CoinPostで今最も読まれています

125年の歴史を持つスイス大手銀行が仮想通貨業界参入を表明 ビットコインなどを持続性のある資産クラスと評価

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

スイス大手銀行。仮想通貨カストディなど提供へ
スイスの大手銀行であるジュリアス・ベアが仮想通貨カストディや資産運用などのサービスを提供するSEBA社に出資し、提携を結んだことを発表した。SEBAは昨年6月、スイスFINMAにライセンスの取得を申請しているため、認可されれば規制に準じた機関投資家向けのカストディ事業者誕生となる見込みだ。

スイス銀行、カストディなど仮想通貨関連事業開始へ

スイスの大手銀行ジュリアス・ベアは26日、仮想通貨企業SEBAに出資し、カストディや資産運用など仮想通貨関連事業を提供していく方針を発表した。SEBAへの出資を通して、仮想通貨業界へ進出する。

ジュリアス・ベアは、100年以上に渡り資産運用を行っているプライベートバンクで、スイス3大プライベートバンクの一つとして有名である。

プライベートバンクとは

少数の個人銀行家が経営に無限責任を負うスイスから発祥した銀行運営体制の一種。主に世界の富裕層などを対象に資産運用などのサービスを提供する。

今回仮想通貨のカストディ事業を行う為、スイスの金融市場監査局(FINMA)に申請をしているSEBA社の買収を通して仮想通貨事業を機関投資家などを対象に提供していく方針だ。

世界の富裕層などの資産運用や管理で定評があり、なおかつ仮想通貨に対して友好的な規制方針を掲げているスイスにおいて、機関投資家を対象にした仮想通貨事業が発展することは注目したいところである。

同行の仮想通貨事業展開のニュースは2019年、フィデリティやナスダック、Bakkt(ICE)に次ぐレベルの大口プレイヤーの参入を意味するものだと海外仮想通貨メディアCCNのJoseph Young氏は説明した。

今回ジュリアス・ベアと提携を結んだ仮想通貨企業SEBAはカストディなど、以下のようなサービスを提供している。

  • 仮想通貨、又は法定通貨建ての口座向けのトランザクション・バンキングサービス
  • 軍事レベルのセキュリティで仮想通貨を保管するカストディサービス
  • 仮想通貨、又は法定通貨建ての口座向けの取引・流動性管理サービス
  • 仮想通貨、又は伝統的株式商品の資産管理サービス
  • 仮想通貨企業向けのサービス全般(ICOコンサル、トークンデザイン、リスク管理)

またSEBAのホームページによると第一四半期(海外の第2四半期)にはサービス提供の開始、第二四半期(海外の第三四半期)には独自のICOセールの実施をロードマップ内では予定している。

出典:seba.swiss/

出典:seba.swiss/

さらにSEBAは昨年6月、スイスの金融市場監査局(FINMA)にライセンスの登録申請を行っていたため、今後、登録が認可されることが見込まれている。

今回の提携発表に関して、ジュリアス・ベアーのマーケット責任者であるPeter Gerlach氏は以下のように言及した。

ジュリアス・ベアーではデジタルアセット(仮想通貨)は今後、投資家のポートフォリオに含まれていく持続性のある資産クラスであると確信している。

SEBAへの投資と強固なパートナーシップは、我々が仮想通貨の分野において、顧客に価値を与えるイノベーションを切り開いていく姿勢の表れだ。

欧州で高まる仮想通貨への関心

またSEBA社が昨年9月に100万フラン(約1.1億円)の資金調達に成功した際、同社の会長であるAndreas Amschwand氏は以下のように述べ、スイス国内外からの規制に準じた仮想通貨事業の需要が高いことを説明した。

スイスでは各規制機関が連携して、ブロックチェーン技術の開発と仮想通貨の持続的で安定した成長を可能にするための規制環境の確立に向けてコミットしている。

スイスは以前から仮想通貨やブロックチェーンに関する規制において世界を牽引している国家で、ツークなど国内の一部地域ではブロックチェーン技術を活用した投票システムなども採用していた。

そのようなスイスで、今回大手金融機関や機関投資家、また世界の富裕層を対象としたカストディサービスがローンチされることは米国以外からも仮想通貨に将来性を見出す企業が現れていることを強調している。

また、eToroのシニア・マーケットアナリストであるMati Greenspan氏は、機関投資家からの仮想通貨に対する関心が高まっていると、CCNに対して以下のようにコメントを残した。

過去数週間で、仮想通貨市場への機関投資家の参加が大きく上昇している。

大手プレイヤーが弱気相場の終わりが近づいていることに気付き、次の上昇相場を前に独自のインフラ整備に乗り出しているとも捉えることが可能だ。

先月には大手金融機関であるフィデリティ社が3月前後に仮想通貨事業の開始を行っていく方針を明らかにしていたほか、先週にはJPモルガンが独自の仮想通貨「JPMコイン」を発表したことが話題となり、ビットコイン価格も一時4000ドルのラインを突破していた。

今回のように欧州スイスからも機関投資家を対象としたサービスに向けた動きがあったことは、Greenspan氏が述べる通り、次の上昇相場に向けた重要なプロセスの一つだと言える。

また最近では、スイスの隣国リヒテンシュタインの銀行がBank Frickも機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームを提供していく方針を発表するなど、欧州から機関投資家向けの仮想通貨サービスが整ってきている。今後も仮想通貨業界のさらなる発展に注目していきたい。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

欧州でビットコイン事業展開を行う銀行、機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームを開始
仮想通貨に対して友好的な欧州リヒテンシュタインの銀行、Bank Frickが機関投資家を主に対象とした仮想通貨取引プラットフォームDLT Marketsを提供することを発表した。
ゴールドマン・サックスも出資する機関投資家向けカストディ企業が「仮想通貨保険」を開始|英ロイズとの提携で実現
ゴールドマン・サックスなどから出資を受けている機関投資家向けカストディ企業のBitGoが、英最大手保険企業ロイズを通じて、110億円相当の保険サービス提供を発表した。業界の信頼度向上つながる動きだと言える。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/29 水曜日
16:36
日銀黒田総裁、フィンサム2023の挨拶で「シン個人」のための決済システムに言及
日本銀行の黒田東彦総裁は、CBDCについて「今後実現していかなければならないし、実現していく」との見解を示した。具体的なCBDCの実装時期や手段について、あらゆる選択肢を準備しておくことが「中央銀行の責務」だと語った。
13:29
Lido、イーサリアム出金量管理にNFTを活用
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、仮想通貨イーサリアムの出金プロセスで、NFTを活用する計画を明らかにした。取得したNFTは転送できるため、ETHステーキング報酬の請求権が譲渡・売買可能になる。
13:26
大手取引所OKX、香港で仮想通貨ライセンス申請へ
大手仮想通貨取引所OKXは、香港での仮想通貨取引サービスの提供に向け、現地法人を設立し、仮想通貨サービスプロバイダーのライセンス申請を行う意向であると発表した。
12:51
ビットコイン相場に市場の迷い、バイナンス訴訟の影響懸念も
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインが反発するも米株指数とともに方向感に欠ける展開。CFTC(米商品先物取引委員会)によるバイナンス提訴の影響については、流動性低下など強い懸念を示す有識者もいる。
12:25
「ブロックチェーンファミ通」発行へ、Oasysと『ファミ通』が共同制作
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ゲーム雑誌『ファミ通』との提携により、ブロックチェーンゲームに特化した『ブロックチェーンファミ通』を発行したことを発表した。
11:45
Optimismロールアップを提供するConduit、9億円調達
仮想通貨関連スタートアップConduitは、Paradigmが主導するシードラウンドで、約9億円を調達したと発表。イーサリアムL2「Optimism」のロールアップソリューションを提供する。
10:30
G7、仮想通貨の規制強化を議論か=報道
G7は、5月中旬の財務相・中央銀行総裁会議に向けて、仮想通貨セクターの規制強化についての議論を進める構えだと伝えられる。背景にはFTX破綻やSVBなどの事業閉鎖がある。
10:00
米CFTC「バイナンスの提訴には自信がある」
米CFTCの委員長は、CNBCのSquawk Boxに出演し、仮想通貨取引所バイナンスに対する訴訟について語った。今回の提訴には自信があると話している。
09:00
「GM Radio」 次回はビットコインのインフラ企業「Voltage」が参加
グローバル版CoinPostによる第17回GM Radioは、3月31日の10:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストに仮想通貨ビットコインのインフラ企業Voltageを招待する。
08:00
ディズニー、メタバース部門を解体
米ディズニーは、メタバース構想を進める部門を解体したことがわかった。メタバース部門は約50名で構成されており、今回の解体は広範な事業再編の一環として実施されている。
07:20
米株市場の方向感乏しい、今週はPCEコア・デフレーターなど控え|29日
本日の株式市場は今週の米GDPや個人消費支出のデータ発表を控えており方向感が乏しかっか。NYダウは小幅安となり−37.83ドルで取引を終えた。ナスダックはIT・テック株の売り優勢で続落した。
03/28 火曜日
17:09
仕組み債発行のDeFi「Cega」、イーサリアム展開へ
仕組債のスマートコントラクト化に取り組むCega Genesis Corporationは、約7億円の追加調達が完了したことを発表した。Cegaは来週にもイーサリアムへの展開を開始し、レバレッジド・オプションを含む新たな製品ラインナップの拡大を加速する。
14:26
パリ「バーガーキング」、仮想通貨決済対応の充電端末を設置
パリの「バーガーキング」が仮想通貨決済を受け入れる電子機器充電端末「Instpower」を店舗に設置したことが明らかになった。Instpowerは大手仮想通貨取引所バイナンスのBinance Payで使用できる。
12:41
アリババクラウド、渋谷にゲーム開発者向け「ブロックチェーン・ラボ」新設へ
アリババグループ傘下のアリババクラウドは、Web3時代に向け日本のゲーム開発者支援のため、東京渋谷にブロックチェーン・ラボを立ち上げると発表した。ゲーム・VRコンテンツ開発会社のSkeleton Crew Studioと提携し、4月に開設する予定。
12:35
三菱UFJ信託銀行ら、国内発行ステーブルコインの相互運用に備えた技術連携を開始
ステーブルコインの相互運用 三菱UFJ信託銀行株式会社は28日、国内で発行が予定される多様なステーブルコイン間の滑らかな相互移転・交換の実現に向け、株式会社Datachainと…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア