初当選した音喜多駿”ブロガー”議員「仮想通貨行政について、ガンガン取り上げる」

音喜多駿議員が仮想通貨行政に取り組む意向を表明
7月の参議院選挙で初当選を果たした音喜多駿議員が7月31日、自身のツイッターにて仮想通貨行政に取り組む意向を示した。

音喜多駿議員が仮想通貨行政に取り組む意向を表明

今年7月の参議院選挙で「日本維新の会」公認候補として東京都選挙区から出馬し、激戦の末初当選を果たした音喜多駿(おときたしゅん)議員が、自身のツイッター上で仮想通貨行政に取り組んでいくことを表明した。

音喜多議員は自ら「ブロガー議員」を名乗っているように毎日更新のブログを中心に積極的な情報発信をしていて、これまでにも仮想通貨についてたびたび言及したり政策に組み込んだりしている。

音喜多議員のこれまでの仮想通貨関連政策

音喜多議員が自ら発足し、代表となっている地域政党「あたらしい党」の政策(抜粋)によると

  • 区部への権限移譲を通じた基礎自治体の能力拡充を推進します(東京23区)
  • 都区財政調整制度見直しを通じた各自治体の財政責任力の強化を推進します(東京23区)
  • とあり、音喜多議員が地方分権・地域主権を構想していることが伺える。

    その手段として、あたらしい党の政策では

    ブロックチェーン技術などを活用した電子マネー・地域通貨の発行を検討します

    とし、また今年3月に東京都北区長選挙に出馬した際には飛騨市の「さるぼぼコイン」などの地域通貨を参考にした「北区コイン」を発行して北区独自の財源にすることを政策として掲げていた(北区長選挙は落選)。

    「ブロックチェーン」技術の応用も(電子投票・情報公開)

    音喜多議員は、自身がブログ等で情報発信をするとともに情報の公開を政策とし、あたらしい党の党員に対して頻繁な情報発信を義務付けているほか、ブロックチェーンによって透明性を確保した電子投票を実現させることも構想している。

    政策立案過程を情報公開し、ブロックチェーン等の最新技術を活用した住民参加型のネット投票の導入を促進します。

    音喜多議員が目指す為政の手段として、仮想通貨・ブロックチェーン技術は相性の良いものになっているようだ。

    音喜多駿議員 略歴

    1983年生まれ。大学卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(2期)。

    2018年10月、地域政党「あたらしい党」を発足し、代表となる。

    2019年3月末、都議を辞職し、同4月に地元・北区長選挙に挑戦したが惜敗。

    2019年7月、日本維新の会公認、あたらしい党推薦で参議院議員選挙東京都選挙区から出馬し初当選。

    CoinPostの関連記事

    麻生大臣、現行規制では対処できない暗号資産(仮想通貨)問題を危惧|フィンサム2019
    麻生太郎財務大臣は5日、金融庁主催のフィンテックに関するカンファレンス、FIN/SUM 2019において基調講演を行った。現状の規制ではカバー出来ない将来的な新たな問題が起こりうるのではないかと懸念を示した。
    藤巻議員が「参議院財政委員会」理事に就任、日本政府に仮想通貨の税制問題などを追求していくと表明
    藤巻健史議員は、「参議院財政委員会」で理事になったことを発表。所得税法に関する質疑では、安倍総理や麻生大臣に、仮想通貨税制についても追求していくとしている。


    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

    YouTube

    XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

    XMJ2019のアーカイブを公開中!

    CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

    ▶️本日の速報をチェック
    お問い合わせ 広告掲載はこちら