CoinPostで今最も読まれています

国際決済銀行GM「デジタル通貨発行は必要ない」|仮想通貨や新たなお金に関する考えも示す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国際決済銀行のゼネラルマネージャー、「デジタル法定通貨の必要性はない」
国際決済銀行のゼネラルマネージャーCarstens氏は22日、ダブリンでの講演で「CBDC(デジタル法定通貨)の必要性はない」と発言。それが既存の技術より優れて機能することが示されていない点や、中央銀行が金融システムの変革を迫られていない点などを要因として挙げた。
CBDCとは
「Central Bank Digital Currency」の略。中央銀行が現在発行している紙幣を中銀の管轄下、ブロックチェーン上で仮想通貨として発行するデジタル法定通貨。世界各国の政府関係者がその可能性に言及しているが、現状実現化には至っていない。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

国際決済銀行GM、「デジタル法定通貨の必要性はない」

国際決済銀行(BIS)のゼネラルマネージャーを務めるAgustín Carstens氏は22日、アイルランドの首都ダブリンに位置する同国中央銀行で講演を行い、中央銀行発行のデジタル法定通貨(CBDC)の必要性は無いことを強調した。

世間の技術的変化は著しいが、その中でも中央銀行はその金融システムの見直しを迫られているとはしないのがCarstens氏の考えである。

同氏は、そのような技術的変化に関連してビットコインにも言及し、以下のように述べた。

歴史を通じて技術的革新は、マネーの性質や支払いシステムを含めた金融システムを継続的に変化させてきた。ここ最近についても例外でない。

ビットコインやそれに類似したものへの熱狂は今は冷めているようだがイノベーションは続くだろう。

そして昨今の新たな流れは、膨大な量のイノベーションと、金融システムの構成要素がターゲットにされている事実だ。

歴史的に支払いシステムの変更はめったになく、お金の性質の変化となるとさらにまれになる。しかし今では、新たなマネーや支払い方法を生み出す試みが毎週のように行われている。

Carstens氏は、「フィンテックスタートアップのがむしゃらな精神は金融システムに害を与える信頼性の低い技術を解き放つ可能性がある」とも発言しており、そのようなマネーに関連した活発にイノベーションを生み出す動きを懐疑的に捉えている。

中央銀行発行のトークンについても、それはマネーに大きな影響を与えることから慎重な姿勢が必要であるとして以下のように発言した。

通貨システムは金融システムのバックボーンだ。大手術の前に、我々が試みていることの完全な結果を理解する必要がある。

そして同氏は、世界人口の80%をカバーし60の国を代表する中央銀行を調査したが、それらはデジタル法定通貨に対して魅力を感じていなかったと結論づけた。

短期あるいは中期的にCBDCを発行する可能性が高いと考えている中央銀行は非常に少数だ。それに伴う問題を考慮した結果、中央銀行はそこへは立ち入らないことを決定した。

また、Carsten氏は、中央銀行はその金融政策の実施方法の変化を強いられていないとしながら、新しいテクノロジーが既存のテクノロジーよりも優れて機能することは証明されていないと主張。それに対する社会的な必要性も不明確であるとした。

そしてキャッシュレスシステムについても講演中で言及。依然としてほとんどの国において”現金が王“(cash is king)であると位置付けながら、以下のように述べている。

消費者や小売業者が電子的手段を採用するにつれて、多くの国で現金の需要は大幅に減少した。

その顕著な例はデンマークとスウェーデンであり、そこでは店やレストランは現金を受け入れることにますます消極的だ。インスタントモバイル決済ソリューションは急速に成長しており、スウェーデンの最新の調査によるとモバイル決済は現金と同じ頻度で利用されているという。特に若者については、現金の2倍の頻度でモバイル決済を利用しているデータが出ている。

しかし、依然としてほとんどの国で現金には高い需要がある。

実際に、流通する現金の量は電子決済と並行してここ10年で増加している。短期的には現金の代替となるものを用意する必要はないだろう。

しかし、将来的に様々な物事の変化が起こり得ることを考慮すると、中央銀行はそれへの準備を進めることを望むだろう。

日本の中央銀行である日本銀行の雨宮副総裁は2018年4月、「日銀がデジタル通貨を発行する計画は現段階で無い」と述べながらも、昨年後半などにも度々デジタル法定通貨(CBDC)について言及している。

雨宮副総裁の詳しい発言内容はこちらから

日銀雨宮正佳副総裁が語る「仮想通貨決済利用」と「中銀発行デジタル通貨」
日本銀行の雨宮正佳副総裁が、仮想通貨や中央銀行発行通貨に関する独自の見解を述べた。その中で、仮想通貨決済利用の普及の難しさとソブリン通貨に関連するデジタル通貨発行の見方が示された。

また国際決済銀行のゼネラルマネージャーであるCarstens氏はデジタル法定通貨に関して現在の需要は低いと述べているが実際に真剣に検討している国もあり、その主な代表例としてはマーシャル諸島と東カリブ海諸国が挙げられる。

マーシャル諸島のHilda Heines首相は米ドルが主に利用される同国のアメリカへの依存を危惧して、独自のデジタル法定通貨「ソブリン」発行に向けて昨年からデジタル法定通貨発行の計画を進めていた。

その他にも東カリブ海近辺の9ヶ国を統合する「東カリブ諸国機構」は今月上旬、独自のデジタル法定通貨「EC Dollar」発行に向けて今後1年間のパイロットテストを行なっていく計画を明らかにしている

上記2例の共通点として国家の規模が小さい島国である点と米ドルへの依存が大きなものとして挙げられるだろう。

キャッシュレス化に向けた政策が掲げられているものの、世界基準で見るといまだに大きく現金に依存している日本におけるデジタル法定通貨実現の可能性は低い。

しかし現金の利用率が低い国や規模の小さく、独自の法定通貨が米ドルなどに依存しているマーシャル諸島などでは実現へのステップも少ないため、東カリブ海諸国やマーシャル諸島の結果を伺う国家も見られるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

世界初の「中央銀行発行デジタル通貨」実現へ|東カリブ中央銀行が1年間のテスト実施を発表
西インド洋の東カリブ諸国が加盟する東カリブ諸国機構の中央銀行は6日、仮想通貨技術を応用したデジタル法定通貨の発行に向け、1年間のテスト版を施行することを公表した。世界初の中央銀行発行通貨の事例として注目が集まる。
マーシャル諸島政府、年内のデジタル法定通貨「ソブリン」の発行を予定|仮想通貨の市況が戻り次第開始へ
独自のデジタル法定通貨「ソブリン(SOV)」の発行を目指すマーシャル諸島はイスラエルの送金企業Neemaと提携して、年内の発行を目指すことが判明した。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。
12:33
ビットコイン・カンファレンス、トランプ前大統領のため24億円を調達予定
仮想通貨カンファレンス「ビットコイン2024」は、トランプ前大統領のため約24億円の資金を集めるイベントを開催する見込みだ。
12:18
ビットコイン急反発で1000万円の大台回復、米大統領選のトランプ優勢など好感される
暗号資産(仮想通貨)相場は円建てで1000万円台を回復したビットコインが牽引し、現物ETF承認を控えるイーサリアムなど全面高に。討論会や銃撃事件などを経て、米大統領選におけるトランプ優勢が市場に好感されている。
10:20
トランプ氏、仮想通貨な肯定的な議員を米副大統領候補に選出
ドナルド・トランプ氏は、仮想通貨な肯定的なJ・D・バンス上院議員を米副大統領候補に選出。バンス氏は過去にSECの対応を批判したことがある。
10:09
イーサリアム現物ETF、23日に取引開始か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFの取引が、23日から米国で開始される可能性が浮上した。現在、ETF発行企業は申請書類の最終版を提出するよう要請されているという。
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧