CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーンゲーム開発⽀援プログラム「MCH+」を発表|マイクリプトヒーローズのフレームワークを提供

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンゲーム開発⽀援プログラム「MCH+」を発表
マイクリの開発・運営を⾏うdouble jump.tokyoが、ブロックチェーンゲームの開発・運営に必要な開発⽀援・エコシステム構築⽀援・ファイナンス⽀援・⼈材育成⽀援プログラム『MCH+』の提供を発表した。

ブロックチェーンゲーム開発⽀援プログラム「MCH+」を発表

ブロックチェーンゲームの開発・運営を⾏う double jump.tokyo 株式会社(本社︓東京都新宿区、代表取締役︓上野広伸)は、ブロックチェーンゲームを開発・運営するために必要な、開発⽀援・エコシステム構築⽀援・ファイナンス⽀援・⼈材育成⽀援をおこなうプログラム『MCH+』の提供をおこなうことを発表した。

『MCH+』は、⼈気ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(以下マイクリ)で開発したシステムやノウハウをフレームワーク化し、ブロックチェーンゲーム開発企業やチームなど同プログラムに参加するユーザーに基本無料で提供する。

『MCH+』のフレームワークを利⽤することにより、ブロックチェーンゲームの開発ノウハウがなくても、短期間で本格的なブロックチェーンゲームを開発することができるようになる。また、開発⽀援のみならず、マイクリをはじめとした参加ゲーム相互でのゲームアセット利⽤などブロックチェーンゲームエコシステムの拡⼤を⽬指す。

『MCH+』開始にあたって

上野 広伸 CEO/CTO

Ethereumブロックチェーン上でデジタルアセットを扱うための規格”ERC-721”の実⽤化により、”NFT(Non-FungibleToken:⾮代替トークン)”という概念が⽣まれました。

NFTにより、デジタルアイテムは、今までのようにコピー可能な”デジタルコモディティ”ではなく、個々に違う意味・違う歴史を持つ”デジタルアセット”となり、リアル世界とますます混じり合うこれからのデジタル世界において、実際に価値を保ち続けるのはNFTになるでしょう。

弊社の『マイクリプトヒーローズ』に代表されるブロックチェーンゲームは、まさにこのNFTを中⼼にエコシステムがデザインされた、”ゲームにかけた時間もお⾦も情熱も、あなたの資産(=NFT)となる世界”です。

NFTには、従来のサーバー上のデジタルアイテムとは異なり、ブロックチェーンにより所有権が保証され、1つのゲームアプリの世界を⾶び出して、 Walletなど異なるアプリ上での表⽰・アセット取引所等での売買・ユーザー間での譲渡が、⾃由に⾏えます。これが、”NFTエコシステム”であり、NFTゲームに今までにないUXを⽣み出しています。

このUXをさらに⾃由で価値あるものにするために、『MCH+』は、NFTを様々なゲームアプリを跨いで活⽤できる仕組みを提供して参ります。

NFTは、唯⼀性の⾼い価値あるデジタルアセットですので、ユーザー間で⼤事に受け継いでいくものになります。持続的なNFTエコシステムの発展のため、『MCH+』は、⼆次流通価値に応じてコンテンツ創作者に還元される仕組みを提供して参ります。

私達は、マイクリで得たNFTゲームの開発・運⽤のノウハウを元に、未だ黎明期のこの業界の発展のため、「NFTゲームの開発」、「エコシステム」、「ファイナンス」、「⼈材育成」を⽀援するプログラムとして、『MCH+』を提供していきたいと存じます。

『MCH+』概要

『MCH+』とは、開発⽀援プログラムをコアとした、以下の4つのプログラムで構成されております。

1.開発⽀援プログラム

概要:ブロックチェーンゲームを開発するために必要となる様々なシステムをスマートコントラクトおよびAPIにて提供します。

  • ブロックチェーンゲームエンジン(マイクリで開発した各種プログラムのAPI提供)
  • NFT発⾏/⼆次流通機能
  • NFTメタデータ拡張機能
  • オフチェーントークン発⾏/流通機能
  • 開発⽀援パートナーによる開発コンサルティング

2.エコシステム構築⽀援プログラム

概要:ブロックチェーンゲームのマーケティングに必要となるエコシステム構築⽀援をおこないます。

  • 『My Crypto Heroes』アセットをはじめとした参加ゲーム間の NFT 相互利⽤
  • リファラルプログラム提供および参加ゲーム間でのリファラルアライアンス
  • エコシステム⽀援パートナーとの Dapps ウォレットアライアンス
  • エコシステム⽀援パートナーとのNFTマーケットアライアンス

3.ファイナンス⽀援プログラム

概要:参加プロジェクトの中でも特に優秀なプロジェクトにファイナンス⽀援をおこないます。

  • MCH+アクセラレータープログラムの実施
  • 最⼤500ETHをアロケーションに応じてNFTに投資
  • ファイナンス⽀援パートナーによるエクイティファイナンス

4.⼈材育成⽀援プログラム

概要:ブロックチェーンゲーム開発チームやエンジニアなど⼈材育成⽀援をおこないます。

  • MCH+ハッカソンの開催
  • FLOC ブロックチェーン⼤学校 ブロックチェーンゲームゼミ(9⽉予定)

MCH+の提供時期と参加申し込み

2019年6⽉24⽇(⽉)よりβサービスの提供を開始いたします。 下記のサイトにて参加のお申込みを受け付けております。詳細の情報も順次公開して参ります。

『MCH+』先⾏事例

『MCH+』先⾏事例は、以下の通りです。

企業開発事例

CryptoGames(クリプトゲームス)株式会社 様︓『Crypto Spells』『MCH+』の各プログラムを先⾏採⽤した本格的なブロックチェーンTCGです。

URL:https://cryptospells.jp/

インディー開発事例

トマトマン様︓『マイクリダンジョン』

『My Crypto Heroes』のアセットを使ったカジュアルな戦略型RPG⾵クリッカーゲームです。

URL:https://mchdungeon.com/

『MCH+』パートナー

My Crypto Heroes とは

『My Crypto Heroes』は、スマホ/PCで遊べるブロックチェーンゲームです。

2018年11⽉30⽇の正式サービス開始初⽇より、イーサリアムベースのブロックチェーンゲームとして、取引⾼・取引量・DAUで世界1位を記録。2018年末から2019年始にかけて業界初となるTVCMを放映。現在も常にランキングトップを維持する世界No.1のブロックチェーンゲームとなっております。

その他、マイクリの詳細については、下記の公式サイト及び Twitter にて、随時、情報を公開しております。

公式サイト:https://mycryptoheroes.net/

公式Twitterアカウント:https://twitter.com/mycryptoheroes

double jump.tokyo 株式会社 会社概要

ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、数多くのゲーム(モバイルソーシャルゲーム、PCオンラインゲーム、家庭⽤ゲーム等)およびプラットフォームの開発・運営、ブロックチェーン技術および暗号資産を含むファイナンスにおけるノウハウを有するメンバーにより、2018年4⽉3⽇に設⽴。

会 社 名 ︓double jump.tokyo 株式会社

所 在 地 ︓東京都新宿区⻄新宿4-34-7

代 表 者 ︓代表取締役 上野広伸

事業内容︓ブロックチェーン技術を⽤いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売

ホームページ︓http://www.doublejump.tokyo/

CoinPostの関連記事

【前編】世界No.1ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」開発者インタビュー|500ETH(800万円相当)のランド4種が完売
仮想通貨ETH使用した国産ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」の開発者にインタビューを実施。最大の魅力である「士農工商エコシステム」の仕組みや、ついにクラウドセールを開始した「ランド」の裏話、国内外のブロックチェーンゲームの市場拡大について伺った。
【後編】世界No.1ブロックチェーンゲーム「マイクリ」インタビュー|大手ゲームメーカーとのコラボの可能性は?
仮想通貨500ETHで4ランドが完売するなど飛ぶ鳥を落とす勢いの #マイクリ 開発者インタビュー後編。ゲーム内通貨のオンチェーン化、大手メーカーとのコラボの可能性について伺った。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア