ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、史上初の仮想通貨である。通貨単位はBTC。2008年10月に、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の人物あるいは組織が、インターネット上に公開したホワイトペーパーを基に誕生した通貨である。
日本円やドルのように、ビットコインは銀行のような中央機関を必要としない。特定の運営主体を定めない代わりに、ビットコインはピア・ツー・ピアと呼ばれる複数のコンピュータ同士が対等に通信を行う形で、決済ネットワークを保っている。
ビットコインを利用する際には、個人間で直接、インターネット経由での送金が可能である。海外送金などの手数料も、法定通貨と比べると格安だ。(ただし2021年6月9日、エルサルバドル共和国がビットコインを法定通貨として、採用を決定した。例外もある)


ブロックチェーン技術とは

こうしたビットコインの価値を担保している技術が、ブロックチェーンである。ブロックチェーン技術では、データが格納されたブロックを鎖でつなげるようにして情報を管理している。取引情報が古くなればなるほど、データを改変する難易度が指数関数的に上昇していく仕組みだ。そのため、ビットコインのネットワークを攻撃して取引記録を改ざんする行為は、極めて困難だとされている。


ビットコインの特徴

上記で説明したビットコインの取引情報については、誰でも閲覧が可能だ。その結果、二重支払いを無くし、加えて悪意あるユーザーによる通貨の偽造を防ぐ抑止力にもなる。取引記録の中に、個人情報が含まれていない点も安心だ。
また、ビットコインに関する取引の承認作業として機能するマイニング(採掘)には、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)方式が採用されている。マイナーと呼ばれるネットワーク参加者あるいは組織が、多大な計算量を要する問題に取り組み、マイニングを行っていく。この際、最も早く問題を解いたマイナーのみが報酬として、ビットコインを得られる。
最後に、ビットコインの総発行枚数は、2100万枚である。
新規発行スケジュールは事前に定められており、2140年までには2,100万 BTCすべてが発行される予定だ。その後、ビットコインが新規発行されることは永遠にない。

BTC関連ニュース

09/19 (日)
来週最大の目玉イベントはFOMC、中国情勢含め波乱の1週間となる可能性も
国内大手取引所bitbankのアナリストが、レンジ相場続く今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。株や貴金属など各相場の週間・月間・年初来騰落率も掲載。
09/18 (土)
中国の方針転換による仮想通貨市場への影響【CONNECTV・動画解説】
今回のCONNECTVでは、中国における富の再分配や脅かされる私有財産権 、また暗号資産(仮想通貨)市場への影響についてHashHub CEO 平野淳也氏の見解を述べていただきました。
09/18 (土)
ビットコインのサイドチェーン上でSTO、独規制当局が承認
ドイツの規制当局はビデオゲーム企業のセキュリティートークンオファリングを承認した。トークンは仮想通貨ビットコインのサイドチェーン上で発行される。
09/18 (土)
米Bakkt、10月にNY証券取引所に上場か SECがSPACを承認
米仮想通貨関連企業BakktはSPACの申請でSECから承認を受け、10月に株主総会を開き、NYSE上場のための合併を承認することを発表した。
09/18 (土)
エルサルバドルの監督機関、政府のビットコイン購入やATM設置を調査へ=ロイター報道
エルサルバドルの政府は、同国の監督機関から調査を受けることが分かった。仮想通貨ビットコインの購入やATMの設置について不満の声が上がっているという。
09/18 (土)
仮想通貨レンディングCelsius、米両州で警告を受ける
仮想通貨レンディング企業Celsiusは、テキサス州とニュージャージー州で規制当局から警告を受けた。BlockFiと同じで「未登録有価証券の販売」とみなされている。
09/17 (金)
決済大手PayPal、英国で仮想通貨売買サービスを提供開始
決済アプリ大手PayPalは、英国居住者向けに仮想通貨売買サービスの提供を開始。対象はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄。
09/17 (金)
仮想通貨取引所Bybit、韓国向けサービスを一部停止へ
仮想通貨取引所Bybitは17日、韓国向けサービスを一部停止する方針を発表。来週韓国で施行されるライセンス制度の規制強化を懸念した動向と見られる。
09/17 (金)
多くの機関投資家がデジタル資産を保有=米金融大手フィデリティ調査
フィデリティ・デジタルアセットは、世界の機関投資家1,100人にアンケートを実施。世界的に仮想通貨などデジタル資産の受け入れが進み、投資意欲が高まっていることがわかった。
09/17 (金)
次世代金融アプリのRevolut、WeWorkの代金をビットコインで支払い
コワーキングスペースを提供する米WeWorkは、大手金融アプリのRevolutが仮想通貨ビットコインで契約料金を支払ったことを発表した。
09/17 (金)
ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の銅像、ハンガリーで公開
ハンガリーで仮想通貨ビットコインの生みの親サトシ・ナカモトの銅像を制作するプロジェクトは、完成品を披露した。ビットコインは素晴らしい発明であるとし、サトシ・ナカモトに敬意を表することが制作の目的だ。
09/17 (金)
米大手証券会社Interactive Brokersの創設者、ビットコインを3年前から保有
米ナスダック上場の大手証券会社インタラクティブ・ブローカーズの創設者は番組で、自身が3年前から仮想通貨ビットコインを保有していることを明かした。
09/16 (木)
仮想通貨市場、近況まとめ【CONNECTV・動画解説】
今回のCONNECTVでは、直近の暗号資産(仮想通貨)市場の相場を簡単に振り返り、ソラナ(SOL)の動向や米国で注目すべき2つの動きについて、CoinPost代表 各務貴仁が動画で分かりやすく解説する。
09/16 (木)
ビットコインウォレットのパスワード紛失時、復元するための方法は=KeyChainX
ビットコインのウォレットのパスワード(秘密鍵)を復旧するサービスを提供するKeychainXが、試してみるべき選択肢を解説する。
09/16 (木)
米大手映画チェーンAMC、ビットコイン以外の仮想通貨決済も可能にする方針
米国の大手映画チェーンAMC社は16日、ビットコイン以外の仮想通貨決済に対応する方針を表明。映画チケットなどのオンライン決済でイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)なども受け入れる。
09/16 (木)
サザビーズのハリーウィンストン競売、仮想通貨支払い可能に
大手オークションハウスサザビーズは15日、ハリーウィンストンのネックレスで仮想通貨支払いを可能にすると発表。ビットコインやイーサリアムのほか、USDCでの支払いも受け付ける。
09/16 (木)
仮想通貨における減税目的の取引防止ルール、米下院で審議
米下院歳入委員会は、ビットコインなど仮想通貨に関しても減税目的の取引を抑制するルールを組み入れた法案を承認した。
09/16 (木)
米モルガン・スタンレー、仮想通貨リサーチ部門が発足=報道
米金融大手のモルガン・スタンレーは仮想通貨リサーチ部門を新たにローンチした。国際金融市場での存在感を肯定した動きだという。
09/16 (木)
米コインベース、2銘柄の仮想通貨新規上場
米最大手仮想通貨取引所コインベースProは16日に、新規銘柄の上場および新たな申請に関する発表を行った。
09/15 (水)
「ビットコインETFを承認すべき」米金融大手フィデリティがSECに提案
米金融大手フィデリティが8日、仮想通貨ビットコインのETFを承認するよう米SECと話し合いの場を持っていたことが分かった。