CoinPostで今最も読まれています

RippleとAmerican Express、Santanderが提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

American Express社、Santander社がRipple社のブロックチェーンネットワークを利用
今後、American Express社のFXIPプラットフォームで決済をした企業顧客は、Ripple社のブロックチェーンネットワークに転送されます
XRPへの影響、発言
Ripple社は『間もなく決済迅速化の手段として自社仮想通貨のXRPが活用される』と述べました

American Express社Santander社はフィンテック企業のRipple社と協力し、ブロックチェーン技術を使った米英間のクロスボーダー決済の迅速化を狙います。

今後American Express社のFX International Payments(FXIP:国際為替決済)プラットフォーム上で支払いをした場合、決済はRipple社のブロックチェーンネットワークであるRippleNetに転送され、ブロックチェーン(通称分散型台帳技術)は一つのサーバーに留まらず、多大なる情報データを世界中のPCに分散し保管します。

元々これはビットコイン取引を記録するために使われましたが、次第に決済、身分証明などを含む他の採用事例を多くの企業が発見し、開発に取り組んでいます。 実際に現在、JPモルガン、UBS、クレディスイス、バークレイズ、HSBC社を含む数々の大手金融機関も同じように分散型台帳技術を利用した事業を研究しています。

今週木曜日の声明でAmerican Express執行副社長兼CIOのマーク・ゴードン氏は、『今回のRipple社とSantander社のコラボレーションは我々のブロックチェーン事業の新しいステップを意味し、世界中の貨幣流通を進化させるでしょう。』と述べました。

American Express社のブロックチェーンプロジェクトはまず初めに米国から英国Santander社口座へのクロスボーダー決済を可能にします。

このブロックチェーンを使ったソリューションは米英間の新しいチャネルを開拓し、世界的な決済技術の可能性を意味します。』とSantander社グローバル・トランザクション・バンキング部グローバルヘッドのホゼ・ルイス・クラデロン氏は木曜日の声明で述べました。分散型台帳プラットフォームは全ての利用者に取引状況や費用の記録付けを可能にさせます。

Ripple社CEOブラッド・ガーリンハウス氏は木曜日のインタビューにて、以下のように述べています。

『Ripple社のブロックチェーンネットワークは金融機関の顧客に対して“リアルタイム”の送受金を可能にさせる』 『American Express社とSantander社と共にグローバル決済問題解決への大きな一歩を踏み出しました。送金完了に数日を要したものが、今では営業日即日で可能になります。』

また、AmexとSantanderの両社とも今回のブロックチェーンプロジェクトはやがて世界的に広がる可能性があることを示唆しました。

仮想通貨は“後に影響する”

Ripple社は自社仮想通貨XRPを使い決済迅速化手段を研究し続け、今後他の金融機関や銀行のパートナーシップを繋ぐ役割を果たすと述べました。

Ripple社ストラテジック・アカウント部グローバルヘッドのマーカス・トリーチャー氏はCNBCの取材でこう述べました。

XRP通貨は後に革命的なダイナミックや他のプレイヤーに影響を与えるでしょう。私たちが開発したこの技術はトークンや仮想通貨を使いません。これはAMEXのような銀行や企業はRippleを使い、中間ブロックチェーン通貨を通さず不換紙幣と他通貨の交換を可能にします。

また、一部銀行のエグゼクティブは近日の仮想通貨の動きに疑問視しています。 先月、UBS CEOのサージオ・エルモッティ氏はCNBCの取材で“特別”仮想通貨信者ではないが、ブロックチェーンの将来性は見ていると述べました。また、クレディスイス CEOのTidjane Thiam氏は世界最大仮想通貨のビットコインを“まさにバブルの定義”と批判します。

そして最も注目すべきは、JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏のビットコインの批判でしょう。先月彼は『ビットコインを買うほどの愚か者は、いつか痛い目にあう』とコメントしました。

American Express, Santander team up with Ripple for cross-border payments via blockchain

November 17th by Ryan Browne

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

次世代海外送金ソリューションを提供するリップル社が、このような大企業との提携はかなり大きな第一歩となったのではないでしょうか?

この発表とともに相場も23.3円から31.6円ほどまで大きく上昇し、数分で35%も相場が動きました。 その後の相場は、調整期や、久しぶりの高値更新ということもあり、塩漬けしている方も多くいたことを加味すると、これを機に売りが多く入るのは仕方がないことかもしれません。

しかし、このようなリップルの成果は、銀行関係者だけでなく金融業界全体への大きなアピールになったことは間違いはありません。  XRPの送金利用に直接的な結びつきがない場合でも、リップル社が提供する複数の送金ソリューションのどれが採用されても結果的に、XRPでの不利な為替スワップをブリッジ通貨として担い、即時送金させる従来の海外送金にはない形は魅力的であり、その選択肢次第ではXRPの流動性が向上し、更により多くの企業が採用しやすい形になっていくのではないでしょうか。

銀行がリップルプラットフォームのみを採用、XRPを利用しなかったら価格はどうなるか?
銀行によってXRPが直接的に使われなかったとしても、支払いをする企業にとって、XRPは活動をより低コストで迅速にするための非常に魅力的な通貨です。今後銀行にどのような形で取り入れられても需要は上がっていき、結果価値も上昇していくのではないかと考えています。

今回リップル社は、American Express社とSantander社と共にグローバル決済問題解決への大きな一歩を踏み出しました。 今後も多くの発表が予想されますが、その場の相場には流されず、自分で情報を得て判断することが、投資をする上で重要になってくるでしょう。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧