CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 ネム(XEM)とは|今後の将来性とおすすめ取引所

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本が多く関わる仮想通貨
開発者に日本人がいたり、日本の取引所社長理事に選出されたりと日本でニュースになる機会の多い通貨です。
富の再分配を目的としたPOI(Proof-of-importance)
NEMは電力をあまり消費せず、よりセキュリティの高いものとなっています。また、NEMでは全ての人に平等に利益を得る機会を与えているので富の再分配と呼ばれています。
通貨コード XEM
取引開始日 2015年3月31日
承認アルゴリズム Proof-of-importance
発行上限 8,999,999,999XEM
現在の流通量 8,999,999,999XEM
ブロック生成サイクル 約1分
ブロックチェーンURL http://chain.nem.ninja/#/blocks/0

歴史

2014年1月19日、「bitcointalk.org」のフォーラムにて「utopianfuture」というハンドルネームの人物により企画が持ち上がり、2015年3月31日に公開されました。当初は開発チームの1人に日本人がいたことで国内知名度を上げたようです。

発行量は8,999,999,999XEMで、約1,600人の投資家に均等に分けられたのが始まりです。

特徴

NEMはビットコイン2.0の一つで、もともと「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略称でした。金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨のプロジェクトです。イーサリアム同様にプロジェクト名が仮想通貨の名前としても定着してます。

POI(Proof-of-importance)とは

NEMの大きな特徴は、仕組みとして採用されているPOI(Proof-of-importance)です。

POIとは、簡単に言えば、NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというものです。

保有している資産額に限らず、取引額、また取引を行なった相手にも依存し、NEMネットワークに積極的に参加する人間に報酬を与えています。この仕組みが優れているのは、富の再分配の点です。NEMのネットワークに貢献した人は誰でも基軸通貨であるXEMを手に入れることができます。誰でも平等に機会を与えているのです。主な目的は、「世間一般の人」に力を与えることなのです。

ちなみに、POIでのマイニングはハーベスティングと呼ばれています。

ハーベスティング マイニング
POI POW POS
通貨例 ネム ビットコイン リスク
重要視 ネットワーク貢献度
(総合判断)
計算能力 通貨保有量
解説 通貨保有量に限らず、取引量等も参照して報酬が計算されます。 コンピュータの計算能力を評価して報酬が計算されます。 その通貨をどれだけ保有しているか、という基準で報酬が計算されます。

セキュリティ重視のネットワークシステム

もう一つの特徴はセキュリティ重視のシステムです。P2Pネットワークを運用する各ノードに「EigenTrust++」という評価システムを導入し、ノードの質を評価することにより、悪意をもったノードがネットワークに参加しにくくなっている点のほか、アドレス情報等を保管するクライアント(ウォレット機能を含む, NCCと呼ばれる)をNEMネットワークに接続するサーバー(ノード、NISと呼ばれる)と分離することにより、ウォレットの安全性を高めている点、プロトコルレベルでマルチシグの技術を実装している点などがあげられます。

NEMの広がり

NEMのコミュニティ2016年12月に国際的な親組織とするべく、シンガポールに保証有限責任会社である「NEM.io Foundation Ltd(NEM財団)」を設立し、各国や地域に支部を作っていくことになりました。日本のテックビューロ社のCEO朝山氏も2017年6月に正式に理事(評議会員)に就任しています。

日本の取引所Zaifの運営会社「テックビューロ」が開発するプライベートブロックチェーン「mijin」はNEMの技術をもとにしており、2015年12月に野村総合研究所と住信SBIネット銀行がブロックチェーンの実証実験にあたりmijinを採用することが発表されるなど注目を高めています。

独自トークンの発行

NEMにはあなた独自のトークン(通貨/コイン/カード/アセットと表現はどれでもOK)を発行する機能があります。それがネームスペースとモザイク(namespace:mosaic)です。

NEMの通貨はXEM(ゼム)として流通していますが、これもその関係にあってnemがネームスペース、そのモザイクがxem(nem:xem)となってます。

Mosaicの設定では、そのMosaicの送信ごとにNEMネットワーク内の任意の(XEMを含む)Mosaicを「徴税」し、その「税金」をMosaicの発行者に送信する機能(levy)をつけたり、Mosaicの発行者とユーザーの間のみ送信を可能としユーザー同士の送信の制限(transferability)をかけたりすることも可能となっています。

「アポスティーユ(Apostille)」とは何か?

世界初の所有権が移転可能な証明書発行ツール「アポスティーユ」をNanowalletで実装されています。そのシステムは任意のファイルをブラウザにドラッグ&ドロップして一意の文字列(ハッシュ)を自動生成し、NEMあるいはmijinのブロックチェーン上に記録するものです。

例えば、通常であれば役所に書類を提出して証明書を発行してもらいますが、アポスティーユであれば即座にブロックチェーン上で保護された証明書を発行することが出来ます。



その際、ブロックチェーン上で自動で新しいアドレス(アカウント)を作り、署名済みファイルと秘密鍵が記載された証明書画像を含んだ圧縮ファイルが生成されます。署名されたファイルはブラウザにドラッグ&ドロップするだけでブロックチェーン上の証明書が確認でき、権利を自由に譲渡可能で、第三者を介することない様々な公証や登記ツールとしての利用が可能となります。

主な用途として考えられるのは、土地や宝石などのあらゆる所有権の登記、議事録や契約書などのタイムスタンプ記録、売り上げデータや会計データなど、後に監査が必要となる情報の記録で使われるでしょう。

Catapult(カタパルト)の実装

Catapult(カタパルト)は超高性能ブロックチェーンと言われています。一般的なクラウドサーバー上で秒間3,000トランザクション以上を実現可能です。2017年夏までには実装されるのではないかと言われています。

XEMを取り扱う国内取引所

国内の仮想通貨(暗号資産)取引所では、Zaif、コインチェック、GMOコインなど、7取引所がXEMを取り扱っています。

関連:人気通貨別の仮想通貨取引所おすすめランキング|ビットコイン、リップル、イーサリアム

ウォレット

  1. Nano Wallet(デスクトップ版)
  2. NEMとmijinとの両方で使用できるオープンソースとして公開されたマルチプラットフォームのウォレットアプリケーションです。今後はこのナノが主流ウォレットになると思われます。ハーベスティングは委任ハーベスティングのみ可能です。

  3. NCC(ブラウザ版)
  4. NCCというのはXEMの基本的なウォレット。ブラウザで動くタイプのもので、ハーベスティングもNCCを使って行います。ローカルハーベスティングに参加してXEMを収穫するには、PCを起動し、ブラウザを立ち上げ、NCCを起動して、ハーベスティングを開始、あとは放置しておけばOKです。委任ハーベスティングも可能です。

  5. モバイルウォレット(スマホ版)
  6. 2017年4月よりiOS版のネムウォレットアプリがリリースされました。送金や入金がラインのトークのように表示されます。

ハーベスティング

ビットコインなどでいうマイニングはNEMでは「ハーベスティング」と呼ばれています。前述したPOI(Proof-of-importance)のシステムであり、マイニングなどで起こる資金力による採掘量の偏りが出ることがないように設計されています。

アカウントにはインポータンス(重要度)というPoIスコアが付けられるようになっており、保有しているXEMの残高も重要ですが、それだけではなくPoIスコアが高いほどハーベストに成功して報酬が得られる確率が高くなるように作られています。例えば、PoIスコアを上昇させるには1回に1000XEM以上の送信が必要で、それを同じアドレス宛に何度も繰り返しすなどの不正を行っても意味がないようにも設計されています。

ハーベスティングの種類

ハーベスティングには、PCを立ち上げたままで行うローカルハーベスティングと、PCの電源を落としてもよい委任(デリゲート)型のハーベスティングがあります。委任とはスーパーノードと呼ばれる任意の上位ノードにハーベスティングを委任することでハーベスト報酬を得られるものです。

ハーベスティングをするには1万XEM以上の残高が必要で、さらに日を追うごとに少しづつ上昇していく「既得バランス」が1万XEMを超えてからようやくハーベスティングに参加できる資格を得ます。

スーパーノードとは

スーパーノード(SN)とは、通常ノードの上位版と思ってください。スーパーノードはNEMネットワークの中核を担うノードでもあり、例えば委任ハーベストの委任を受ける側になる存在であることから、運用者はセキュリティ面を含め監視・管理する意識があるべき存在だと思われます。

スーパーノードになるには条件があります。

テスト項目 要求
帯域幅 5,000kbps 以上
チェーンの高さ 同期されている事
チェーン部分 正確なチェーンの一部50ブロックをアップロード
計算速度 2,000hash/s 以上
保証金 3,000,000XEM 以上
NISのバージョン 最新
Ping 200ms 以下
応答性 連続10回のブロックチェーンの高さに応答

上記の要件を全て満たしていれば、無作為に報酬が与えられます。報酬は、Nemesis Block(最初のブロック)の中に存在する資金から「70,000 XEM/日」をスーパーノードの数で均等に配分した分が報酬として支払われます。

まとめ

NEMは数ある仮想通貨の中でも、何かと日本にゆかりのある通貨のため、日本人にも人気の仮想通貨です。

またPoI(Proof-of-importance)というシステムのため資金力による偏りを防ぐ設計になっているので、誰もが平等に利益を得られるという考え方は、他の仮想通貨にはない思想だと言えます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア