CoinPostで今最も読まれています

RippleとAmerican Express、Santanderが提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

American Express社、Santander社がRipple社のブロックチェーンネットワークを利用
今後、American Express社のFXIPプラットフォームで決済をした企業顧客は、Ripple社のブロックチェーンネットワークに転送されます
XRPへの影響、発言
Ripple社は『間もなく決済迅速化の手段として自社仮想通貨のXRPが活用される』と述べました

American Express社Santander社はフィンテック企業のRipple社と協力し、ブロックチェーン技術を使った米英間のクロスボーダー決済の迅速化を狙います。

今後American Express社のFX International Payments(FXIP:国際為替決済)プラットフォーム上で支払いをした場合、決済はRipple社のブロックチェーンネットワークであるRippleNetに転送され、ブロックチェーン(通称分散型台帳技術)は一つのサーバーに留まらず、多大なる情報データを世界中のPCに分散し保管します。

元々これはビットコイン取引を記録するために使われましたが、次第に決済、身分証明などを含む他の採用事例を多くの企業が発見し、開発に取り組んでいます。 実際に現在、JPモルガン、UBS、クレディスイス、バークレイズ、HSBC社を含む数々の大手金融機関も同じように分散型台帳技術を利用した事業を研究しています。

今週木曜日の声明でAmerican Express執行副社長兼CIOのマーク・ゴードン氏は、『今回のRipple社とSantander社のコラボレーションは我々のブロックチェーン事業の新しいステップを意味し、世界中の貨幣流通を進化させるでしょう。』と述べました。

American Express社のブロックチェーンプロジェクトはまず初めに米国から英国Santander社口座へのクロスボーダー決済を可能にします。

このブロックチェーンを使ったソリューションは米英間の新しいチャネルを開拓し、世界的な決済技術の可能性を意味します。』とSantander社グローバル・トランザクション・バンキング部グローバルヘッドのホゼ・ルイス・クラデロン氏は木曜日の声明で述べました。分散型台帳プラットフォームは全ての利用者に取引状況や費用の記録付けを可能にさせます。

Ripple社CEOブラッド・ガーリンハウス氏は木曜日のインタビューにて、以下のように述べています。

『Ripple社のブロックチェーンネットワークは金融機関の顧客に対して“リアルタイム”の送受金を可能にさせる』 『American Express社とSantander社と共にグローバル決済問題解決への大きな一歩を踏み出しました。送金完了に数日を要したものが、今では営業日即日で可能になります。』

また、AmexとSantanderの両社とも今回のブロックチェーンプロジェクトはやがて世界的に広がる可能性があることを示唆しました。

仮想通貨は“後に影響する”

Ripple社は自社仮想通貨XRPを使い決済迅速化手段を研究し続け、今後他の金融機関や銀行のパートナーシップを繋ぐ役割を果たすと述べました。

Ripple社ストラテジック・アカウント部グローバルヘッドのマーカス・トリーチャー氏はCNBCの取材でこう述べました。

XRP通貨は後に革命的なダイナミックや他のプレイヤーに影響を与えるでしょう。私たちが開発したこの技術はトークンや仮想通貨を使いません。これはAMEXのような銀行や企業はRippleを使い、中間ブロックチェーン通貨を通さず不換紙幣と他通貨の交換を可能にします。

また、一部銀行のエグゼクティブは近日の仮想通貨の動きに疑問視しています。 先月、UBS CEOのサージオ・エルモッティ氏はCNBCの取材で“特別”仮想通貨信者ではないが、ブロックチェーンの将来性は見ていると述べました。また、クレディスイス CEOのTidjane Thiam氏は世界最大仮想通貨のビットコインを“まさにバブルの定義”と批判します。

そして最も注目すべきは、JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏のビットコインの批判でしょう。先月彼は『ビットコインを買うほどの愚か者は、いつか痛い目にあう』とコメントしました。

American Express, Santander team up with Ripple for cross-border payments via blockchain

November 17th by Ryan Browne

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

次世代海外送金ソリューションを提供するリップル社が、このような大企業との提携はかなり大きな第一歩となったのではないでしょうか?

この発表とともに相場も23.3円から31.6円ほどまで大きく上昇し、数分で35%も相場が動きました。 その後の相場は、調整期や、久しぶりの高値更新ということもあり、塩漬けしている方も多くいたことを加味すると、これを機に売りが多く入るのは仕方がないことかもしれません。

しかし、このようなリップルの成果は、銀行関係者だけでなく金融業界全体への大きなアピールになったことは間違いはありません。  XRPの送金利用に直接的な結びつきがない場合でも、リップル社が提供する複数の送金ソリューションのどれが採用されても結果的に、XRPでの不利な為替スワップをブリッジ通貨として担い、即時送金させる従来の海外送金にはない形は魅力的であり、その選択肢次第ではXRPの流動性が向上し、更により多くの企業が採用しやすい形になっていくのではないでしょうか。

銀行がリップルプラットフォームのみを採用、XRPを利用しなかったら価格はどうなるか?
銀行によってXRPが直接的に使われなかったとしても、支払いをする企業にとって、XRPは活動をより低コストで迅速にするための非常に魅力的な通貨です。今後銀行にどのような形で取り入れられても需要は上がっていき、結果価値も上昇していくのではないかと考えています。

今回リップル社は、American Express社とSantander社と共にグローバル決済問題解決への大きな一歩を踏み出しました。 今後も多くの発表が予想されますが、その場の相場には流されず、自分で情報を得て判断することが、投資をする上で重要になってくるでしょう。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア