CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨業界:今後5年に起こりうる10のこと(前編)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン価格が$100,000(約1120万円)を越える?
ビットコインはまだこれから上昇が続くと予想されていて、2018年だけでも$40,000(約448万円)もの値を付けるのではないかと考えられています。
コモディティ(商品)市場の全デジタル化
オンライン上取引サービスの分野で、ブロックチェーン技術の発展によって、より効率的に機能し、多くの供給をオンライン上で行えるようになると考えられています。
完全に非中央集権化された取引所
2020年になっても、多くの取引は未だブロックチェーン上に組み込まれていないかもしれないと言及され、未だ整備すべきインフラが多くあるようです。
新しい組織:利益は必要条件
従業員とリスク資本の流動性の増加によって、多くの賢明な起業家達は自身の地域で会社登記をすることが減っていき、既存の枠組みを超えた活動が予想されます。
暗号化株式の発足:認可された株式トークン
多くのビジネスがその所有権や価値を法的にトークン化された株式に結びつけると記述されています。

ビットコインの価格予想は、まだほんの序章に過ぎません。

ビットコイン価格が$10,000(約112万円)を越え、ICOの資金調達総額が$38億(約4200億円)を越えた2017年は仮想通貨元年であったと言えるでしょう。

私たちは、(1年間でイーサリアムの価格が50倍など)圧倒的な価格上昇や、数多くのプロジェクトの設立を目の当たりにしました。

この半狂気的な資金調達が行われ、大きな災難を引き起こす種を巻いてしまったのかもしれません。

一つ明確なのは、このテクノロジーがこの世界に公開され、オープンソース化されてしまっていることです。

これは、もう(パンドラの?)箱から出てきてしまい、戻すことはできないのです。

専門家達もこのデジタル資産の異常な値上がりを受け、インターネットバブルと類似していると指摘しています。

これが実際に同様であるとしたら、問題は、この2017年が1994年と1999年寄りのどちらの年と同様であるのかということです。

さらなる言及は避けますが、この仮想通貨業界が2022年に向けてどのように変化していくのかを見ていきたいと思います。

目次
  1. ビットコイン価格が200万円を越える
  2. コモディティ(商品)市場の全デジタル化
  3. 完全に非中央集権化された取引所
  4. 新しい組織:利益は必要条件
  5. 暗号化株式の発足:認可された株式トークン

1.ビットコイン価格が200万円を越える

全体のシステムの欠陥もなく、ビットコインは現時点で最も多くの困難を乗り越えてきたデジタル資産であり、未だ指数関数的な曲線の初期段階にあります。

傍観している多くの人がチューリップバブルと同様であると考えていますが、実際に私たちの社会でこれほどまでにグローバルで人工的に上限を決められたものはありませんでした。

今年2017年の実用性はビットコイン価格をも凌駕しています。

1日の(USD建ての)取引高はビットコイン価格が$1,000(約11万円)であった年初と比べると100倍ほど伸びています。

賄賂などの使用用途に限っても、ビットコインの時価総額は大幅に増加しています。

もし、一国の賄賂が摘発された時、押収を避けるために、その富がビットコインに流入したとしたら、その通貨の信頼価値は5倍にも跳ね上がるでしょう。

一部の金融コミュニティでは、2018年だけでも$40,000(約448万円)もの値を付けるのではないかと考えられています。

2.コモディティ(商品)市場の全デジタル化

最も混乱が起きている分野として挙げられるのが、コンピュータ処理、帯域幅などを含むオンライン上取引(や承認)サービスの分野です。

ブロックチェーン技術の発展によって、この市場はより効率的に機能し、多くの供給をオンライン上で行えるようになると考えられています。

何故全てのホスト会社は、標準サービスに支払いを組み込むことができる中、その顧客の獲得や囲い込み、アカウントの設立などにおいて競争しなければならないのでしょうか。

私達は、一つまたは複数の主要デジタル・コモディティが容易に取引されることを望んでいます。

さらに、私達は取引やブロック報酬が自然に行われるよう、特定の通貨の報酬を保証し、ハッシュパワーも提供できるマイナー達を雇用の対象として捉えています。

既存または新規に作られるであろうプロトコルの中のどれが勝者となるのかは未だ明確ではありませんが、勝者は市場を構成する投機者(金融系の人々やノード提供者)を自然に集めることができるでしょう。

そして、質問となるのは、それがAmazonのAMSやGoogle croudにどの程度食い込むのか、または、発行者がその上に建てたプラットフォームで彼らのビジネスを行うのかということです。

3.完全に非中央集権化された取引所

多くの人は、流動性があり、非中央集権型の深い市場を作成するのが困難だと捉えています。

既存の中央集権型の取引所は、捏造により多くの利益を生み出している中、どのように進化していくかが注目されています。

市場は全ての分散化された台帳がシェアされ相互的に接続されるべきであり、一度その市場の全てが完全に接続された場合、取引所は取引を行うのに非常に適した場所となるのです。

非中央集権化に向けての重要な要素は規制でしょう。

特定の通貨や取引所がより厳しく規制されることで、機関(特に金融投資家達)が、その規制に沿って運用しようとし、(たとえ、闇市場でも)適切な指針を持つようになります。

例えば、ICOが違法のトークン発行を実施したとしても、未だその市場で買い手や投機家が存在しているのです。

歴史的例を挙げると、10年前のペニー株の不当な市場操作でも、仲介業はUIによって操作されている可能性を読み取り、株式の取引を中止しましたが、買い手はそれを無視し、(上昇や下落に関わらず)大きな値動きを引き起こしました。

よって非中央集権の取引所がオーダー量を把握、公開でき、株式分割をサポートできるインフラや、これをより容易に、そして親しみやすくするための消費者やプロフェッショナル用の取引インフラなど、未だ設計されるべきインフラはたくさんあるのです。

上記の点を考慮すると、2020年になっても、多くの取引は未だブロックチェーン上に組み込まれていないかもしれません。

ライトニングネットワークやRootstockプロジェクトを始めとする抽象概念としてのチェーン外のレイヤーの追加は、現在R&D(研究開発)の進んでいる分野でもあります。

このようなプロジェクトの数々は、未だ初期段階ではありますが、資産の動きが公開されトレースされることなく、即時に取引完了できる、より革新的な未来を示唆しています。

つい何週間か前に、ライトコインとビットコインにおいて最初の公開クロスチェーンスワップが行われました。この分野は、注目すべき分野です。

4.新しい組織:利益は必要条件

従業員とリスク資本の流動性の増加によって、多くの賢明な起業家達は自身の地域で会社登記をすることが減っていくでしょう。

そして、一般的な会社の常識と考えられてきた枠組みの外で価値を創造することにも繋がるかもしれません。

投資家は一般的に“vanilla”条件を模索したり、社員賞与のためのストックオプションの重要性を説きますが、これは組織をまとめる際にはもはや王道ではなくなってきています。

Delaware C. Corporation は、ブロックチェーン技術の優位性を利用し、その王道から外れようとしています。

さらに、私達は今後利益を明確な目標としない組織を次々と目にすることになるでしょう。

経済活動は、公共の利益や相互会社のように見える組織によって行われ、飽くまでも二次的な側面として利益を生み出す活動が行われるのです。

もう一つの例として、個人間の金融取引に目を向けて見ます。

1つの”席(トークン)”は公平な権利と公平な利益を持ちます。

この利益は、個人メンバー自身の取引によって生じるものであり、”席”が属する”家”の所有権から生じるものではないのです。

5.暗号化株式の発足:認可された株式トークン

さらに多くのプロジェクトがトークン経済界隈で発足していく中、多くのビジネスがその所有権や価値を法的にトークン化された株式に結びつけるでしょう。

容易な取引、流動性、同様にトークン化されたどんな資産にも変換できる可能性は、トークン経済以外にも恩恵を与えます。

さらなる規制の整備が必要ではありますが、プライベートな株式投資家の参戦や、埋もれてしまっている価値の流動性をNYSEやNasdaqに上場することなく保証することができます。

※お知らせ

長文になったので、記事を2分割しました。

残り5つの項目に後編にて公開中です。

仮想通貨業界:今後5年に起こりうる10のこと(後編)
仮想通貨業界で今後5年間で起こりうることの予想記事:後編です。政府発行の仮想通貨が増えること、更には国家が税金の徴収に苦戦するようになることが予想されています。

10 Predictions For The Next 5 Years Of Crypto

Dec 1, 2017 by Noah Jessop

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。
12:33
ビットコイン・カンファレンス、トランプ前大統領のため24億円を調達予定
仮想通貨カンファレンス「ビットコイン2024」は、トランプ前大統領のため約24億円の資金を集めるイベントを開催する見込みだ。
12:18
ビットコイン急反発で1000万円の大台回復、米大統領選のトランプ優勢など好感される
暗号資産(仮想通貨)相場は円建てで1000万円台を回復したビットコインが牽引し、現物ETF承認を控えるイーサリアムなど全面高に。討論会や銃撃事件などを経て、米大統領選におけるトランプ優勢が市場に好感されている。
10:20
トランプ氏、仮想通貨な肯定的な議員を米副大統領候補に選出
ドナルド・トランプ氏は、仮想通貨な肯定的なJ・D・バンス上院議員を米副大統領候補に選出。バンス氏は過去にSECの対応を批判したことがある。
10:09
イーサリアム現物ETF、23日に取引開始か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFの取引が、23日から米国で開始される可能性が浮上した。現在、ETF発行企業は申請書類の最終版を提出するよう要請されているという。
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧