2018年、ブロックチェーンと仮想通貨はどのように発展するのか?

多くの業界での採用
来年度はブロックチェーン技術は更なる成長を遂げ、銀行業界や他産業がブロックチェーン技術を採用せざるを得なくなるでしょう。
ビジネスモデルの変化
ありとあらゆる企業のビジネスモデルは変化し、特にヘッジファンド産業は著しく乱れるでしょう。
問題点の改善
ブロックチェーン技術のスケーラビリティやパフォーマンスは改善されるのかどうかを考察します。

今年はブロックチェーンにとって予想よりも遥かに大きな発展を遂げた年でした。

今年初め、ブロックチェーン技術がproof-of-conceptsのプロダクションを始めるだろうと予想し、この予想は見事に当たりました。

Ripple社は100人以上のメンバー、取引ボリューム数十億を持つ完全な運用プラットフォームとなり、仮想通貨界はDigital Trade Chain consortium (DTC)などのブロックチェーンビジネスネットワークを構築しました。

2017年は全体的に、より多くの“go live(ビジネス提供開始)”が期待されていました。

それとは対照的に、先例のない仮想通貨時価総額の拡大やICOブームを誰も予測しなかったでしょう。

では2018年はどのような年になるのでしょうか?推測することに危険も伴いますが、以下の事が起こると考えられます。

  • 1、“Low-hangin fruit(容易に解決できる問題)”が指摘され、ブロックチェーンにより解決される
  • 2、仮想通貨は従来のアセットマネジメント専門家やテクニックに扇動され、成長し続ける
  • 3、ブロックチェーンがマーケットストラクチャに変化を与えるため、企業はビジネスモデルを変えることに専念する
  • 4、スマートコントラクトと共に新しいエコシステムが生まれる
  • 5、ブロックチェーンのスケール・パフォーマンス問題は深刻化し、それらの解決策が開発される
  • 6、ICOは“プロフェッショナル化”し、IPO2.0 に進化する
  • 7、人々はますますローカルブロックチェーンエコシステムが成功のカギだと認識する

では、これらの詳細を説いていきましょう。

Low-hanging fruit

今年は思ってた以上に静かな年でしたが、来年は企業が“low-hanging fruit(容易に解決できる問題)”を指摘し、ビジネスデジタル化やブロックチェーンにより最も影響を与える方法を編み出し、ブロックチェーンソリューションは継続して開発されるでしょう

フィンテックの最も有望な利用方法は、決済(500~600億ドル-約5.6~6.8兆円の潜在的な貯蓄が眠る)と貿易金融(150億ドル-1.7兆円の節約が可能)です。

2017年、ブロックチェーンを使った決済サービスが始まったように、来年は貿易金融サービスが始めると考えます。

決済のボリュームは大手銀行より多くなるでしょう。

そして大手銀行は即時決済、低リスクプロファイル、低コスト、透明性を可能にするブロックチェーンに魅了されるでしょう。

ブロックチェーン技術は銀行業だけではなく、多くの産業の現状より優れた選択肢となります。

例えば、欧州連合(EU)銀行全体の透明化において、ブロックチェーンが果たす役割を想像できます。

今年、投機的資産としてブロックチェーンは大きな結果を残しました。

当たり前のことですが、その成長は凄まじく、昨年12月の時価総額140億ドル(約1.6兆円)から今年12月の時価総額4,500億ドル(50.7兆円)以上に成長しました。

ビットコイン先物、クリプトヘッジファンドなど、従来のアセットマネジメントによって仮想通貨やトークンの需要が増し、ブロックチェーンは更なる成長を遂げると考えます。

最新ビジネスモデル

ブロックチェーンがマーケットストラクチャを変え続ける今、企業はビジネスモデル修正をせざるを得ない状況です。

仲介業者はますます時代遅れとなり、企業らはエコシステム上のパートナシップや幅広いプラットフォームによりオープンになるでしょう。

それには企業らがどのようなビジネスモデル(プラットフォーム、プロダクト、オムニチャネル戦略など)が最適か考慮する必要があります。

これは既存するサービスとブロックチェーンによる最新サービスを取り巻く多次元のディスカッションを意味します。

ブロックチェーンはIoTやAIを融合し、眠っていた最新のマーケットプレイスをより幅広く、対等な構造へと変化させます

今年これらの変化を僅かながら確認することができ、その変化の一部の詳細を記載します。

Deon Digital社とメルセスベンツ社はオペレーティングシステムを共同開発し、モビリティ産業に変化を与えました。

Skycell社はIoTとブロックチェーンが融合し、医薬品メーカーサプライチェーンをオープン化させ、決済、インボイス、保険を受け入れるようにしました。

TENDは投資マネジメントのあり方を再考し、ハイバリュー資産のためにシェアリングエコノミー2.0を作ろうとしています。

来年、特に注目すべき産業は、Melonport社などの企業がブロックチェーンによってアセットマネジメントを再構築する、ヘッジファンド業界だと思います。

来年このような最新ビジネスモデルは多く見られ、ファンド産業は著しく乱れるでしょう。

これはクリプト資産のマネジメントがきっかけとなり、従来の資産はますますトークン化し、ブロックチェーンプラットフォームが活用されていくでしょう。

ICOの進化

スタートアップ企業はICOによって35億ドル(3,941億円)以上の資金調達に成功した2017年は、確実と言っていいほど“トークンローンチ”の年だったと言えるでしょう。

ICOブームの凄まじさは集まった資金の大きさにも理由がありますが、ベンチャーキャピタルの平等化が大きく影響しているでしょう。

コンセプトとして今年は素晴らしい結果を残しましたが、来年はより多くの既存企業が参入しICO界はさらに進化します。

今後12~18か月後、IPO界の専門家や投資家は予約システム、プライシング、スタートアップ評価などの従来の生産ラインがプロフェッショナル化され、テクニカルプラットフォームとしてトークン化を受け入れるでしょう。

我々がすでに見てきたように、従来の方法での資金調達はより困難になります。投資家は高水準の透明性などを含むより安全なビジネスプランを要求するでしょう。

スケーラビリティとエコシステム

ブロックチェーン技術の改善点はスケールとパフォーマンスです。来年度は既存ブロックチェーンの代わりとなる、よりスケール性、スピード、省エネ力が高い選択肢が誕生するでしょう。

この点に関して言えば、近日話題のIOTAは注目すべき通貨となります。

そして人々はますますローカルブロックチェーンエコシステム(メインサービスが複数の場所で機能する)が成功するための大事なカギだと気づくでしょう。

これはスイスの“クリプトバレー”で見られる傾向です。Crypto Valley Association会長はスイスがブロックチェーンエコシステムとして成功すると考えています。

クリプトバレー(ツーク)には多くのブロックチェーン事業が存在し、店舗のセットアップ、リーガル面、アドバイザー面、課税面、会計面、スマートコントラクトプラットフォーム、KYC/ AMLユーティリティ、マーケテイングなどのために資金調達が必要になります

これはスイスの強み(最新インフラストラクチャーから熟練の人材プールまで)と連結し、来年そして願わくばこの先何年もブロックチェーン企業を魅了するハブとなるでしょう。

ツークとは?

ツークはクリプトバレーと呼ばれ、仮想通貨最強組織イーサリアムもここを拠点とし、、他にもShapeShift、Xapo、Tezos、Melonport、Monetasや他多数通貨やブロックチェーン企業が固まっている仮想通貨、ブロックチェーンの街として有名です。

スイスの『クリプトバレー』から学ぶブロックチェーン事情
イーサリアム出身国であるツーク(スイス)から教わる教訓は世界のブロックチェーン関連者のためになるという意味で、ツーク(スイス)は世界で最も先進したブロックチェーン市場かもしれません。ここではツーク(スイス)から学べる3つのブロックチェーン事情を紹介します。

Another Growth Year for Blockchain

Oliver Bussmann, Dec 12, 2017

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加