ビットコイン市場に相次ぐ追い風 大口の「ガチホBTC」も直近で急増|仮想通貨市況

仮想通貨市況
ビットコイン市場に複数のプラス要因が相次いだ。現在の市場の状況と増加傾向にあるビットコインの関連指標を解説した。

仮想通貨市況

1ヶ月もの間、下落基調が続いた7月を終えたビットコインは、8月1日に入り価格を再び110万円まで回復した。

トレンドライン(緑)を抜けて定着し、4h雲下限の1万ドル付近でも止まるどころか騰勢を強めながら4h雲上限の110万円台まで続伸した。いずれも、4h足確定タイミングである1:00前後と9:00前後に上昇し直近高値を付けている。

110万円付近は強めのレジスタンスであり、短期的にはRSIなど過熱感も出始めているため売られやすい水準か。依然として急落リスクは払拭出来ないものの、4h100EMAあるいは1万ドル付近をサポート化して4h雲を抜けてくるようであれば一段高も期待できる。

市場高騰の背景には、LedgerX社は米国で初めて現物決済のビットコイン先物取引を開始した事が市場におけるメインサプライズ要因となった。

関連:米国初 現物決済ビットコイン先物が誕生

米国でスタバやアマゾンといった大手小売業やレストランで利用ができるビットコイン決済アプリで20%の還元キャンペーンが発表されたほか、英金融規制当局が仮想通貨の分類別に規制対象を明確にするなど、市場にプラス要因が相次いだ事で、価格が続伸した。

関連:英金融規制当局 仮想通貨のガイダンスを改定

米連邦準備理事会(FRB)では、金融政策を決める米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%の利下げを決定したものの、パウエル議長が今後の継続的な利下げを明言しなかったことで、焦点となっていた継続的な利下げ継続期待が後退。株安やVIX指数も急上昇したこともビットコインの追い風となった。

また、FRBが利下げを決定したことを受け、ブラジル中央銀行も31日、政策金利を1年4ヶ月ぶりに引き下げることを決定。通貨安を招くことを警戒していた各国でも、米国が金融緩和に踏み切ったことで、金融緩和の流れが続く可能性も指摘される。欧州中央銀行(ECB)も追加利下げや量的緩和策の検討を行なっているなど、先進国も含めて世界で緩和に向かう動きが強まっている。

ビットコイン関連指標も右肩上がり

なお、ビットコインの関連指標も上昇基調に再び転じている。

ハッシュレートが過去最高値を更新

ビットコインハッシュレートは直近の下落水準の中でも続伸し、過去最高値を更新。アルトコインのハッシュレートの伸び悩みも含め、時価総額のドミナンス同様、ビットコインへの投資が続いている。(例:イーサリアムは過去最高値の2分の1水準で推移)

中国の豊水期における中国マイナーの優位性を加味しても、その増加傾向は高い水準を保っている。なお、中国の四川省を基準とした豊水期は10月を目処に終わるが、年末に向けてまだ高い水準が継続する可能性は十分に考えられる。

ビットコインのトランザクション量が急増

また、ビットコインのトランザクション量も7月末に入り急増している。

ビットコインの取引量と価格の相関性は概ね一致する形で推移しているが、7月の下落水準の中で、取引量が急増した。取引の活発化を示す数値でもあり、ネットワークトランザクションの増加は、ビットコインのプラス要因として見られる可能性がある。

休眠アドレスの資産額が急増

なお、トランザクション量が増加する中でも、大口のビットコインガチホ勢は増加傾向にある。このチャートはビットコインの休眠アドレスにあるビットコイン量をチャートで起こしたもので、直近の2019年6月より急増していることが確認された。

休眠しているのになぜビットコインの量が増えているのか、との疑問が出てくることが予想されるが、ウォレット作成からOUTが一定期間ないウォレットを数値化したものであり、IN(溜め込む動き)に関してはその基準から外している。よって、大口がビットコインの保有する数量を増加させていることがチャートとして可視化することができる。

専門家:FOMCの利下げがビットコインの追い風

著名マクロ経済・仮想通貨アナリストのトム・リー氏は、FOMCが決定した11年ぶりの利下げがビットコインにとって好材料であるとの見解を示した。

リー氏は米経済番組FOXビジネスに出演し、ビットコインが受ける利下げの影響について意見を語った。なお、この出演は利下げが起きる直前に放映されている。

ビットコインは段々とマクロ的ヘッジ手段になりつつある。

利下げは米ドルの流動性を増やすが、その結果として、流動性の改善に伴い、米ドルはリスク資産とヘッジ資産へとより多くの資金が流入してくる。

このような資金の動きはビットコイン高騰の燃料になるだろう。

また、今年のビットコイン価格予想について、リー氏は「我々は価格を想定してはいないが、これまでのATHが約2万ドルだったため、年内それを再現することは可能だろう。」と、以前の大胆な予想とは異なり、控えめにコメントを行なった。

参考資料:Fox Business

CoinPostの注目記事

米パウエル連銀議長、リアルタイム高速決済システムの開発を本格検討「利用する技術は近いうちに決定」
パウエル連邦準備制度議長が、米国会上院に宛てた書簡で、「FRBが高速決済システムの構築を本格的に検討している」と伝えた。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【8/17更新】
「8/15更新」バイナンスは9月に、米国ユーザーのサービス停止を実施。仮想通貨市場価格に影響を与え得る最新情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら