世界最大手バイナンスが重要発表、4月からBinance DEXとシンガポール取引所を開始

バイナンス、2つの重大発表
最大手仮想通貨取引所バイナンスのCZ氏は、韓国ソウルの大型カンファレンスにて、新取引所「バイナンス・シンガポール」と、BinanceDEXのメインネットに関する重大発表を行なった。

新取引所「バイナンス・シンガポール」、BinanceDEXのメインネット開始予定

仮想通貨取引所BinanceのCEOを務めるCZ氏は、現在韓国ソウルで開催されている大型仮想通貨カンファレンスに登壇し、2つの重大な発表を行なった。

一つ目は、Binanceの三番目となる法定通貨建て取引所「バイナンス・シンガポール」の開設で、シンガポールの法定通貨「SGD」建ての仮想通貨取引は4月内に予定しているという。

アジア圏の取引所バイナンス・シンガポールは、アフリカの「バイナンス・ウガンダ」と英国領の「バイナンス・ジャージー」に次ぐバイナンスの法定通貨取引所となり、CZ氏が昨年末に話した「2019年には5〜10以上の法定通貨建ての仮想通貨取引所を開設することを目指す」ことの確実な進捗となる。

そして、二つの発表は、現在テストネットにあるバイナンス独自の分散型仮想通貨取引所「Binance DEX」のメインネットローンチだ。

CZ氏は、これも4月内に予定していると言及した。

「Binance DEX」とは、バイナンスが独自開発したブロックチェーン「Binance Chain」の第一号のユースケースであり、2月よりテストネットとして実証実験が行われている。

仮想通貨BNBのエコシステム拡大の一環として、ユーザーやプロジェクト側はDEX上で独自のトークンを発行・バーン・凍結を行うことができるほか、取引ペアの提案なども可能となるとしている。

なお、仮想通貨BNBはDEXにおいて、主にトークンの発行手数料や取引手数料として利用される。

メインネットのローンチによって、BNBや仮想通貨バイナンスにおけるエコシステムの変化にも注視したいところだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

豪新聞販売店でビットコインの購入可能に 仮想通貨取引所バイナンスが仲介サービスを展開
世界最大手仮想通貨取引所バイナンスの子会社である「Binane Lite Australia」は、オーストラリア国内にて、簡単なビットコイン購入を目的とした、新たな仲介サービスを開始したことを明らかにした。
仮想通貨取引所Binance CZ氏、DEXやBNBメインネットの最新状況を明かす|リップル社との提携には意欲的な姿勢
バイナンスの代表を務めるCZ氏はツイッター上で、初のユーザー向けのAMAを行った。AMA内では、自社で開発中のメインネット「Binance Chain」や分散型取引所「Binance DEX」に関する最新状況が飛びたしたほか、XRPやxRapidに関する前向きな発言も行なった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら