日本取引所のQUOINEがICO実施/Bitfinexとの提携も決定

日本取引所のQUOINEがICO実施を発表
仮想通貨QASH(キャッシュ)を発行することで、取引所QUOINEXでの流動性確保、また仮想通貨取引プラットホームLIQUIDの開発資金獲得を目指しています。
世界最大級の仮想通貨取引所であるBitfinexとの提携が決定
仮想通貨取引プラットホームの「LIQUID」の開発をサポートするとのことです。まずはICOが完了した時点でQASH(キャッシュ)を上場させることで「LIQUID」の開発を支援する予定です。
金融庁が登録した仮想通貨交換業者が行う初のICO
世界各国でICOの禁止やある程度の制限が発表され、日本の動向にも注目が集まっている中、金融庁によって登録済の仮想通貨交換業者がICOを行うということで話題になっています。

2017年10月3日、仮想通貨取引所QUOINEXの運営元である株式会社QUOINEが、シンガポールの子会社であるQUOINE Pte LtdにてICOを行うことを発表しました。

このICOの目的として、QUOINEXでの流動性確保、また仮想通貨取引プラットホームの「LIQUID」を開発するための資金獲得が挙げられています。

また、中央集権型取引所が主流である現状では国ごとにそれぞれ仮想通貨取引の流通がある程度分断されてしまっていますが、仮想通貨取引プラットホーム「LIQUID」は、国の垣根を超えたボーダーレスな仮想通貨取引を実現する目標を持っています。

ICOではQASH(キャッシュ)という仮想通貨が発行され、2017年11月6日0時(シンガポール時間)より1 QASH = 0.001 ETHで売り出される予定です。

詐欺被害防止のために、QUOINEの取引プラットホームQRYPTOSによってICOが行われるとのことです。

また、今回のICOは海外投資家向けのものとなっていますが、金融庁からQASHのホワイトリスト認可が下り次第、日本でも販売開始されるそうです。

仮想通貨 ホワイトリストとは/国内取引所で取引可能な仮想通貨一覧
仮想通貨のホワイトリストとは、金融庁によって登録業者の取り扱う仮想通貨が公表されない限り、国内取引所でそれ以外の仮想通貨を手に入れることが出来なくなる事から作られた言葉です。ビットコインやイーサリアム、リップルやネム等の通貨がホワイトリスト入りしました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

QASH(キャッシュ)について

イーサリアムプラットフォーム上のERC20トークンの一つであるQASHは、金融サービスにおいて広く普及することを目指しています。

特徴として、QASHは他人が提供する他のサービスに支払う仮想通貨としても使用可能としています。

この機能と、プラットホームLIQUIDを介することで世界の仮想通貨取引の流動性を高めるという役割があります。

また、2019年第2四半期よりQUOINEは独自のブロックチェーンを構築する予定としています。

Bitfinexとの提携について

10月16日には、世界最大級の仮想通貨取引所であるBitfinexとの提携が発表されました。

世界的な取引プラットフォームであるLiquidを通じて、その目標である仮想通貨の国際的な流動性の確保を実現するため、開発をサポートします。

世界第一位の取引量を誇る仮想通貨取引所のBitfinexのサポートを受けることで、Liquidの国の垣根を超えたボーダーレスな仮想通貨取引という目標は実現性が高まったと言えるでしょう。

さらにBitfinexはICOが完了した時点でQASHを上場する予定である、としています。

まずはこの上場を通じて、仮想通貨取引プラットホームの「LIQUID」の開発をサポートする予定とのことです。

Announcing the Bitfinex & QUOINE Partnership

Oct 16,2017 by Bitfinex

参考記事はこちらから

金融庁が登録した仮想通貨交換業者が行う初のICO

株式会社QUOINEは、2017年9月29日に金融庁が発表した「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されています。

金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表/16社がリスト入り、16社が審査中
10月1日の日本の取引所登録制度の施行を前にして、金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表しました。ビットフライヤー、SBI、Zaif等はリスト入りしましたが、コインチェックは未だリスト入りしていません。

現在QUOINEが金融庁によって認可された取り扱い通貨、所謂ホワイトリスト入りの通貨はBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)だけとなっています。

登録事業者が行う初のICOであるため、金融庁が今回のICO通貨であるQASH(キャッシュ)をどう判断するのかが問題です。

世界各国がICOの禁止やある程度の制限の意向を示し始めていますが、現在の日本の法律はICOを想定されていない、という意見が多いです。

というのも、改正資金決済法が成立したのは2016年5月であり、この法案作成時には今のようにICO人気が過熱状態ではなかったのです。

つまり、今後の日本のICOに対する姿勢次第でQASH(キャッシュ)が日本で扱えるかどうかが決まります。

CoinPostでは今後も各国のICO情勢や、日本での仮想通貨の立ち位置についての情報等、記事やTwitterにて発信します。是非チェックしてみて下さい。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設・登録方法を徹底解説!!
目次 QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは ...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用