CoinPostで今最も読まれています

ハードフォークで誕生した「ビットコインSV」の急騰理由と、バイナンスコインの急落理由|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場

●好材料が出たリップルが高騰するも、ビットコインの反発は限定的

●バイナンスコインがトークンセール時に急落した背景

●ビットコインSVは一時+20%急騰した理由

金融市場と仮想通貨

2019年2月26日(火)の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均 BTC価格
2/20(水) 25,891ドル(+8) 21,431円(+128) 43.5万円
2/21(木) 25,954ドル(+63) 21,460円(+20) 43.4万円
2/22(金) 25,850ドル(-103) 21,425円(-38) 43.4万円
2/25(月) 26,031ドル(+181) 21,528円(+102) 41.8万円
2/26(火) 26,091ドル(+60) 21,449円(-78) 41.9万円

本日の東京株式市場は、買い一巡後に反落。

米中通商交渉の進展期待で買われていたが、世界経済減速への払拭はできておらず、上値が重い。

全米企業エコノミスト協会(NABE)の最新調査では、米エコノミストの8割が、米経済は2021年までにリセッション(景気後退)入りすると予想している。

仮想通貨関連銘柄には特に動きはなかったが、リミックスが3.76%安で続落し、4連続陰線を付けている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

BTC価格は、24日に大暴落した後は、警戒感が台頭し、膠着状態に陥っている。BFの異常に長い下ヒゲは、フラッシュクラッシュからサーキットブレイクの痕跡であり、かなりイレギュラーなものであるため、その点留意したい。

本日朝にコインベース上場の好材料の出たXRP価格が急騰するも、BTCの上げ幅は限定的に留まった。

仮想通貨XRP(リップル)のコインベース上場が実現した背景と理由|仮想通貨リサーチ企業Diarが考察
仮想通貨リサーチ会社Diarは、本日CoinbaseがXRPを上場させた発表を受け、その背景と理由を考察している。

現時点では、41.3万円(fib0.5)、100MAのラインが意識されているようにも見受けられるが、現在の相場は”安全弁”が外れているような状況なので、慢心は禁物だ。

15分足で拡大してみると、以下のようになる。

急落後のリバウンドを経て、上昇チャネルの中で推移しているようにも見て取れる。その場合、チャネル上限はbf価格で「43.5万円(3900ドル)」付近(青四角)となる。強く上抜ければ”逆シンプソン”による逆襲が成立する可能性もあるものの、一旦は短期筋の利確売りが入りやすいゾーンと言え、ショートを狙う場合は、プライスアクションや板を確認しつつ、このラインを背に指値入れるのも一つの選択肢になりそうだ。

いずれにせよ、証拠金に対するロット調整と、売り・買いに対する逆指値(浅め推奨)のセットはマストで入れるようにしたい。発注から利益確定・損切りまで「自動」で行える「IFD-OCO注文」を活用するといいだろう。

仮想通貨BNB、トークンセール時に急落

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは25日、独自のトークンセールプラットフォームにて第二弾となる「FET」の販売を行い、わずか11分14秒での完売を記録した。

バイナンスのCZ氏はセールが始まって30分後に、FETトークンを求めるユーザー規模と実際FETトークンを買えた投資家のデータを報告し、システム上では、22秒でトークンの完売が終わったことを明かした。

データを見れば、19,860人がトークンの購入注文を入れたものの、実際のところ、2,758人(約14%)しか購入することはできなかったという。

当時、トークンセールの開始し10秒足らずですでに注文が行き詰まり、処理さが滞るような状況が報告されている。

23時〜24時、BNBの価格は急落へ転じたが、この急落要因は、FETを購入できなかったユーザーが、大量売却し始めたたことが原因との見方もある。

チャートが示すように、BNB/USDTで、10.7498ドル→9.5475ドル、9.62%安となった。

出典:binance.com

仮想通貨ビットコインSV、一時+20%の高騰

リトアニアの仮想通貨企業CoinGate社は、日本時間25日、ビットコインSVを取扱通貨として加えることを発表した。

CoinGate社は、世界中で4500以上の店舗での決済をサポートしているほか、取引なども提供しており、ビットコインやイーサリアム、XRPなどを筆頭に50以上の銘柄に対応している。

今回CoinGate社を通じて仮想通貨ビットコインSVに対する実需が高まったことから、前日比で一時22%の高騰を記録した。

出典:CoinMarketCap

また仮想通貨BSVは前週比で比較しても、上位銘柄の中で最も高い約16%の上昇を見せている。

出典:CoinMarketCap

CoinPostの関連記事

ビットコイン大暴落で「サーキットブレイカー」発動、下落要因と共に振り返る異常事態|仮想通貨市況
仮想通貨ビットコイン価格が、bitFlyerで最大10万円幅の大暴落。フラッシュクラッシュで100億円規模のロスカットが発生し、サーキットブレイクが発動するなどした異常事態。イーサリアムやリップルを含め、仮想通貨市場の下落要因を探る。
ビットコイン有名トレーダーが解説、大衆が意識する重要ポイント|青ハチミツダルマ対談【後編】
インタビュー後編では、「大口の動向を監視するために整えた」というトレーディング環境を特別に公開。初心者が上達するために必要なことについて、重要な点を語って頂いた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名を突破しました。

▶️本日の速報をチェック

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/30 木曜日
06:05
ロビンフッド、欧州で仮想通貨JUPとW新規上場
米大手仮想通貨・株投資アプリ ロビンフッド・マーケッツは29日、ヨーロッパの顧客向けに2つの仮想通貨銘柄の新規上場を発表した。
05:55
PayPalステーブルコインPYUSD、ソラナでローンチ
ペイパルのPayPal USDはソラナで利用可能になった。ペイパルの信頼できるステーブルコイン製品にソラナネットワークのスピーディーな最終処理と低コストがもたらされ、ユーザーや開発者は数秒で決済される低コストの支払いを体験できるようになる。
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。
13:57
米フォーブス誌、最も信頼できる世界の仮想通貨取引所トップ20を発表
米フォーブズ誌は、独自の基準で評価した「世界で最も信頼できる仮想通貨取引所とマーケットプレイス」の結果を発表。対象となった646社の中から最終的に20社が選ばれたが、日本の取引所4社もランクインした。
12:45
ザ・サンドボックス、DAOを立ち上げ メタバース運営を分散化へ
メタバースゲームThe Sandboxは自律分散型組織の立ち上げを発表した。今後は段階的にコミュニティによるDAOが運営していくことになる。
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア