CoinPostで今最も読まれています

住友商事がbitFlyer Blockchainと業務提携、不動産賃貸契約プラットフォームの共同開発

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

不動産賃貸契約プラットフォームの共同開発に向けた業務提携について(プレスリリース)
住友商事のプレスリリースによれば、住友商事株式会社と株式会社bitFlyer Blockchainは、スマートコントラクト機能を備えたブロックチェーン「miyabi」を活用し、住宅の賃貸契約を電子化した上で、物件の内見予約から契約までを行えるプラットフォームの共同開発に向けて業務提携した。

不動産賃貸契約プラットフォームの共同開発に向けた業務提携について

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)と株式会社 bitFlyer Blockchain(本社:東京都港区、代表取締役:加納 裕三、以下「bitFlyer Blockchain」)は、スマートコントラクト機能を備えたブロックチェーン(注1)「miyabi」(注2)を活用し、住宅の賃貸契約を電子化した上で、物件の内見予約から契約までを行えるプラットフォームの共同開発に向けて業務提携しました。

現在、住宅の賃貸契約においては、貸主、管理会社、仲介会社および借主の間の対面でのコミュニケーションやFAX・郵送による契約締結プロセスなど多大な労力を要しています。

我が国の労働人口の減少や昨今の働き方改革といった社会背景を踏まえ、不動産業界でも業務効率化が喫緊の課題となっており、革新的なテクノロジーを活用した業務効率化の実現に期待が高まっています。

住友商事とbitFlyer Blockchainは、住宅の賃貸契約に関連する業務の一部をブロックチェーンプラットフォーム上で行うことで、安心・安全を担保しながら、契約期間の短縮および事務作業の効率化を目指します。

アプリケーションは、借主向けおよび管理会社・仲介会社向けのそれぞれに開発します。また契約書を電子化することで、借主を含む契約当事者が、物件申込から契約締結までのプロセスをタイムリーに確認でき、契約書の製本・郵送・調印などの時間とコストを圧縮します。

さらに、高い改ざん耐性や高い可用性といったブロックチェーンの特徴を生かし、契約書の安全な保管や管理に関わる事務の効率化が可能となります。2019年後半にプロトタイプの開発・検証を完了させ、一般利用者へのサービス提供へ移行する予定です。

将来的には、ブロックチェーン以外の技術も取り入れながら、借主がスマートフォン1つで物件検索から内見予約、契約、入居、各種費用の支払い、契約更新や退去手続までワンストップで完結でき、不動産業界の各事業者が業務効率化を実現する仕組みの構築を目指します。

また住宅の賃貸契約に限らず、売買契約や住宅以外の契約について知見を横展開し、さらには保証会社、保険会社といった不動産契約と関わりが深い他業種のサービスの利便性向上も目指します。

(注1)ブロックチェーン

データが地理的に離れたサーバーに分散保持されることで、記録されたデータがなくならない、また一部のサーバーが不正侵入されても動き続けるという特徴を備えた全く新しいデータベース。障害に強く低コストで運用が可能。

(注2)miyabi

bitFlyer Blockchainが開発した独自のエンタープライズ向けブロックチェーンで、本来の強みである高い改ざん耐性・透明性などを生かしながら、取引の確定や処理速度などに関する課題を解決した。秒間最大6,000件の高い処理能力を維持しつつ、ファイナリティの確保やカスタマイズの柔軟性を実現している。

住友商事のマテリアリティ(重要課題)

住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。

本事業は、「地域と産業の発展への貢献」「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」および「多様なアクセスの構築」に資する事業です。

bitFlyer Blockchainの事業ドメイン

  • BaaS (Blockchain as a Service)
  • ブロックチェーンを利用したクラウドサービスの提供

  • Blockchain Joint Business
  • ブロックチェーンを利用した共同事業のプロデュース

  • Blockchain Core R&D
  • 当社独自ブロックチェーン「miyabi」を中心とした研究開発

  • Non-Regulated Service
  • 非規制領域におけるサービスの提供

    プレスリリースはこちら

    CoinPostの関連記事

    bitFlyerBlockchain 加納裕三氏にインタビュー|bitFlyer設立から5年半、今語るブロックチェーンへの熱い想い
    株式会社bitFlyerBlockchain・代表取締役の加納氏にインタビューを実施。今後のブロックチェーン事業の展望や規制への見解、そしてユーザーへのメッセージを語っていただきました。
    「ビットフライヤー ブロックチェーン」の加納 裕三氏が日本ブロックチェーン協会の代表理事に就任
    新会社ビットフライヤー ブロックチェーンの加納氏が、JBAの代表理事に選出された。同氏は、大阪で開催中の仮想通貨サミット「V20」に本日15:30〜登壇予定。
    コメントしてBTCを貰おう
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    11:30
    ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
    ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
    10:44
    The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
    仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
    08:35
    Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
    DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
    07:45
    ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
    米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
    07:12
    10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
    昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
    12/09 金曜日
    17:43
    米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
    米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
    15:01
    Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
    分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
    12:50
    FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
    米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
    12:25
    米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
    米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
    12:20
    イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
    仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
    10:35
    米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
    米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
    09:45
    Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
    Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
    08:05
    スターバックスNFT、ベータテスト開始
    米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
    07:38
    ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
    仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
    06:55
    9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
    今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2022/10/14 ~ 2022/12/31
    東京 東京都渋谷区宇田川町
    2022/12/10 13:00 ~ 17:30
    その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
    2022/12/10 13:00 ~ 17:30
    その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
    2022/12/10 13:00 ~ 15:00
    関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧