イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ETH/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

ETH 基礎情報

イーサリアム(ETH)は、2013年にVitalik Buterin氏によって発案された、開発者が分散型アプリケーション(dApps)を構築できるプラットフォームです。Ethereumはスマートコントラクトのパイオニアです。ETHはEthereumプラットフォームのネイティブ通貨であり、スマートコントラクトを利用する際の取引手数料、および、ブロック形成・内容の検証を行うノードへの報酬などとして機能します。

ETH関連ニュース

05/15 (土)
米北部市、公共料金支払いにビットコイン・仮想通貨決済を導入
米ノースダコタ州・ウィリストン市は公共料金支払いに仮想通貨ビットコイン(BTC)の決済を導入。BitPayとの提携で実現した。
05/14 (金)
東南アジア最大手DBS銀行、BTC、BCH、ETH、XRPの投資信託提供へ
機関投資家向けの取引所を提供するDBS銀行が仮想通貨投資信託を提供する方針を発表。対象銘柄はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュとXRP(リップル)の4種となる。
05/14 (金)
米グレースケール、仮想通貨5銘柄組み入れた投信「Digital Large Cap Fund」をSECに申請
米仮想通貨運用大手グレースケール社は13日、BTCやETHなど、5銘柄から構成される仮想通貨投信「Digital Large Cap Fund」の「Form-10」を米SECに提出。米証券法に基づいた報告企業としての登録を目指す。
05/14 (金)
アーティストによるNFT発行・一次販売、二次流通までが可能な日本初マーケットプレイス『nanakusa』とは
国内初の公認アーティストによるNFT発行、一次販売可能なマーケットプレイス『nanakusa』が大きな反響を呼んでいる。主な特徴と今後の展開について紹介する。
05/14 (金)
米コインベース、仮想通貨取引量の65%が機関投資家 イーサリアムの関心増
米国の大手仮想通貨取引所コインベースはナスダック上場後、初の決算説明会を実施。第1四半期における業績や今後の見通しなどを発表した。
05/13 (木)
ビットコイン下落と最新マーケット状況:CONNECTV解説
13日の仮想通貨市場でビットコインが急落。仮想通貨市場にも下落の流れが波及し、全面安の様相となった。今回のニュースと今後のマーケット状況をどのように見れば良いか? CoinPostとあたらしい経済で配信する「CONNECTV」では、仮想通貨取引所TAOTAOから仮想NISHI氏とライブ配信する「仮想通貨ニュース速報」で最新マーケットを解説した。
05/13 (木)
イーサリアム共同創設者のヴィタリック氏、慈善団体に70億円相当の仮想通貨を寄付
イーサリアムの創設者であるヴィタリック・ブーテリン氏が70億円相当の寄付を実施。仮想通貨SHIBAやAKITAなど、ミーム銘柄を大量売却した資金を複数の慈善団体に寄贈した。
05/13 (木)
約27億円が不正流出、DeFiでフラッシュローン攻撃
DeFiプロトコルxTokenが攻撃され2,450万ドル相当の損失が発生した。xTokenは被害を受けたユーザーへの補償も計画中だとしている。
05/13 (木)
貯めたポイントをビットコインやイーサリアムと交換──米フィンテック企業の新サービス
米フィンテック企業Brexが、ユーザーが現金を使って貯めたポイントを仮想通貨と交換できるようにした。対象銘柄や新サービス導入の背景などを発表している。
05/12 (水)
イーサリアム急反発で過去最高値4250ドルへ、揺れる金融市場と真価問われるデジタルゴールド
仮想通貨市場では株式市場のリスクオフで一時急落したイーサリアムが再び高騰し、過去最高値4250ドルを記録した。金融市場が揺れる中、デジタルゴールド「ビットコイン」の真価が問われている。
05/12 (水)
日本円ステーブルコイン、仮想通貨取引所バイナンスで上場 【GMO・GYEN】
仮想通貨取引所バイナンスは12日、日本円ステーブルコイン「GYEN」の取扱開始を発表。GMOインターネット株式会社の連結会社GMO Trust社がバイナンスとの提携を実現したことで可能となった。
05/12 (水)
ビットコインの地位は揺るがない:ドラッケンミラー氏
著名投資家のスタンレー・ドラッケンミラー氏がCNBCのインタビューで仮想通貨ビットコインやイーサリアムについて言及。米ドルの地位が揺らいでるとして、今後ブロックチェーン技術を活用した「新たな台帳システム」が台頭すると展望した。
05/12 (水)
EC大手eBay、NFT取引プラットフォーム設立へ
世界最大級のオンラインマーケットプレイスを運営するeBayが、自社のポリシーを変更し、NFTの販売を行えるようになった。ポリシー変更の背景や今後の計画を発表した。
05/11 (火)
「もしコインベース株をイーサリアム基盤トークンで発行していたら」創業当初の社員が持論を展開
ベンチャーキャピタルPolychain Capitalの創業者兼CEOのOlaf Carlson-Wee氏は、米取引所最大手コインベースのナスダック上場には別の選択肢があったのでは、と自身が理想とする株式公開方法について語った。
05/10 (月)
NFT生成の抜け穴を悪用か、7600万円相当のレアキャラが不正流出
新しいNFTプロジェクト「Meebits」で、希少なアイテムを入手するため、プロジェクトの脆弱性を利用し、トークンの鋳造工程が人為的に操作されたことがわかった。このNFTは約8500万円で売却された。
05/10 (月)
最高値更新イーサリアムのステーキング数「前週比+30万ETH」と加速
CoinPost週次レポートでは、先週の重要データを分析。最高値更新イーサリアムのステーキングは、ETH高騰やコインベース需要などで前週比30万ETH増と大幅に増加した。
05/10 (月)
「仮想通貨投資のリスクは高い」英中銀総裁、再び懐疑的な見方示す
英国中央銀行総裁が再び、ビットコインなどの仮想通貨には「本質的価値がなく、投資はハイリスク」とする発言を行った。
05/09 (日)
ビットコインの大型アップデートに注目集まる、2019年撤退の取引所が出金再開|週刊仮想通貨ニュース
今週は、仮想通貨ビットコインの大型アップグレードのテスト開始が注目されたほか、大手DEXのユニスワップも大型アップデートを実施。一週間のニュースをまとめてお届けする。
05/09 (日)
イーサリアム(ETH)の高騰要因やUniswap v3を解説|CoinPostのYouTube配信
CoinPost YouTube生放送で、CoinPost代表の各務とTAOTAOのアナリスト仮想NISHI氏が登壇。イーサリアムの高騰要因やUniswap v3について解説した。
05/08 (土)
トルコ財務大臣、今後の仮想通貨規制方針を発表 
トルコの財務大臣は仮想通貨規制方針を明かした。トルコではビットコインなど仮想通貨の決済利用禁止、取引所の詐欺疑惑など混乱が続いているところだ。