ビットコイン・仮想通貨の立ち位置が今後5年間で変わる|米著名VC投資家Draper氏

Tim Draper氏、5年以内法定通貨は時代遅れへ
ビットコイン・ブルと呼ばれる米著名VC投資家Tim Draper氏は、ビットコインの立ち位置が今後5年間で変化すると強気な発言を展開。自身の保有量に関する問いにも答えた。

Tim Draper氏、5年以内法定通貨は時代遅れへ

ビットコインなどの仮想通貨へ数百万ドル規模で投資していることで知られる米著名ベンチャー資本家Tim Draper(ドレーパー氏)は18日、米番組「FOXビジネス」へ出演し、先日JPモルガンが発表した米ドルペッグのステーブルコインJPMコインや、ビットコインの将来性などについて、様々な意見を述べた。

JPMコインの詳しい内容はこちら

米大手銀行JPモルガンが独自仮想通貨を発行|ビットコイン懐疑的な見方の変化に期待の声
米国大手銀行JPモルガンは、米国のメガバンクで初となる独自仮想通貨の発行を行う。システムの詳細も明らかになり、利用対象者として挙げられたのは同行の大口顧客だ。

JPモルガンがプライベートブロックチェーン上で利用するJPMコインを発表したのち、仮想通貨業界の有識者やサポーターから「仮想通貨ではない」や「必要がない」などとの批判を浴びている中、Draper氏は、JPモルガンの動きは仮想通貨業界にとって「良いニュース」と見ている。

いわゆる『ビットコイン・キラー』のほとんどは、それほど市場の受けが良い訳ではないが、結局ビットコインへの関心度は再び高まることにつながる。

また、Draper氏は、JPモルガンの動きをウォール街の『先導者』と例えたほか、来たるビットコイン・仮想通貨の実用化を以下のように予言した。

ビットコインのライトニングネットワークが普及すれば、以前予想したように、5年以内、コーヒーなどを買う時に、USDのような法定通貨を使えば、おそらく店員さんに時代遅れと言われるだろう。

逆に犯罪者らはおそらく法定通貨を利用し続ける。ビットコインを使うと追跡ができてしまうからだ。

この発言は、以前クレイグ氏も行なっていたが、ウォレットなどの管理が政府の管理下に置かれた場合、逆にビットコインやブロックチェーンの取引状況の透明性は、大きな利点となり、犯罪者から利用される状況から180度変わるとみる意見だ。

時期としては5年間を目処に、仮想通貨の立ち位置が変わると見ているようだ。

また、銀行よりもビットコインの方が安全である理由についても言及した。

銀行は常にハッキング攻撃の対象とされているが、今までビットコインのブロックチェーンが攻撃されて、破れられたことはない。

よく人にいつビットコインを売るか聞かれるが、ビットコインを売るのは本末転倒だと考えている。未来のお金は現金・法定通貨社会でなく、グローバル通貨とした安全な仮想通貨だと信じている。

最後に、番組の取材側に今どれほどビットコインを所有しているかと聞かれ、Draper氏は、「結構持っている」と、自身の保有量を明かした。

『ビットコイン・ブル』と呼ばれている強気なDraper氏は昨年11月、2022年までにビットコインは25万ドル(約2700万円)となる予想をしている。

進むビットコインの決済普及

Draper氏の言うように、ビットコインやその他仮想通貨が5年間で現金に取って代わるかどうかは現段階では判明できないが、先日、世界における仮想通貨の決済店舗をマッピングする「Coinmap 」の調査によれば、ビットコイン決済を取り扱うビジネスは、2014年〜2019年までの5年間で、571%増えていることを明かした。

以下2014年・2019年それぞれのCoinmapのデータである。

出典:coinmap

出典:coinmap

また著名サイバーセキュリティ企業Kaspersky Labsのリサーチによれば、世界において13%の消費者がオンライン決済で仮想通貨を使用した経験があることも明らかになった。

以下、消費者のオンライン決済の人気度を統計した「Kaspersky Labs」のデータである。

出典:Kaspersky

デビット・クレジットカードが圧倒的な81%となっているが、クレジットカードやPayPalもある中、13%という仮想通貨の決済割合は決して無視できず、調査を主導したVitaly Mzokov氏は、「仮想通貨が近い将来オンライン決済で不可欠な要素となる可能性は十分ある」とも見ている。

このように、Draperが描くビットコイン・仮想通貨エコシステムの実現に注目したいところだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

機関向け大手投資コンサル企業、仮想通貨市場への関心や調査の重要性を語る
ビットコインの歴史的サイクルから見て、2019年の仮想通貨市場は「開発の年」だと仮想通貨のトークンセールプラットフォームCoinListの代表が発言。大手投資コンサルティング企業Cambridge Associates社なども、長期的にみて現在、仮想通貨市場の調査を行なっておく必要がある点を強調した。
ビットコイン決済取扱店、過去5年間で571%増|着実に進む「仮想通貨」の実用化
ビットコイン決済取扱店は、2014年から2019年の5年間で571%の増加。また、仮想通貨でのオンライン決済も増加傾向にあるという。仮想通貨の実用化が着実に進んでいることがデータから明らかになった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら