CoinPostで今最も読まれています

北朝鮮の反体制派、金政権打倒に仮想通貨で資金調達 自由朝鮮訪問ビザをブロックチェーンで発行へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

自由朝鮮訪問用ブロックチェーンビザ、販売開始
北朝鮮の革命派反体制組織が、24日日曜日から組織の占領地を訪問するための20万枚の「ブロックチェーンビザ」を発行を開始する。それらは、仮想通貨イーサリアムで購入可能である。

北朝鮮の反体制派、金正恩氏打倒に仮想通貨イーサリアムを利用

北朝鮮の「千里馬(チョルリマ)民間防衛」と呼ばれる革命派反体制組織が、24日日曜日から自由朝鮮を訪問するための20万枚の「匿名ブロックチェーン入国ビザ」を発行し、それらを仮想通貨イーサリアムを利用して販売する予定であることを明かした。同組織は、金正恩氏と北朝鮮政府の打倒を目標に積極的に活動を行っている。

販売開始予定であるブロックチェーンビザは「Gビザ」と呼ばれ、Gは創始を意味する「Genesis」を表している。ビザを持つ者は、北朝鮮の「Free Joseon」というチョリルマの占領地に訪問することができ、一回あたり45日間滞在可能である。

これらのビザはERC-20規格の変種であるERC-721を使用して発行される。

ERC-721は、スマートコントラクト内で代替可能不可能なトークンを扱えるため、Ethereumの有用性を大幅に向上させた。しかし、反体制派国へのビザとして利用されることが、実世界での最初のユースケースになるとは誰もが予想しなかったであろう。

コントラクトアドレスは 0x9044c1f34f29d19558c11662cb2de79f858347d9

既に7件のGビザが発行されているが、日曜日まで公式に売買はできない。

30億円分のイーサリアム収入を目指す

Gビザの販売価格は、最初の1000件は1ETH(約1万5千円)である。その以降の価格はまだ明確にされていないが、発行されたブロックチェーンビザは全てブロックチェーンを利用して配布される。 同反体制組織は、価格が変更されなければ、今回発行予定の20万件のGビザの売却で27億ドル(約30億円)分のイーサリアムでの収入が見込まれているという。

また、組織のウェブサイトによれば、ビザは一人何枚でも購入可能で、自由に交換そして二次販売することが許可されている。更に、自由朝鮮でビジネスを立ち上げなどの商業活動を行いたいものには、専用のビザも申請があれば発行する。

更に同組織は、ビザの発行と同時に、世界中の自由至上主義者にイーサリアムビットコインでの支援を求めている。

組織の活動や政権の状況から推察するに、現時点ではGビザの購入は賭けでしか無いため、組織の計画が失敗すれば、ビザは何の価値も持たなくなると見られている。

同反体制組織の詳しい内情は明らかになっていないが、イーサリアムとビットコインに対し友好的であることは間違いない。 自由主義な北朝鮮は世界の政治情勢に多大な影響を与えるはずだ。しかし、イーサリアム及びブロックチェーン技術がその実現に役立つのか。それは時間が教えてくれるはずである。

この前代未聞の仮想通貨の実用ケースを、全世界が注目している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

北朝鮮、日韓の仮想通貨取引所へハッキングで550億円相当を不正取得|国連報告の内容を日経新聞が報道
北朝鮮は、厳しい経済制裁を逃れるべく、外貨を取得するサイバー攻撃を強化、2017から18年にかけて、日本や韓国などアジア圏の仮想通貨取引所へサイバー攻撃を仕掛けていたことがわかった。約5億ドル(555億円相当)の被害がでているという。日経新聞がスクープとして報じた。
北朝鮮が裕福な個人を新たな仮想通貨ハッキングの対象に|仮想通貨取引所のセキュリティ強化が原因か
香港の有力紙、南華早報の報道では、北朝鮮政府は国際的経済制裁のため財源が束縛されている中、同国のサイバー犯罪者はセキュリティが強化される仮想通貨取引所や金融機関から高所得の個人投資家へと新たな攻撃標的として移している。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧