ビットコイン6000ドル突破の重要性 今後の注目ポイントとアルトコインへの資金流入を考察

ビットコイン6000ドル突破の重要性
ビットコイン価格は9日、ドル建てで6000ドル越えを記録し、年初来高値を再び更新。心理的な節目を突破したほか、ビットコインキャッシュの分裂騒動で急落した2018年11月の下落前水準目前まで値を戻したことになる。

ビットコイン6000ドル突破の重要性

ビットコイン価格は9日、ドル建てで6000ドル越えを記録し、年初来高値を再び更新。心理的な節目を突破したほか、ビットコインキャッシュの分裂騒動で急落した2018年11月の下落前水準目前まで値を戻したことになる。

また、ビットコイン6000ドルの重要性を説くアナリストは海外を中心に多く、その理由の一つに2017年末のバブル崩壊時からサポートラインとなっていた重要価格帯である点が挙げられている。実際に2018年末の急落時もこの6000ドルを割り込んだことで、明確なサポートラインが見られなかったことで急落に繋がったポイントでもあり、レジサポの転換による厚いレジスタンスラインになると見られていた。

2018年12月に3000ドル目前まで下落した相場は、急反発で底打ちを確認すると上昇を維持する価格推移を継続、当時の価格よりすでに94%高と強い値動きを継続している。市場に再びビットコイン相場のトレンド性を意識させる結果につながり、先行きへの期待感から買い意欲が強まっている。

というのも、2019年の年初より、複数のマイナスファンダメンタルズ要因が複数確認されている。

①と②は相場に織り込み済みであった可能性は十分に考えられるが、③から⑥の材料はサプライズ性も強く、これまでの下落相場であったら売りを加速させる要因に当たるものに相当する。この状況でも大きく値崩れを起こさなかった状況は、ビットコイン相場の強さを示す重要な指標となる。

今後のターゲット価格

・6150ドル

・6400ドル付近

・6950-7000ドル

今後の注目ポイント

今後の注目ポイントとしては、仮想通貨市場の過去の再現性とマイニングハッシュレートの状況が挙げられる。

仮想通貨市場の過去の再現性

ここまでのビットコイン相場の状況を見ていく中で、相場のトレンド性が強く出ていることが見えてきたが、これまで仮想通貨市場の市場規模拡大の状況を再び把握して、過去の再現性から投資状況を見ていく必要もあるだろう。

その一つの指標に仮想通貨市場のドミナンス推移がある。これは多くの分析でも利用される指標であるが、ビットコインの値動きとアルト市場の状況、また下落時の傾向などを見ていく上で、参考にすべき指標にある。というのもボラティリティが高く未だリスク資産の側面が強くでる市場において、資産の流入と流出が顕著に出てきていた点のほか、明確なファンダメンタルズ要因に乏しい市場の重要指標となるためである。

これまでのドミナンスの傾向の要点は以下の通り。

  • ビットコインへの資金流入が先行(トレンド形成)→主要アルトコインに波及→時価総額下位へ
  • アルトコインは流入出ポイントからの動きが顕著
  • ドミナンスにもレジサポラインが存在する

また、市場を占める通貨ペアがビットコイン建からステーブルコイン建がメインに移行している点と、2018年に詐欺が横行し、プロジェクトが不明確な通過への投資が懐疑的になっている点が、過去の状況と異なる状況として留意したい内容として挙げられる。

弱気相場の7月以降ビットコインドミナンス50%のラインをサポートに反発する動きを続けてきたことで、意識されてきたドミナンス。直近では、ビットコイン価格が先行する過去のドミナンス傾向に再現性がある動きが続いているが、今後再現性がある資金流入ケースに繋がるか、ドミナンスの推移には注目したい。

マイニング状況の変化

また、市場の状況を後押しする可能性があるのが、2017年末の下落で急落し下落要因となったビットコインマイニングハッシュレートの状況である。

ビットコインハッシュレートは、2019年の相場回復に比例して回復傾向にあるが、マイニング業者の大多数が拠点を構える中国において、6月から豊水期が控えている。

豊水期とは、中国の雨季に伴い水力発電の電力量が多く変動し、電力代に大きな差が生じる時期である。ビットコインマイナーが拠点を構える四川省や雲南省などは特に水力発電が活発な地域であり、ビットコインマイニングの最も重要なランニングコストである電力代が大きく下がるため、マイナーの損益分岐価格が大きく下がる可能性がある。

四川省の政府のデータを参照して、調査を行うと、以下の2点を元に水力発電の電力が変動する。

①豊水期:6月〜10月、枯水期:1月〜4月、12月、平水期:5月、11月

②峰時:7:00〜11:00 & 19:00〜23:00、谷時:23:00〜翌日7:00、平時:11:00〜19:00

四川電力取引センターが発表した「2018年度電気直取引結公告」によると、年間取引電気はトータルで565.89億Kwになり、水力と火力の発電量比率は78.2:21.8と大きな比率を占めている。また、上記の電力変動によって豊水期で常時5%安くなるほか、最も電力が利用される時間帯では50%もの価格差が生じるという。

この影響は中国マイナーに大きく影響するほか、マイニングハッシュレートの回復に大きく寄与する可能性がある。

これは、新規発行通貨の売り圧力が低減されるなど、ハッシュレートの上昇に伴うビットコインを取り巻く環境に複合的ないい影響を与えるかもしれない。特に直近の急落要因になっている点も踏まえると、市場における注目すべき動向の一つになるといえるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック