CoinPostで今最も読まれています

エストニア共和国が世界的なブロックチェーン先進国に 企業誘致に成功した背景とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「クリプトバレー」ツークに迫るエストニア
エストニア共和国は、デジタル社会とブロックチェーン導入の面では世界で最も進んだ国の一つに。すでに仮想通貨関連の事業を展開している国外在住の株主をもつ企業は、700を超えるという。

エストニアの現在

人口132万人、北欧バルト三国の最北端に位置するエストニア共和国が今、ブロックチェーン開発の新たなハブとして急速に進展しているようだ。

AIソフトウェア開発企業、ORS CryptoHound社のリサーチによると、世界でも先進的なブロックチェーン関連法を持つエストニアには、700を超えるブロックチェーン企業が集結しており、「クリプトバレー」として知られるスイスの都市ツークをしのぐ勢いだという。

ちょうど1年前、ヨーロッパの48カ国を対象として、ブロックチェーンならびに仮想通貨の税制や規制等に関して最も整備の進んだ国に関する調査が行われたが、エストニアはそのトップ10にも入っていない。首位は「クリプトバレー」を擁するスイス、ICO誘致を積極的に行ったジブラルタルが2位、大手仮想通貨取引所BinanceやOKExを迎え入れたマルタ共和国が3位となっていた。

しかし、エストニアは、1997年から積極的にIT技術を行政に活用し、2008年には、いち早くブロックチェーン技術を試験的に導入、2012年には、国民保険や司法、立法、商業法などの分野で実際に運用を始めている。 

そして、世界でも先進的な「電子政府」として、エストニアの名を一気に世界に知らしめることとなったのは、2014年に開始された「e-Residency (電子居住権)」プログラムである。

e-Residencyを取得すると、エストニアが自国民や居住者に提供している電子政府システムの一部を利用することができる。つまり、世界中のどこに住んでいようが、エストニアのビジネス環境に繋がり、同国での銀行口座開設をはじめ、法人設立も可能なため、オンラインで、EU加盟国であるエストニアに登録された企業として、経営する自由が得られる。

このプログラムと、ブロックチェーンスタートアップ企業との相性は抜群のようだ。

ブロックチェーン先進国

オフショア企業設立サービスを行うPrivate Financial Services社のDmitri Lihno氏は、エストニアは、デジタル社会とブロックチェーン導入の面では世界で最も進んだ国の一つであり、既に制定された仮装通貨規制、有利な税制、および業務が容易に行えるため、多くの起業家がブロックチェーン事業をエストニアに移転していると述べている。

エストニアでは、「20~30分でオンラインで会社を設立し、数回のクリックで税金を支払うことができる」とは同氏は語り、そのような有利な環境が整備されているため、エストニアから仮想通貨ならびにブロックチェーン事業を展開している国外在住の株主をもつ企業は、700を超えると言う。

さらに、税制の面でもエストニアは、ブロックチェーンと仮想通貨関連企業にとっても、国際的に有利な環境にあるようだ。

その一つに、「分配前の利益が課税から免除される」という面があげられる。KRM Advisor社の顧問弁護士である Kristine Akopdžanjan氏は、次のように説明した。

利益が分配されない限り、会社に適用される法人所得税はない。(他の費用が課税されない限りにおいて)つまり、課税されることなく会社を運営することが可能であり、すでに多くの起業家がそうしている。

また、仮想通貨に関する課税については次のようなルールがあると、Akopdžanjan氏は説明している。

  1. トークンが、証券、投資、または通貨として売買される場合は、直接の課税はない
  2. 商品やサービスの支払いが仮想通貨でなされた場合も同様
  3. 会計上、決済はユーロ建てで評価され、申告される
  4. 仮想通貨での商品およびサービスの支払いは、法定通貨の支払いと同じく、付加価値税処理の対象となる

また、Eesti Consulting社のPaweł Krok氏によると、仮想通貨は資産として扱われることが多いため、付加価値税は免除となるという。

なお、今年、エストニアを拠点とするブロックチェーンおよび仮想通貨事業は、より厳しいデューデリジェンスの対象になり、これまで、オンラインで完結していた仮想通貨通貨取扱免許取得は、4月17日より、対面での本人確認が必要になるという。つまり、エストニアに渡航し、手続きを完了させる必要性が生じることになる。

それを踏まえても、なおエストニアがブロックチェーン企業にとって友好的で有利な環境にあることは明らかであり、これからの発展が注目される。

「クリプトバレー」スイスの都市ツーク

一方、本家クリプトバレーのツークでは、3月に開催されたブロックチェーンカンファレンス「クリプトバレーサミット」において、ウエリ・マウラースイス連邦大統領が登壇し、ブロックチェーンを活用したビジネス振興のため、迅速で透明な規制体系を導入することを表明、連邦政府からの支援を強調した。

また、ブロックチェーン企業を育成する共同オフィスを運営するCVVC社は、今年から、スタートアップ企業の事業アイディアをサポートするインキュベーションプログラムを開始し、IT、法律、ビジネスの面から専門家が約3ヶ月にわたり、支援するという。

最終的には10社から20社程度が選ばれるというが、1社あたりに対し、12万5000ドルを援助するという。

イーサリアム財団やカルダノ財団といった仮想通貨の大御所が本拠地を置くツークと、国をあげてデジタル化を推進するエストニア。ブロックチェーン企業の発展を後押しする時代の潮流は、これからも続いて行きそうだ。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
14:26
米大手ベンチャーキャピタルa16z、「2024年に期待する9つの仮想通貨トレンド」を発表
米大手VCアンドリーセン・ホロウィッツは、2024年に仮想通貨領域で期待されるトレンドのリストを発表。分散化、人工知能(AI)、顧客体験の向上などの9項目に言及した。
12:30
米下院エネルギー委員会、ブロックチェーン促進法案を可決
米国の下院エネルギー・商業委員会は、ブロックチェーン技術や分散型台帳技術を促進する法案を可決した。米国の競争力強化が期待される法案となる。
12:23
ビットコイン上昇一服、主要アルトはイーサリアム前日比5.6%高、ソラナ(SOL)12.1%高に
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰していたビットコインが一服し、アルトコイン相場ではイーサリアムが上昇した。ソラナ(SOL)エコシステムではエアドロップされたJito Networkのガバナンストークン「JTO」が高騰するなど反響を呼んだ。
11:45
サム・アルトマン支援のMeanwhile Group、1億ドルのビットコイン運用ファンドをローンチ
Meanwhile Advisorsが仮想通貨ビットコインに焦点を当てたプライベートクレジットファンドを立ち上げ。BTCで5%の利回りを提供し、2024年第1四半期までに1億ドル調達の計画。OpenAIのサム・アルトマンが支援するMeanwhile GroupはBTCベースの生命保険ビジネスも展開。
11:00
ブロック社、BTCのセルフカストディウォレットをローンチ
米ブロック社は、仮想通貨ビットコインのセルフカストディウォレットBitkeyをローンチ。ウォレットの特徴や仕組み、出荷時期などが明らかになった。
10:40
ソラナDeFi「Kamino Finance」、将来エアドロップ向けのポイントシステムを開始予定
仮想通貨PYTHやJTOなどソラナプロジェクトの無料配布が注目を浴びる中、ソラナDeFi「Kamino Finance」は将来のエアドロップに向けてポイント制システムを導入すると発表した。
10:15
バイナンス、UAEアブダビでの投資ファンドライセンス申請取り下げ
大手仮想通貨取引所バイナンスは、UAEアブダビにおける投資ファンドのライセンス申請を取り下げた。グローバル戦略見直しの一環とみられる。
08:25
米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む
米国株は来年の米利下げへの行き過ぎた期待との指摘が散見される中、AI関連株ではグーグルのGemini発表や、AMDの新たなAIチップ発表などがAI相場上昇への追い風となった。
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。
14:30
仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムでユーロ連動ステーブルコインEURCVを発行。暗号資産(仮想通貨)取引所Bitstampに上場。入出金時にはKYC(顧客確認)およびAML(資金洗浄防止)コンプライアンス手続きが適用される。
14:20
IEO後に高騰したアイドルトークン「NIDT」の裏側|関係者インタビューvol.1
関係者インタビュー NIDT(Nippon Idol Token)は、web3時代の女性アイドルを創造する「IDOL3.0 PROJECT」の独自暗号資産(仮想通貨)です。 I…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧