CoinPostで今最も読まれています

【前編】Qtum CEO Patrick氏に独占インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

長期的に、Qtumは最も革新的なプラットフォームの一つになる
Proof-of-stakeかつスマートコントラクト機能を同時に持つことがQtumの強みです。
モバイルアプリケーションをメインプラットフォームへ
モバイルプラットフォームは仮想通貨を大衆市場へ導入するための唯一の“窓口”と考えています。
Qtumのブロックサイズは2MB
ブロックサイズはビットコイン(1MB)の2倍の2MBなので、より多くの取引をより早く処理することができます。

ビットコインとイーサリアムの優れた点を合体させた通貨がQtumです。

プロジェクト的にも非常に世界的に注目を集めています。

また、CEO Patrick氏はフォーブス誌の「30歳以下の30組の若手起業家(30 under 30)」に選ばれており、Patrick氏がいるということで投資をしている方も多いのではないでしょうか?

後編ではPatrick氏の考える仮想通貨、ブロックチェーン市場の未来についてインタビューを行いましたので、近日公開致します。

また、長時間のインタビューにご協力いただいたQtum CEO Patrick氏に御礼申し上げます。

合わせて読みたい記事はこちら↓

仮想通貨クアンタムとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説
仮想通貨クアンタム(Qtum)の注目ポイントや将来性について、初心者でもわかるように解説。クアンタムは、ビットコインとイーサリアムの融合とも言われ、21年に入り高騰した。

インタビュー内容まとめ

― Q. 自己紹介をお願いします。

私の名前はPatrick Daiです。

Qtum創業者兼CEOとして、チームを先導しています。私が仮想通貨界に入ったのは2012年でした。

年齢は27歳ですが、5年の経験があるので仮想通貨界では“年寄り”ですね。

私はマイナーとして仮想通貨界に入り、ビットコインをマイニングしていました。

今では中国最大のマイナーの一人です。

2014年にAlibaba社に入社し、翌年、中国の名門でコンピューター科学の博士号を勉強中、ビットコインなどの仮想通貨の特質を融合した新しいビジネスを作りたいと思い、Qtumプロジェクトが生まれました。

Q. Qtumとはどのような企業でしょうか。企業理念や価値提案を教えてください。

Qtumプロジェクトを正式に開始したのは2016年3月でした。

Qtumはとても単純で、技術的に話せばイーサリアムのVirtual Machine(EVM)とビットコインのUTXOモデルに似ています。

つまりProof-of-stakeとsmart contract機能を融合したものがQtumになります。

長期的に、Qtumは最も革新的なプラットフォームの一つになるでしょう。

イーサリアム社がCasperシステム(Proof-of-stake)を発表しましたが、これが実現するまで1~3年かかると思います。

Proof-of-stakeかつスマートコントラクト機能を同時に持つことがQtumの強みです。

―Q. 現在どのようなプロジェクトに最も力を注いでいますか?

現在二つのプロジェクトが進んでいて、一つはライトニングネットワーク、二つ目はX86バーチャルマシンです。

Qtumのライトニングネットワークによって、一部のQtum取引をOn-chainからoff-chainに移そうとしています。

X86はEVMの競合商品になるでしょう。

将来、開発者はX86上でC++言語(Java、Python)などの主要プログラムを使ってスマートコントラクトの設計が可能になります。

これによりスマートコントラクトをより幅広い方々が利用できるようになり、より多くの開発者がX86を使い非中央集権プラットフォームを設計できるようになるでしょう。

Q. Qtumの特色は、どのように将来のプロジェクトに貢献されるのでしょう?

ビットコインとイーサリアムはオープンソースプロジェクトなので、Qtumは二社の設計を模倣しました。

Qtumのアイデアは仮想通貨界パイオニアの素晴らしい技術を基盤に、より良い商品を開発することです。

QtumはEVMとUTXOの利点を融合しているため平行性、安全性、安定性に優れます。例として、ここ数か月間、Parityウォレットに複数のハックがありました。

私はこのハックの原因がスマートコントラクトではなく、デザインアイデアが間違っていたからだと思います。

時にスマートコントラクトは柔軟性に欠けるため、絶対に一つのソフトウェアに多額の投資をしてはいけません。

なぜ誰もビットコインのUTXOにハックをしないのでしょうか?それはビットコインウォレットには独自のマルチシグネチャがあり、その安全性はソフトウェアやスマートコントラクトではなく、数式によって保障されているからです。

これはビットコインの大きな強みの一つで、ビットコインがイーサリアムなどの仮想通貨に優れる点です。

QtumはビットコインのUTXOを模倣し、仮想通貨レイヤーとして最もシンプルで安全です。

―Q. Qtumはどのように仮想通貨界を勝ち抜く予定ですか?

2016年に正式に事業をスタートしたにも関らず、Qtumは既に素晴らしい成果を上げ、最も若い『ユニコーン企業』となっています(未上場にも関わらず高い評価を得ている企業)。

とても速いペースで成長中で、イーサリアムやビットコインのデザインと似ているため、人々に受け入れられやすい事もQtumの利点です。

スマートコントラクトとProof-of-stakeの両方を持つプラットフォームは最大の強みと言えるでしょう。

イーサリアムやビットコインはブロックサイズ問題の懸念から、数年間ハードフォークするべきだと討論されてきました。

しかし優れた分散型ガバナンスモデルをデザインすることは今後も課題となるでしょう。

Qtumでは従来のトップダウンのような決定をしないため、新しいアイデアや技術の受け入れが他社より早いです。

またQtumのメインプラットフォームはスマートフォンなどのモバイル機器です。既にスマホ上でQtumウォレットを利用しスマートコントラクトを使うことができます。

これらのQtumの強みを使い、仮想通貨界で勝ち抜いていきます。

Q. なぜモバイルアプリケーションがメインプラットフォームなのでしょう?

仮想通貨界を見ていると、過去のインターネット時代を思い出します。現状では、プライベートのキーを管理することはとても複雑です。

新しい技術が開発されたとき、顧客が簡単に利用できるまでは時間がかかります。そのような目まぐるしい仮想通貨界で、人々が最も利用するモバイルスペースをQtumのメインプラットフォームとして選択し、たくさんの資産を投資しています。

Qtumのアプリを使い、ウォレット内の預金を管理し、さらにはスマートコントラクトを利用することができます。

仮想通貨を主要決済手段にするためのステップとして、モバイルを選択しました。

逆に、モバイルプラットフォームは仮想通貨を大衆市場へ導入するための唯一の“窓口”だと、私は思います。

―Q. 今後日本を拠点に、チームや支社を作る予定はありますか?

日本の仮想通貨市場はとても大きいので、今後より活発に活動することを望んでいます。

現状でQtumチームは日本にいませんが、もし経験のある開発者がいれば私に教えてください(笑)

私がQtumの従業員やチームを選ぶというよりは、ビットコインコミュニティ内の技術者らが私にコンタクトを取ります。

ですので、Qtumチームは世界中に散って同じ事業を進めているのです。

Q. ビットコインにはスケール問題がありますが、Qtumのブロックサイズについて詳しく教えてください。

現在ビットコインのブロックサイズは1MBです。

サトシナカモト氏はブロックサイズが大きすぎると小さい取引が増え、DDoSハックに弱くなるため今の設計にするしか方法がなかったのだと思います。

ビットコインは毎日3十万取引を処理することができます。マイナーや利用者はブロックサイズを大きくし、各ブロックにより多くの取引を含ませるように訴えていますが、他の方はビットコインプラットフォーム上にもう一層のネットワークを構築し、一部の取引をそのようなライトニングネットワークに移そうとしています。

しかしそれにはコストがかかるため必然と手数料が増加するといった不利点があります。

Qtumではスケールと非中央集権化のバランスを保とうとしています。現在Qtumはビットコインのソースコードを基盤にしています。

改善点も多いですが、ビットコインのブロック処理時間10分に対して、Qtumは約2.2分です。

ブロックサイズはビットコインの2倍の2MBなので、よ多くの取引をより早く処理することができるのです。

― Q. プロモーションはどのように計画中ですか?

時にQtumの商品はテクニカルな部分が多いので、どうすれば簡単に顧客に理解してくれるかを模索しています。

イーサリアム、ビットコイン、Qtumを比べた時、著しい大きな違いはないので、これはさらに難しい点でしょう。

Qtumはエコシステムを通し、価値想像をしようとしています。例えば、オープンソースや記事を公開し、認知度を上げようとしています。

Q. ビットコインのProof-of-workマイニングは電気を多く消費しますが、今後仮想通貨界でPoWマイニングがどのように変化していくでしょう?なぜQtumはPoSマイニングを利用しているのでしょうか?

PoWであれ、PoSであれ、目的は同じですです。市場にコインを配布し、適切なノード(取引資格のある)を選択することです。

サトシナカモト氏がビットコインを設計したとき、PoWを採用する以外方法がありませんでした。

しかし市場が成長すればより多くのマイナーが参入し、PoWは時代遅れとなり、PoSが主流のマイニングになるでしょう。

Qtumのビジョンは仮想通貨としての成功に踏まえ、プラットフォームとして機能する企業になりたいのです。

しかしグローバルレベルのプラットフォームになるには、PoWは適していません。個人的な考えとして、PoSはパワーがある上、環境にやさしく、ビジネス向き、長期的によりスケーラブルで、柔軟性があります。

さらにコミュニティの人々が投票によって決定することができる点もPoSの利点です。

これらの利点を踏まえ、QtumはPoSを採用しました。仮想通貨市場がさらに大きく発展すれば、PoSも主要システムとして受け入れられるでしょう。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
14:26
米大手ベンチャーキャピタルa16z、「2024年に期待する9つの仮想通貨トレンド」を発表
米大手VCアンドリーセン・ホロウィッツは、2024年に仮想通貨領域で期待されるトレンドのリストを発表。分散化、人工知能(AI)、顧客体験の向上などの9項目に言及した。
12:30
米下院エネルギー委員会、ブロックチェーン促進法案を可決
米国の下院エネルギー・商業委員会は、ブロックチェーン技術や分散型台帳技術を促進する法案を可決した。米国の競争力強化が期待される法案となる。
12:23
ビットコイン上昇一服、主要アルトはイーサリアム前日比5.6%高、ソラナ(SOL)12.1%高に
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰していたビットコインが一服し、アルトコイン相場ではイーサリアムが上昇した。ソラナ(SOL)エコシステムではエアドロップされたJito Networkのガバナンストークン「JTO」が高騰するなど反響を呼んだ。
11:45
サム・アルトマン支援のMeanwhile Group、1億ドルのビットコイン運用ファンドをローンチ
Meanwhile Advisorsが仮想通貨ビットコインに焦点を当てたプライベートクレジットファンドを立ち上げ。BTCで5%の利回りを提供し、2024年第1四半期までに1億ドル調達の計画。OpenAIのサム・アルトマンが支援するMeanwhile GroupはBTCベースの生命保険ビジネスも展開。
11:00
ブロック社、BTCのセルフカストディウォレットをローンチ
米ブロック社は、仮想通貨ビットコインのセルフカストディウォレットBitkeyをローンチ。ウォレットの特徴や仕組み、出荷時期などが明らかになった。
10:40
ソラナDeFi「Kamino Finance」、将来エアドロップ向けのポイントシステムを開始予定
仮想通貨PYTHやJTOなどソラナプロジェクトの無料配布が注目を浴びる中、ソラナDeFi「Kamino Finance」は将来のエアドロップに向けてポイント制システムを導入すると発表した。
10:15
バイナンス、UAEアブダビでの投資ファンドライセンス申請取り下げ
大手仮想通貨取引所バイナンスは、UAEアブダビにおける投資ファンドのライセンス申請を取り下げた。グローバル戦略見直しの一環とみられる。
08:25
米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む
米国株は来年の米利下げへの行き過ぎた期待との指摘が散見される中、AI関連株ではグーグルのGemini発表や、AMDの新たなAIチップ発表などがAI相場上昇への追い風となった。
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。
14:30
仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムでユーロ連動ステーブルコインEURCVを発行。暗号資産(仮想通貨)取引所Bitstampに上場。入出金時にはKYC(顧客確認)およびAML(資金洗浄防止)コンプライアンス手続きが適用される。
14:20
IEO後に高騰したアイドルトークン「NIDT」の裏側|関係者インタビューvol.1
関係者インタビュー NIDT(Nippon Idol Token)は、web3時代の女性アイドルを創造する「IDOL3.0 PROJECT」の独自暗号資産(仮想通貨)です。 I…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧