気予想から懐疑的な意見まで数多く存在する。そこで2019年業界の動向がどうなっていくのか、複数の専門家のコメントをこの記事でまとめている。
バイナンスCZ氏、財産の99.99%が仮想通貨|ビットコイン下落相場に左右されずに普及を重要視
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスの代表CZ氏は、ツイッターでのユーザーコメントに応じる形で、「自身の保有財産の内、99.99%が仮想通貨」になっていることを明かした。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら