CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 ホワイトリストとは/国内取引所で取引可能な仮想通貨一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ホワイトリスト入りした仮想通貨以外は国内取引所での取引が不可能となる
ビットコインやイーサリアム、リップルやネムといったメジャーな通貨を含めて、16種類の通貨がホワイトリスト入り(※10月13日現在)したとみられています。匿名性通貨の審査は厳しいものになると思われ、今後の審査に注目が集まっています。
2017年4月より施行された改正資金決済法(仮想通貨法)と仮想通貨交換業者の登録制度による影響
仮想通貨取引の信頼性が上がることで、国内企業の仮想通貨決済採用等が増えるのではないか、と予想されています。

ホワイトリスト入り仮想通貨通貨一覧(※随時更新予定)

  1. ビットコイン BTC
  2. リップル XRP
  3. ライトコイン LTC
  4. イーサリアム ETH
  5. モナコイン MONA
  6. ビットコインキャッシュ BCH
  7. ネム XEM
  8. フィスココイン FSCC
  9. ネクスコイン NCXC
  10. カイカコイン CICC
  11. カウンターパーティー XCP
  12. ザイフトークン ZAIF
  13. ビットクリスタル BCY
  14. ストレージコインエックス SJCX
  15. ぺぺキャッシュ PEPECASH
  16. ゼン ZEN
  17. キャッシュ QASH

金融庁によって公開された登録業者の取扱通貨に掲載された通貨はホワイトリスト入りほぼ確定と思われます。

今後のホワイトリスト入り通貨に関してですが、様々な予想がされているものの、ダークサイト等で採用されているモネロ(Monreo)やダッシュ(DASH)、ゼットキャッシュ(ZCash)等の匿名性通貨の審査は他の通貨よりも厳しいものになるのではないか、と考えている人が多いです。

仮想通貨のホワイトリストとは

仮想通貨の「ホワイトリスト」という言葉は改正資金決済法(仮想通貨法)の解説pdfファイルの中に

なお、登録業者が取り扱う仮想通貨については、随時、金融庁ウェブサイトで公表します。

引用元はこちら

といった文章が入っていたことから作られた言葉です。よって、政府がこの言葉を使って発表しているという事ではありませんが、「登録業者が取り扱う仮想通貨」に入る事を所謂「ホワイトリスト入り」と呼ぶようになりました。

つまり、金融庁によって登録業者の取り扱う仮想通貨が公表されない限り、国内取引所でそれ以外の仮想通貨を手に入れることが出来なくなる、という訳です。

元々、改正資金決済法(仮想通貨法)は仮想通貨利用者保護のための法律であるため、ホワイトリストも利用者を守るための仕組みと言えます。

仮想通貨は現在1,000種類以上もの膨大な数が存在すると言われていて、それらの中には詐欺に類する通貨も多く存在しているため、ホワイトリストを作ることでリスクを抑えようとしている訳です。

ホワイトリスト入りしなければ国内取引所で取り扱う事が出来ないため、ホワイトリスト入りしなかった通貨の価格下落、またホワイトリスト入りした通貨の価格上昇が予想されます。

日本は仮想通貨先進国の中でもトップクラスの取引量の国であるために、ホワイトリストについて海外からも注目を集めることで、相場の動きを更に激しくする可能性もあります。

仮想通貨交換業者の登録制度について

改正資金決済法(仮想通貨法)が施行されたことにより、国内で仮想通貨取引所を運営するためには金融庁による登録を受けなければならなくなりました。

そして9月29日、金融庁によって審査が完了した仮想通貨の交換業者の一覧が公開されました。

リスト入りした11社の取引所には、bitFlyerやビットバンク、テックビューロ(Zaif)だけではなく、SBIバーチャル・カレンシーズやGMOコインも入っていました。

しかしアルトコイン取扱数が多い日本国内で人気の取引所、コインチェック(coincheck)は未だリスト入りしていません。

これは登録申請が比較的遅かったことと、取扱仮想通貨が多いためにホワイトリスト入りするかどうかの審査が長引いているとみられています。

9月29日の金融庁の発表について詳しくはこちら↓

金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表/16社がリスト入り、16社が審査中
10月1日の日本の取引所登録制度の施行を前にして、金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表しました。ビットフライヤー、SBI、Zaif等はリスト入りしましたが、コインチェックは未だリスト入りしていません。

改正資金決済法(仮想通貨法)とは

改正資金決済法(仮想通貨法)とは、「資金決済に関する法律」の第三章の二「仮想通貨」が追加された条文を示します。

また、仮想通貨交換業に係る各種政令等(仮想通貨交換業者に関する内閣府令、犯罪による収益の移転防止に関する法律施行令等)も公布されました。

2017年7月1日には、「消費税法施行令の一部を改正する政令」によって仮想通貨取引への消費税が非課税になりました。

そして2017年4月から、改正資金決済法(仮想通貨法)が施行されたことにより、ビットコイン等の仮想通貨の法的な位置付けが確立されました。

半年間の猶予、つまり2017年10月までに取引所は登録制になり、登録されていない事業者は仮想通貨交換業が出来なくなります。

但し、9月中に登録申請書を出した場合は、更に2ヶ月間の猶予が与えられるようです。

まとめ

承認されなかった通貨は日本円からの資金流入が大幅に下がってしまうでしょう。

違法物が売買されているダークサイト等でも扱われるモネロ(Monero)、その他のダッシュ(DASH)、ゼットキャッシュ(ZCash)といった世界でも取引量が多い匿名性通貨のホワイトリスト入りについては、他の通貨よりも難しい審査となるであろうことが予想されています。

ただし、ホワイトリストによって仮想通貨取引の信頼性が上がることは間違いないです。

これによって仮想通貨による決済を導入する企業の増加等のニュースが出てくると、仮想通貨業界の更なる発展も見込まれます。

CoinPostでは今後も金融庁の発表やホワイトリスト入り通貨について等様々な情報を、ホームページでの記事やTwitterにて情報発信致します。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア