ビットコイン先物提供予定の仮想通貨企業Bakktの企業価値が早くも800億円以上に|CFTCはイノベーション賛成派

機関投資家向け企業Bakkt、企業価値は「800億円」と関係者語る
Bakktの企業査定結果は、米ウォール街の機関投資家などから仮想通貨に対する関心の高さも垣間見える。CFTCコミッショナーは「申請に全力で取り組んでいる」と述べたが、日程については言及を控えた。

仮想通貨市場注目のBakkt、停滞続く最新状況

仮想通貨市場の重要なファンダとして期待される「Bakkt」の企業査定(Post-money Evaluation)が、7.4億ドル(約820億)であることが海外メディア「The Block」で報道された。

機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームBakktのローンチは、昨年8月当初の発表から仮想通貨市場で大きな反響を呼んでいたが、開始予定日の延期が相次ぎ、現在も目処は立っていない。

主な理由として、米CFTC(商品先物取引委員会)への申請が、認定されていないことが挙げられている。

CFTCは、昨年末に認定の時期を1月24日前後と発表していたが、直後に米国第45代目のトランプ大統領が「政府閉鎖」を発令したことから、認可の見通しが不透明な状況となって現在に至る。

そんな中、Bakktに関する2つの注目ニュースが、関係者の話で明らかとなった。

  1. Bakktの企業価値、推定820億円以上か
  2. 米CFTCコミッショナーがBakkt認可について言及

Bakktの企業査定、総額820億円以上か

海外メディア「The Block」の報道によると、仮想通貨企業Bakktの資金調達後の企業査定が、すでに総額800億円を超えていることが関係筋により明らかとなった。

世界最大級のニューヨーク証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタル取引所)が設立した仮想通貨企業Bakktは昨年12月、シリーズAの資金調達ラウンドを完了し、1億8250万ドル(約202億円)の出資を集めることに成功している。

今回、Bakktの資金調達に詳しい関係者の話で、Bakktのポストマネーバリュエーションが、資金調達額の4倍以上に相当することが判明した格好だ。

ポストマネーバリュエーションとは

資金調達や新たな出資を受けた後の企業価値。投資を受ける前の「プレマネーバリュエーション」に出資額を加えた額。

スタートアップ情報サイトCrunchbaseによると、BakktのシリーズA資金調達ラウンドには香港で随一の企業家である李 嘉誠氏や、Galaxy Digital社、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)などを含む13の企業が参加していた。

肝心のプロダクトやサービスが非公開の時点で、すでに800億円以上の企業価値が見込まれていることは、米ウォール街の機関投資家などから仮想通貨に対する関心の高さも垣間見える。

米CFTCコミッショナー、Bakktの申請状況について言及

また、実際にBakktの最初のプロダクトとして予定されているBakktの現物決済のビットコイン先物取引だが、現在アメリカのCFTCの認可を待っている状態が続いている。

そのような中、米CFTCのコミッショナーDan Berkovitz氏が、海外の仮想通貨メディア「BLOCKTV」のインタビューに応じ、Bakktの申請状況などについてコメントを残した。

Berkovitz氏は、米CFTCが3人抱えるコミッショナーの一人で、CFTC公式サイトによると昨年9月に米トランプ大統領から任命されていた。

Berkovitz氏はBakktのビットコイン先物取引の申請について、以下のように述べた。

申請状況が具体的にどの程度進んでいるかは、立場上明らかに出来ないが、申請企業との対話は重要視している。

プロダクトを市場に出せるよう申請企業とは熱心に連携をとっている状況にはあるが、仮想通貨関連企業も一般企業同様に(CFTCの)基準を満たさなければならない。

それ(Bakkt)も含めて、我々に届いている全ての申請について全力で取り組んでいる最中だ。

SECと比較すると仮想通貨に対して前向きな姿勢を示す米政府機関「CFTC」のBerkovitz氏は、仮想通貨市場における規制の重要性を強調しながらも、技術のイノベーションを阻めない枠組みの必要であるとして、以下のように述べた。

機関投資家の視点からすれば、仮想通貨がいずれ株式などと並ぶ主流の資産クラスとなるために、まずは既存資産クラスと同様の規制システムが必要不可欠だ。

仮想通貨市場には、やはり機関投資家の参入がカギとなる。

…CFTCは、イノベーション賛成派だ。仮想通貨やブロックチェーンに対して否定的な姿勢は取っていない。

我々は、新たな技術を阻めようとしているのではなく、不正を行う犯罪者を捕らえようとしている。

Bakkt関連の最近のニュースでは、提携企業の一つであるスターバックス社が、仮想通貨での決済システムを導入を「最短18ヶ月以内で導入する」構想をもっていることが報道されていた。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

「ビットコインをスタバで」実現は2020年頃? 仮想通貨決済導入に向けて開発に着手か|The Blockが報道
世界中でコーヒーチェーン店を展開するスターバックスが、仮想通貨決済に係る開発を行なっているとする報道が、The Blockから行われた。最短で2020年までに仮想通貨決済導入を行う可能性があると、関係者筋の話で明らかにした。
BakktとErisX、正確な開始時期は未だ目処立たず 両CEOが仮想通貨市場への目標を語る
ビットコインの先物市場参入を目指すBakktとErisXのそれぞれ代表が、それぞれ二社の違いなどについて語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら