CoinPostで今最も読まれています

東京2020に向けて加速するキャッシュレス政策|先進国の取り組みと仮想通貨事情を比較

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本でも進むキャッシュレス化 先進国と比較すると
○○ペイの急台頭など、東京2020に向けて国策とも言えるキャッシュレス化を推し進める日本だが、海外のキャッシュレス先進国からは大きく遅れを取っているという声は大きい。それぞれの国のキャッシュレス化と、仮想通貨事情を探った。

交通系カードは浸透する日本だが

日本ではコンビニでのコード決済が注目され、すべてのコンビニで利用が可能となったPayPayとLINE Payのほか、コンビニが独自のコード決済サービスの導入を本格化させ、ファミリーマートやローソンがすでにスタート、セブンイレブンも立ち上がりで大きくつまずいた形となったが、ともかくサービスは始まった。

東京2020を控えた2018年に、経済産業省が「25年までにキャッシュレス決済率を40%にする」という目標を掲げた「キャッシュレス・ビジョン」を公表。キャッシュレス化はいわば国策となっている。

すでに交通系のカードによる決済は浸透している日本だが、中国、北欧などの先進国からは大きく遅れを取っていると言われているが、キャッシュレス先進国の事情と、それらの国の仮想通貨事情を探ってみた。

日本も着実にキャッシュレスへの取り組みが行われていることがわかる。

中国のキャッシュレスと仮想通貨事情

一方で、各国のキャッシュ推進の状況と比較してみると、日本の進捗は芳しくない。

現在、人口2000万人を超える中国の首都「北京」では、スマートフォン(スマホ)で決済できない場所はほとんどない。レストラン、スーパーなどの正規店にとどまらず、道ばたで雑貨や青果などを扱う露天商を含め、ほぼすべての店舗がQRコード決済に対応している。

また、スマホのサービスを使えば、銀行口座が不要で1円単位で個人間で送金が可能なため、財布を持たずに外出することが一般的となっている、もちろんATMでの出金手数料も支払う必要がない。

一方で出前やタクシーの配車、無人コンビニなど、スマホ決済を使った新しいビジネスが続々と誕生している。

中国では、2017年にICOが全面禁止され、仮想通貨取引所も閉鎖されたが、OTC(店頭)取引は盛んに行われている。

取引所が閉鎖され、取引所取引ができないなかで、OTC取引への関心は依然として高いようだ。

北欧のキャッシュレス事情と仮想通貨事情

中国と並んでキャッシュレス先進国と言えるのは北欧諸国だ。

中でもスウェーデンは世界で最もキャッシュレスが進んだ国の1つで、現金がほとんど使えないことを紹介するドキュメンタリーが日本でもいくつか放送され、驚いた人も多いのではないだろうか。決済金額ベースではすでに現金比率が1%を切っているという話もある。

スウェーデンにはスウェーデンクローネという法定通貨があるが、あらゆる場所でクレジットカードが使えるので、海外からの旅行者が現金を扱うことは稀だ。「現金お断り」というサービスや店も珍しくない。

もちろん商店や飲食店でのでの支払いや交通系ICカードの購入もクレジットカードが使え、チャージも可能だ。

北欧に限らず、欧州では独自の仮想通貨を積極的に検討する国が増えている。スウェーデンでは「eクローナ」、スイスで「eフラン」という通貨に関しての議論が行われ、ノルウェーの中央銀行も調査を開始したという。キャッシュレス先進国の対応はそれぞれ刺激的だが、仮想通貨への対応には各国の事情によって差がある。

東京2020に合わせて進行していく日本のキャッシュレス化と、その先にある仮想通貨の対応に注目しておきたい。

CoinPostの関連記事

日本政府が「令和6年」に新紙幣発行を発表、キャッシュレス社会と仮想通貨決済への影響は
日銀は、20年ぶりとなる新紙幣を「令和6年」に発行・福沢諭吉などの肖像も刷新する。暗号資産XRP(リップル)の分散型元帳技術を搭載したSBIのマネータップや、三菱UFJフィナンシャル・グループのデジタル通貨を始め、キャッシュレス社会および仮想通貨決済への影響にも関心が集まる。
東京五輪や大阪万博決定を受け「キャッシュレス化」が急加速|仮想通貨にも追い風か
2016年時点で、キャッシュレス決済比率が20%に留まる日本(韓国96.4%)だが、東京五輪や大阪万博の決定を受けキャッシュレス化への動きが加速しつつある。仮想通貨業界への追い風となり得るか。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧