イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ETH/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

ETH 基礎情報

イーサリアム(ETH)は、2013年にVitalik Buterin氏によって発案された、開発者が分散型アプリケーション(dApps)を構築できるプラットフォームです。Ethereumはスマートコントラクトのパイオニアです。ETHはEthereumプラットフォームのネイティブ通貨であり、スマートコントラクトを利用する際の取引手数料、および、ブロック形成・内容の検証を行うノードへの報酬などとして機能します。

ETH関連ニュース

03/09 (火)
ドイツの老舗銀行、仮想通貨の売買サービス提供へ=報道
ドイツの老舗銀行「Donner&Reuschel」が、仮想通貨の売買とカストディのサービスを開始する。資産をトークン化する事業にも取り組む計画だ。
03/08 (月)
活況つづくNFT市場、 ライトコインのチャーリー・リー氏は懐疑的
仮想通貨業界で白熱するNFT市場ではブロックチェーンゲームをはじめ、アートや音楽などさまざまな分野で高額オークション事例が報告される。投資対象としてNFTの可能性は?
03/08 (月)
NFT市場急拡大に伴いエンジンコイン最高値更新、中国企業の好材料でビットコインとイーサリアムも買われる
仮想通貨相場では、NFT市場急拡大でコインチェック上場のエンジンコイン(ENJ)が前日比33%高。また、香港証券取引所に上場する中国企業がビットコインとイーサリアムの大量保有を明かしたことも好感された。
03/07 (日)
香港上場の中国企業、ビットコインとイーサリアムを購入──約43億円相当
香港証券取引所に上場する中国の企業「Meitu(美図)」は現金資産を利用し仮想通貨ビットコインとイーサリアムを購入したことを発表した。香港を含む中国の上場企業が初めて発表した購入となった。
03/07 (日)
ビットコインは大荒れ模様、時価総額TOP20前週比ではネムとユニスワップ(UNI)の上昇目立つ|CoinPost週次レポート
3月第1週の仮想通貨市場をビットコインやイーサリアムのオンチェーンデータから分析。
03/06 (土)
イーサリアムの手数料改善案EIP1559、7月頃の「ロンドン」アップグレードで実装へ
仮想通貨イーサリアムの開発者会議でトランザクション手数料についての改善案「EIP1559」を「ロンドン」アップグレードで実装することが決定された。
03/06 (土)
ツイッター社ドーシー氏、イーサリアム上で2006年のツイートをNFTトークンとして発行
Twitter社のDorsey氏は仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン上で2006年に投稿した最初のツイートをNFT(非代替性トークン)として発行し、オークションに出したことを発表した。
03/05 (金)
米コインベース、拡大続けるイーサリアム経済圏の背景を分析
イーサリアムを単なるデジタルマネーと考える人は最早あまりいないかもしれない。米仮想通貨取引所のコインベースは拡大を続けるイーサリアムの動向をまとめたレポートを公開した。
03/05 (金)
中華系取引所Huobiのグループ企業、香港SFCより仮想通貨ファンド運用の認可を取得
取引所大手Huobiのグループ企業が香港SFCより、対象資産全てが仮想通貨で構成されるファンド運用の認可を取得したことがわかった。
03/04 (木)
仮想通貨取引所Bitfinex、ビットコインのオンライン決済システム「Bitfinex Pay」を発表
仮想通貨取引所Bitfinexがビットコインなどでのオンライン決済を可能にするペイメントアプリ「Bitfinex Pay」を発表。ウェブ上での決済をBitfinexの口座に紐づけて行うことができる。
03/04 (木)
米大手AP通信、2020年米大統領選の関連NFTトークンをOpenSeaでオークション
米大手AP通信は、2020年の米国大統領選挙結果を初めてブロックチェーンに記録した独自NFT(非代替性トークン)をOpenSeaのオークションに出品した。
03/03 (水)
ヴィタリック氏がイーサリアムの新提案、レイヤー2プロトコル間ソリューションについて
イーサリアムの共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏は、レイヤー2を使用するプロトコル間の交換における新たなソリューションを提案した。
03/03 (水)
米アマゾン提供のブロックチェーンサービス、イーサリアムのサポート開始
大手アマゾンのクラウドサービス部門「AWS」は提供するブロックチェーン管理サービスでイーサリアム・ブロックチェーンのサポート開始を発表。
03/03 (水)
カナダでイーサリアムETF申請事例:ビットコインETF承認歴ある企業、上位アルトで意欲
カナダで、再び仮想通貨イーサリアムのETF(上場投資信託)が申請されたことがわかった。申請を行ったのは2月16日にビットコインETFの申請が承認された投資企業Evolve Fundsだ。
03/02 (火)
Messari、米大手取引所コインベース株式上場に関する分析レポートを公開
株式上場(IPO)を目指す仮想通貨取引所コインベースの申請書類をブロックチェーンデータ企業Messari社が解説。ビットコイン価格が急騰した2020年のコインベースの業績を踏まえて、企業価値などを分析する。
03/02 (火)
ビットコインマイナーの月間収益が過去最高に、2017年の仮想通貨バブル期超え
ビットコインのマイナーが獲得した月間収益の合計が、2月に過去最高額に達した。仮想通貨バブル期の2017年12月の記録を更新している。
03/02 (火)
懐疑派から一転、米国版「マネーの虎」司会者がビットコインとイーサリアム保有を明かす
米投資リアリティー番組Shark Tankの司会役で知られる著名投資家Kevin O'Leary氏がビットコインとイーサリアムの保有を表明。過去には仮想通貨に対して懐疑的な姿勢を示してきたが、一変した格好だ。
03/02 (火)
米NY州でDeFi関連銘柄(13銘柄)の取引許可 米コインベース
米最大手仮想通貨取引所コインベースはニューヨーク州の居住者に向けて、13のDeFi(分散型金融)関連銘柄の対応を開始。AAVEやCOMP、UNIを含む。
03/02 (火)
分散型金融Compound、クロスチェーンプラットフォーム「Gateway」を発表
DeFi(分散型金融)のCompoundが、ブロックチェーン間の相互運用を目指すサービス「Gateway」を発表。すでに仮想通貨イーサリアムのテストネットに接続されている。
03/01 (月)
DeFi取引ツールFurucomboに被害、攻撃手法は?
DeFiの取引作成ツール「Furucombo」がハッキング攻撃を受け、約16億円を超えるユーザー資金が引き出された。不正なスマートコントラクトを利用し、資金を引き出したものと思われる。